名言DB

9412 人 / 110637 名言

村上和徳の名言

twitter Facebook はてブ

村上和徳のプロフィール

村上和徳、むらかみ・かずのり。日本の経営者、経営コンサルタント。「ハートアンドブレイン」社長。千葉県出身。東海大学法学部卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院日本校でMBAを取得。新日本証券勤務、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック東京事務所ジェネラルマネジャーなどを経てハートアンドブレイン社長に就任。

村上和徳の名言 一覧

私が心がけているのは「常にご機嫌でいる」こと。ご機嫌でいればどんな仕事にも熱中できますし、それが結局、成果にも繋がる。健康はご機嫌でいるための条件。


私が営業マンに言っているのは、「朝10時までに雑務を7割片づけろ」ということ。すると、そのあとは営業活動に集中できるので、そのぶん成果が上がるのです。


シリコンバレーの非公式なスローガンは「早く、たくさん前のめりに失敗する」こと。世界の最先端もまた、失敗することに大きな価値を見出している。


とりあえず今、ひたむきに自分の為すべきことをやってみることが、確実に自信につながる。


人に任せられない、休むことができないというのも、自分の価値を失いたくないという「利己的」な発想。こうした「未来への執着」を捨てることで、心は一気に軽くなる。


私がお勧めしたいのは、「いつもと真反対のことをする」こと。普段、暴飲暴食気味なら、いっそ断食に挑戦してみる。部屋を散らかしがちなら、一日かけて徹底的に掃除をしてみる、といったことです。


すごい人は単純なことをひたすら繰り返す。これはテレコールの達人と呼ばれる人も、営業のプロと呼ばれる人もみな同じ。こうした行動の積み重ねが、ブレない心を作ることになる。


「年間売上5千万円」といった結果へのコミットか、「1日100件電話する」といった行動へのフォーカスのどちらかを目標とすることで、無理せず自分を乗せていくことができる。


人からの目線を気にしすぎないことが大切。「失敗したら人からどう思われるだろう」「期待されているのに、成果が出なかったらどうしよう」などという視点が、人から冷静さを奪ってしまう。


代謝を良くすることも意識していますね。具体的には汗をかくこと。私は空手が趣味なので、週2回は空手をやって汗をかきますが、それ以外にもサウナや岩盤浴、あるいは辛い火鍋を食べるなどして、積極的に汗をかく機会を作るようにしています。


心と身体はつながっていますので、心のストレスはいずれ身体に現われます。私なら肩こりですが、頭痛や耳鳴り、疲れやすいなど、普段と違うこうした兆候が現われたら、いったん立ち止まるべきサインです。


私が営業マンの研修などで最も重視しているのは、「誓いを立てる」ということ。つまり、自分自身で自分がやるべき目標を立てるということ。誓いの内容はあくまで、自分自身に向けたものでなくてはなりません。


普段、どうも働きすぎだと思ったら、とにかく一日何もしないことを心がける。映画を観る、旅に出る、ぼんやりするなど、自分は何をしたら一番リラックスできるかを考え、それだけをひたすら行なうのです。携帯電話を見ないようにするというのもいいでしょう。


間違えがちなのが、目標を「他者からの評価」に置いてしまうこと。たとえば「営業成績を上げて部長に認められる」「同期で一番に出世する」といったものは、他者からの視点が入ってしまっている。こうした他者からの視点ばかりだと、どうしても「やらされている感」が出てきてしまう。


人は自分が思っているほど、自分のことを見ていないもの。人の目が気になって仕方がない人に私はよく、「わざと柄の違う靴下を片方ずつ履いて出社してみてください」と言います。実際にやってみると、ほとんどの人がそのことに気づかない。それがわかるだけでも、心が一気に軽くなるはずです。


私は、すべてのビジネスマンが常に上機嫌でいるべきだと思っています。そのためにはまず「弱音を吐かないこと」。ポジティブな言葉を使うというより、「もうだめだ」「なんで俺がこんなことをしなくちゃならないんだ」といったネガティブな言葉を口に出さないことが大事。


一人でできることには限界がある。不調は、その人の「謙虚さ」を取り戻させてくれる大きなチャンス。中間管理職であれば、「一人ですべてやる」というマネジメントから、「任せる」マネジメントに移行するいい機会と言える。


これは以前、アメリカで働いていた際に、ユダヤ系の上司を見ていて思ったことです。彼は「この目標を達成したらカナダにバカンスに行こう」などと、仕事と心のバランスを取ることが非常にうまかった。一般に日本人は「働いたら休む」という考え方ですが、欧米では「働いたら遊ぶ」といった考え方をする人が多い。このように、自分の心のバランスシートを意識し、そのバランスを保つようにすることで、ブレない安定したメンタルを手に入れることができるのではないかと思います。


任せるのが苦手な人は、自分がいなくなったらどうなるか、冷静に考えてみてください。すると、別に自分がいなくても、会社は十分回っていくことに気づくはず。あるいは、家族にしてもそう。自分が突然会社を辞めても、しばらくは食べていけるはず。そう考えると、任せること、休むことへのハードルはぐっと下がるはずです。


