名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

村井亮(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村井亮(経営者)のプロフィール

村井亮、むらい・りょう。日本の経営者。「Beat Communication」社長。慶應義塾大学卒業後、国内大手銀行、ニューヨーク大学Leonard Stern Business School日米経営経済研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員などを経てBeat Communicationを設立。

村井亮(経営者)の名言 一覧

変化に気付くか否かで、今後の企業のビジネス展開において大きな違いが出る。


世の中のパラダイムシフトは半年~1年のスパンという急速な速さで進んでいます。そして大企業はこの劇的変化に対応しようとしているのですが、厳然としたピラミッド型の巨大組織ではなかなかうまくいかないのが実情です。


村井亮(経営者)の経歴・略歴

村井亮、むらい・りょう。日本の経営者。「Beat Communication」社長。慶應義塾大学卒業後、国内大手銀行、ニューヨーク大学Leonard Stern Business School日米経営経済研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員などを経てBeat Communicationを設立。

他の記事も読んでみる

堀尚弘

現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。


古池進

よく観察してみると、欧米の半導体大手はアプリケーション(用途)を非常に重視しています。米インテルはパソコンというアプリケーションに目をつけ、その中核部品となるCPU(中央演算処理装置)を握った。「ムーアの法則」と呼ばれる半導体の微細化はアプリケーションのためだったのです。米クアルコムもやはり、スマートフォンに目をつけて同じことをやろうとしています。


伊集院静

今度、私は、新しい挑戦として推理小説をやる。失敗するか、成功するかはわからない。そういう時は、失敗の確率が高い「そら見たことか」と笑われる危険のあるものを選ぶ。その中に「あれを見たか!」と言われるくらいの新しいものが生まれる可能性があるから。


新藤晴一

前作から7年も空いてしまいましたが、(小説を)書きたいという思いは、以前にも増して強くなってきました。僕という個人が、この先の人生でやりたいこと、やるべきことは何なのか。それを突き詰めたとき、書くことしか考えられなかった。


北尾吉孝

海外の市場は、ある意味で未知でした。私は、未知のことを始める場合には、自分だけで進めようとするとうまくいくはずがないと思いました。人任せにせず、経営トップである自らが動き、現地の良きパートナーをさまざまな地域で募りました。パートナーを説得するためには、必ず経営トップ自らが動くべきです。


渡部卓

辛いことがあればその都度、その内容と、自分が抱いた感情を簡単にメモ書きし、自分を客観視しましょう。ポイントは、そのときの感情に点数をつけること。「怒り10点、悲しみ4点、うらみ8点」など、自分なりの点のつけ方で内訳と理由を記録します。そして1週間後にそれを見直し、「今ならこの件について何点つける?」と考えます。するとほとんどの人は、点数が下がっていることに気付きます。「時とともに出来事を客観視し、ネガティブ感情も薄れていく」ことが点数化によって自ら把握できるのです。これを続けると、思考や認知のバイアスに気付きやすくなります。気にしすぎる、決めつけすぎる、といった癖も少しずつ改善できるのです。


谷原誠

すぐ返せないメールとは、いわゆる「重い仕事」です。調べ物や考えごとが必要な内容であることが多いでしょう。それを前にしたときに「大変だから、あとに回そう」と漠然と考えるのが間違いのもと。「あと」をいつにするか、その場で決めることが不可欠です。調べ物にかける時間、返信を書く時間をスケジュールに組み込んでおけば、確実に処理できます。


鈴木敏文

業績が悪いところ(会社)は時代が変化しているのに、従来通り一本調子で行くだろうと考えてしまうところに問題があるのだと思う。


井上高志

採用時に学生に説明しているのは、働くとは傍(はた)を楽にすること、つまり自分以外の誰かを楽にすることが「はたらく(傍楽)」ことだよと。「自分以外の誰かを楽にすること=働く」であって、単なる生活費を稼ぐ利己的なものではないということ。


永守重信

労働問題について報じるマスコミの中には、ハードワークを社風とする会社を「ブラック企業」などと言って一方的に叩く風潮がある。だが、これから会社を大きくしようと頑張っているベンチャー企業が「残業ゼロ」を打ち出したとして、いったいそれで勝ち残れるだろうか。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

何をするにしても一生懸命やる。必要ならば早く出勤してでも、残業してでも、季節外れだろうがなんだろうがやるべきことはやることだ。今できることを先送りしてはならない。「何事にせよ、やる価値のあることはきちんと成し遂げるべきだ」というアメリカの古い格言は、まさに的を得ている。


服部真二

技術の革新性を追い求めることはもちろん重要なのですが、これからはそれに加えて遊び心がなければならないと考えています。そうした技術のあり方を感性の技術、エモーショナル・テクノロジーと呼んでいます。