名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村上英三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村上英三のプロフィール

村上英三、むらかみ・えいぞう。日本の経営者。「川崎汽船」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、川崎汽船に入社。コンテナ船事業グループ長、取締役、執行役員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

村上英三の名言 一覧

私は気が短いので仕事は即断即決。


荷物ひとつでも対応が遅れれば船が遅れてしまい、挙げ句の果てに商売の信用まで失いかねない。


回復と悪化を繰り返すようでは本当の収益力とは言えない。


世界を相手にする海運会社は多様性が大事ですから、「自分の目標は業績より人の話に耳を傾けることだ」と宣言しています。


村上英三の経歴・略歴

村上英三、むらかみ・えいぞう。日本の経営者。「川崎汽船」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、川崎汽船に入社。コンテナ船事業グループ長、取締役、執行役員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小宮山宏

無理なことは最初から諦めて現実的なことを考えたらいい。現実的にできることからやっていけばいい。


石原壮一郎

向こうが謝るまで謝らないと意地を張ってもくたびれるだけ。それよりも自ら頭を下げることで「先に謝った自分は偉い」といい気持ちになるし、その後の関係性でも優位に立てる。


上西京一郎

人口動態をしっかり把握して、その視点で将来を見据えて対応しなければ、人口に合わせて1回来て終わりになってしまいます。装置産業は、リピートが多くなければ成り立たないものなので、投資の回転を良い形で維持しながら、効率よく投資をしていくことが、私どもの事業の肝だと思っています。


野坂英吾

私は経営をする上で「再現性」や「継続性」を心掛けてきました。それは何故かと言うと、理由も分からずに、たまたま成功することほど怖いことはないからです。上手くいったのだから、そこまで気にしなくてもいいじゃないかと思われる方も多いでしょう。そこが「継続して結果を出し続ける経営」が出来るかどうかの分かれ道だと思います。


正垣泰彦

生産性を向上する余地は、無限にあると思っています。だから諦めたらダメ。無駄は削れば削るほど社員の作業が楽になるから、どこまでも削った方がいいんです。


内藤忍

ものごとは最初から全部を完ぺきにやらなくてはいけないと思うと、気が重く感じられてなかなか手が付けられないものです。学生時代、テストのためにシェークスピアを原文で200ページ読まなくてならないことがありましたが、要領のいい友人を見ていると精読などせずパッパとページをめくって、重要と思った個所に線を引きながらとにかく最後まで読んでしまう。翌日と翌々日も同じことを繰り返し、最終的に3回線が引かれたところがヤマと判断してそこだけを勉強していたのです。ヤマが当たるとは限りませんが、これならおっくうさが軽減されるし最初に全体を見通すことができるので自ずと優先順位が決まっていきます。仕事でも幅広く応用できる方法です。


安部修仁

券売機を置いた方が作業の煩雑性ははるかに小さくなるから、労働生産性を徹底的に追求している我々としては本来、券売機は必然の道具です。しかし、非常に矛盾に満ちたことではありますが、券売機を置かないことで大事にしたいことがあるんです。


宮本慎也

PL学園時代、中村(順司)監督の「球道即人生」の教えは、野球の練習以上に厳しくて、先輩の身の回りの世話や掃除などを徹底して教えられました。でも、そんな繊細さを身につけることが、野球の技術向上にもつながったと思います。


津田大介

専門の書き手の少なかったインターネットのジャンルに、別の何かを掛け合わせることで仕事の幅を広げていきました。例えば、僕は音楽評論家のように何万枚も聴いていませんが、音楽は好きで、インターネットと音楽のかかわりついて語ることはできた。しかも、周りを見回すと、まだ書いている人はいない。だったらと、いち早くブログを始め、それに目を止めた編集者から依頼が来て、『誰が「音楽」を殺すのか?』という本の出版につながりました。


末木紳也

本来資格はどんな資格であっても取ってすぐに活用できるものではなく、現場で実際に活用するためにはある程度の助走期間が必要となります。若いうちにベーシックな資格(簿記検定2級、ビジネス実務法務検定2級、販売士検定2級など)を取得しておくと、後々高レベルの視覚にスムーズに移行することも可能となります。無理なく難易度の高い資格を目指せるパターンをつくりだすことで成功をつかみとることができます。


レイ・クロック

新店舗は、景気の悪いときこそ建てる。なぜ景気が上向きになるのを待たねばならない?そんなことをしたらいまよりずっと金が掛かる。土地を買うに値するならすぐに建物を建て、ライバルより先に店を開く。


高橋健志

売上や損得でなく、心から「やってあげたい」「喜んでもらいたい」と思って仕事をしていると、それがお客に伝わる。そして友人知人も紹介してもらえる。