名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村上力の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村上力のプロフィール

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

村上力の名言 一覧

企業が最も大切にすべきなのは顧客です。組織の利益を優先させ、顧客を無視すると、結果、とんでもない失敗を犯す恐れがあります。


「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。


上司とは部下へのサービス業です。部下のミスをフォローするのが上司の仕事です。そもそも部下だけに任せておける仕事なら、上司は必要ないわけです。仕事は一人ではできません。へこたれそうな部下を支えてあげられる上司のもとには、いい部下が集まります。


部下を叱責しなければならない場合には、原因を感情的に問い詰めるのではなく、一緒に原因を探るという姿勢が重要になります。「何で遅刻したんだ?」「どうして納期に間に合わなかったんだ?」という疑問文は部下のためではなく、自分の怒りを発散させるための言葉です。


部下が上司の顔色ばかりうかがうのは、上司がなぜ怒り始めるのかわからないからです。相談に行けば「いまは忙しい!」、報告すれば「何でもっと早く言わない!」、失敗すれば「バカヤロー!」。触らぬ神にタタリなし。こんな上司にゴマすり以外の目的で近づいてくる部下はいないでしょう。


村上力の経歴・略歴

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

他の記事も読んでみる

クリスティアン・クルツケ

私の元気の源――それは「未来」です。


張忠謀(モリス・チャン)

私の心の中に幸福企業という言葉はありません。「幸」も「福」も、まるで運に頼っているようだ。TSMCでは確かに努力が必要であり、努力しない人は幸福になれないところだ。


福島正則

人の後について鬱屈した気持ちで過ごすより、武功を立てて大国を賜るか、目を驚かすような戦死を遂げたい。どちらかは天運に任せている。【覚書き|大凶の日に出陣しようとしたとき、家臣に縁起が悪いので中止しませんかと進言されての返答。】


松﨑晃一(松崎晃一)

証券会社のあるディーラーは、いつも机の横に「真っ白な紙」を置いているそうです。万が一、恐ろしい相場変動があった時も「パニックにならない」ため。紙を見つめることで頭の中も真っ白にしてリセット。気持ちを落ち着かせるのです。人間は視覚的なイメージにとても左右されますからね。これを真似て、ムカッと怒りの感情に支配されそうになった時、白い紙を見つめてみましょう。あらゆる思考をストップさせられ、すぐに怒りもリセットしますよ。


丹羽宇一郎

仕事というものは、価格とか技術力による品質というよりも「人間力の勝負」、つまり人格と人格の戦いであると思います。


前野隆司

イギリスの心理学者、ダニエル・ネトルは財には二つあると指摘しました。一つは、所得や社会的地位など、周囲との比較によって得られる「地位財」。もう一つが、社会への帰属意識や良質な環境、自由といった他人との比較とは関係なく得られる「非地位財」です。そして、非地位財によって得られる幸せの方が長続きするという特徴があります。


吉田たかよし

あなたの周りの人の名前を書き出し、その人のいいところ、学べるところを箇条書きで挙げるのです。新たな気付きがあるし、客観的で理性的な脳である前頭前野が活性化し、より成功に近づくことができるはずです。


吉越浩一郎

現状より5倍以上の効率で仕事をこなすことは、決して非現実的でもなく、誰にでも達成可能な範囲です。自分の胸に手を当ててみれば、就業時間の中で、自分が本気で仕事に集中している時間がどれくらいあるのか、本人が一番わかっているはずです。日本のホワイトカラーの平均でいえば、おそらく3~4時間くらいじゃないでしょうか。


稲盛和夫

セラミック分野での研究成果や技術を世界で試してみたいという思いを持ち、京セラを創業したのは27歳のときです。それからは、ただひたむきに、一生懸命、仕事に打ち込んできたつもりです。京セラは幸運にも発展を続け、私は経営者として称賛されるようになりました。


勝間和代

1人で悩んでいても答えは出ません。仕事はチームでやっているということを常に頭のなかにいれ、時には人に頼ることも必要です。


藤岡頼光

英語でもっとみんなの人生を変えようと思った。世界に出ていったら絶対に戦えるのに、出て来れないのはみんな英語をしゃべれないから。海外で日本人が英語をしゃべったら、「うわっ、日本人なのに英語をしゃべれるんだ」って驚かれるよ。しゃべれない人の代名詞が日本人でしょ。これを変えようと思った。


川本英利

入社当時から考えていたのは、社会の中では「人と人とのつながり」が重要だろうということ。その中で成長し、貢献していくことが重要だと。浪人時代に人とあまり話さず勉強ばかりしていた反動もあったのかもしれませんね。今も変わらぬ私の原点です。