名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

村上力の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村上力のプロフィール

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

村上力の名言 一覧

企業が最も大切にすべきなのは顧客です。組織の利益を優先させ、顧客を無視すると、結果、とんでもない失敗を犯す恐れがあります。


「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。


上司とは部下へのサービス業です。部下のミスをフォローするのが上司の仕事です。そもそも部下だけに任せておける仕事なら、上司は必要ないわけです。仕事は一人ではできません。へこたれそうな部下を支えてあげられる上司のもとには、いい部下が集まります。


部下を叱責しなければならない場合には、原因を感情的に問い詰めるのではなく、一緒に原因を探るという姿勢が重要になります。「何で遅刻したんだ?」「どうして納期に間に合わなかったんだ?」という疑問文は部下のためではなく、自分の怒りを発散させるための言葉です。


部下が上司の顔色ばかりうかがうのは、上司がなぜ怒り始めるのかわからないからです。相談に行けば「いまは忙しい!」、報告すれば「何でもっと早く言わない!」、失敗すれば「バカヤロー!」。触らぬ神にタタリなし。こんな上司にゴマすり以外の目的で近づいてくる部下はいないでしょう。


村上力の経歴・略歴

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

何かの結果を求めて働くのではなく、日々の仕事をひとつひとつこなすことによって未来は開けるのです。ときにはいい加減な日があってもいい。完璧でなくても努力を継続するほうが、最終的には大きな目標に到達できるはずです。


似鳥昭雄

いまのような変化の激しい時代は、今までやってきたことを全部否定するぐらいの気持ちで改革していかないといけない。


菅野智之

プレッシャーを感じて当然。それを感じなくなったら、プロとして終わりだと思っています。僕にとってはプレッシャーがモチベーションなんです。緊張感がない状態では、力を発揮できないと考えています。


三森久実(三森久實)

言葉は違いますが、海外でも日本と同じ社員教育をしています。経営理念を具現化することは国内でも海外でも非常に大切であり、大変なことです。経営理念がしっかりしていれば、判断に迷いません。


藤村正宏

説き伏せようとする相手には、誰だって抵抗します。人が行動するのは「それがほしい、やりたい」と思うからであって、説得されて動くわけじゃない。


関戸正実

実は当社の中でも、家電量販事業の存続を巡り、他社とフランチャイズチェーン契約を結んだり、提携したりするという案は議題に上りました。事業売却も考えましたし、撤退を発表した後に、いくつかの同業から「店舗や人はどうするの」と打診を受けたことは事実です。ですが、提携すれば経営の自由度は失われます。いまならば、早期退職者の退職金に色をつけたり、再就職を支援したりすることができます。ですが今後、現状よりもさらに業績が悪くなれば、そういったこともできなくなる。家電市場の先が見通せない状況では、早めに止血をすることが重要だと考えました。


桜井一紀

部下の信頼を得るのは簡単ではありません。心がけたいのは、質より量。週1回の会議より、毎日の何気ない会話が大切です。相手のことを知らなければ、相手にとって適切な質問は浮かびません。部下の何を知っているのか。まずは自分に問いかけるところから始めてみましょう。


田久保善彦

自分たちはいったい何者で、自分たちのコアになるものは何かということを、きちんと理解しているのが強い会社であり、永続する会社。


古市幸雄

ビジネスの現場で使える英語力というと、「難しい単語もぺラペラで……」「帰国子女レベルじゃないと……」というイメージがありますが。こうなると、勉強を始める前につまずいてしまいがちですが、それはもう過去の話です。21世紀型のビジネスパーソンに求められる英語力とは、流暢にしゃべるということよりも、そこそこの英語力にプラスα、自分の専門領域に関わる単語&フレーズをいかに多く身につけることができるかということだと思います。


田中稔一

うちは触媒などの研究で世界的にも高い評価を得ているのですが、商売下手と言いますか、マーケティングがなってなかった。これは一つの反省材料なので、今、マーケティングを懸命にやっていこうとしています。


黒田武志

はじめはなかなか黒字に転換できず、軌道に乗るまでは苦労もありましたが、ひとつひとつの工程や作業を改善することで、毎年生産性を上げていき、徐々に利益が出るビジネスに成長させていきました。


津田梅子

真理は、見ることを拒まなければ、私たちの誰の魂の中にも明りを灯すでしょう。その明りは、私たちの浅薄な才能、卑しい意地悪利己心、虚栄や嫉妬などを照らし出し、他人のなかにある良さを見せてくれます。