村上和徳の経歴・略歴

村上和徳、むらかみ・かずのり。日本の経営者、経営コンサルタント。「ハートアンドブレイン」社長。千葉県出身。東海大学法学部卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院日本校でMBAを取得。新日本証券勤務、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック東京事務所ジェネラルマネジャーなどを経てハートアンドブレイン社長に就任。

他の記事も読んでみる

石上芳男

売上げからコストを差し引いた者が利益。つまり、コストを知らないと利益が把握できません。サラリーマン個人でも、コスト意識を持つことが重要。


堀正岳

私のブログ「Lifehacking.jp」は、本業も忙しいので更新頻度は決して多くありません。ただその分、自分なりの考え方、見方を必ず盛り込むようにしています。だからこそ、多くの方に読んでいただけているのだと思います。


窪山哲雄

ホスピタリティーは相手に合わせることが基本です。これはつまり、お客様一人一人に合わせたオーダーメイドのサービスです。かつてはクリスマスが最大のイベントでした。でもいまはそれ以上に、誕生日や結婚記念日といった個人の催事がより重要になっています。ホテルのイベントにお客様を引き込むのではなく、お客様のイベントや個々の嗜好、カルチャーにホテルが合わせるのです。


山本明弘

我々の姿勢は「ミドルリスク、ミドルリターン」です。中小・零細企業の方々は、担保などの裏付けをしっかり持っていらっしゃる方ばかりではありません。ですから我々がある程度のリスクテイクをしながら、地域の企業を元気にしていく。これが一番大事。


わたなべぽん

以前はパーマやカラーを楽しんでいましたが、根がずぼらなので少々伸びたぐらいではわからない黒髪ボブに。それはそれでラクだし、艶も良くなりましたが、あるきっかけでまた髪型を変えてみたら気分が変わってうれしかったんです。静と動を繰り返すのも楽しいし、それでいいのかもしれないと思いました。ボディソープをやめたら石鹸づくりが新しい趣味になるなど、やめたことがきっかけで何かが始まることもありました。


中村知哉

海外でビジネスをする上では、英語ができるに越したことはないのは間違いありません。でも、一番難しいのは存在感を出すこと、「場」を取るということがすごく大事なんです。自分の番が来たら、少なくとも相手に主張を最後まで聞いてもらうことが重要です。


高橋淳(経営者)

他店より肉は多少美味しいし、サービスも多少は良い。でも圧倒的な差別化はできていませんでした。そこで、本当においしくて、サービスがいい、お客様に心から満足してもらえる店をつくろう。そうしないと存続できないと悟りました。
【覚書き|米国のBSE問題などによって全店舗中3分の2が赤字店になってしまった当時を振り返っての発言】


木島洋嗣

シンガポール日本人会のクラブハウス部長の仕事は本当に地味です。電球を取り換えたり、壊れた自動ドアの修理を手配したりします。ただ、コンサルタントの仕事というのは、あの人に相談してみようと思われないと始まらないし、何より「木島さんのおかげで助かったよ」と言われると、自分も嬉しい。
【覚書き|シンガポールの日本人関連の組織で率先して働いていることについて語った言葉】


宮沢俊哉

社員が幸せでなければ、お客様を幸せにはできない。


坂根正弘

企業の場合、立場が上がるにつれ下の人に用意してもらった原稿を読んで話すようになりがちです。でも、それではどんなにいい内容でも説得力がなくなってしまう。私は若いころはもちろん、社長、会長になってからもずっと、必ず自分の言葉で話すようにしてきました。


山崎将志

「自分の仕事は価値があり、自分にしかできない」と考えるから、思考が停止してしまうのです。でも、「必ずしも自分がやらなくてもいいのでは?ほかの誰かでもできるのでは?」と考えれば、自然と誰でもできるようにするための一般化と効率化に思考が向きます。こうして自分の仕事を客観視することで無駄が見えて、工夫の余地が生まれてきます。それがあらゆるイノベーションの種になるのです。


森本千賀子

「かつて提案を受け入れてくれた企業に再び営業をかける」というケースでは、新規で営業をかける時と同じように、現時点での課題やニーズを改めてヒアリングし、一から作戦を練り直す必要がある。手間と時間はかかるが、結果的にはいい仕事ができる。


加藤栄(経営者)

自分だけが儲けていたらうまくいかなったでしょう。自分が儲かるだけでなく、相手にもメリットがある話だから事業として成功できた。


小山田隆(銀行家)

フィンテックは、銀行のビジネスを大きく変えていくだろう。私は、異業種と競争するという認識ではなく、上手に取り込んでいくべきだと考えている。


田原総一朗

経営者の中で印象深かったのは松下幸之助さん。松下政経塾を作られるときに話を聞きに行ったら、「あんた、どう思う?」と逆に僕の考えを聞かれるわけ。1時間ばかり話したけれど、ずっと熱心に聞いてくれた。そして家に帰ってきたら、「またぜひ話をしに来てほしい」と連絡をもらって改めて話をしに行った。こんな人は他にはいなかったね。