名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村上力の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村上力のプロフィール

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

村上力の名言 一覧

企業が最も大切にすべきなのは顧客です。組織の利益を優先させ、顧客を無視すると、結果、とんでもない失敗を犯す恐れがあります。


「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。


上司とは部下へのサービス業です。部下のミスをフォローするのが上司の仕事です。そもそも部下だけに任せておける仕事なら、上司は必要ないわけです。仕事は一人ではできません。へこたれそうな部下を支えてあげられる上司のもとには、いい部下が集まります。


部下を叱責しなければならない場合には、原因を感情的に問い詰めるのではなく、一緒に原因を探るという姿勢が重要になります。「何で遅刻したんだ?」「どうして納期に間に合わなかったんだ?」という疑問文は部下のためではなく、自分の怒りを発散させるための言葉です。


部下が上司の顔色ばかりうかがうのは、上司がなぜ怒り始めるのかわからないからです。相談に行けば「いまは忙しい!」、報告すれば「何でもっと早く言わない!」、失敗すれば「バカヤロー!」。触らぬ神にタタリなし。こんな上司にゴマすり以外の目的で近づいてくる部下はいないでしょう。


村上力の経歴・略歴

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

他の記事も読んでみる

西出雅弘

建築基準法の新耐震基準は、震度6強~7程度の地震が起きても人命を守れるとされていますが、当社は、建築基準法よりさらに15%高めた独自の耐震基準を設定。特に柱の強度は重視しており、鉄筋の本数を増やしたり、工場で溶接した鉄筋を用いたりして人命とオーナー様の財産を守っています。こうした見えない部分にも費用をかけるのが高松建設の考え方です。


川淵三郎

ワールドカップは、日本を世界にアピールするチャンスであり、文字を読めない人でも映像で見ることができるのですから、日本人のメンタリティーまで知ってもらえるチャンスです。もっと事前に僕らが、これをうまく利用しない手はないでしょう。


齋藤孝(教育学者)

一番危険なのは「分かってます」「知っています」という言葉。つい口走っていませんか? 孔子は「知るを知ると為し、知らざるを知らざると為す。これ知るなり」と言っています。知っていることと知らないことを明確に意識していることが知るということなのだと。さすが孔子ですね。これが分かれば自分を修正することもできます。


秋山豊寛

一回しかない人生を考えたとき、いかに自分の好奇心を満たし、充実感溢れる生活を送れるか。それが退社をした理由のひとつです。
【覚書き|53歳でTBSを辞め、農業生活に入ったときを振り返っての発言】


西野精治

私たち睡眠研究者は、睡眠が足りていない状態を「睡眠負債」と表現しています。「不足」ならいつか取り戻せますが、「負債」となると簡単ではありません。借金同様、返済が滞れば「眠りの自己破産」だって引き起こしかねません。


岩田弘三

人間は自分一人の力で生きているわけではない。いろいろな人たちに生かされている。だから感謝の気持ちを忘れてはいけない。


宗次徳二

「お客様 笑顔で迎え 心で拍手」。25歳の時、喫茶店をオープンしました。ココイチを始める前のことです。その時にこの言葉を実践し始めました。この言葉は、私の生き方と経営姿勢そのものです。こうしないではいられない、感謝の気持ちです。


一宮忠男

大事なのが企業理念なんです。企業理念というのは、創業者が頭で考えて「こういう会社にしたい」ということで生まれたものではなく、日常的な活動の中で行なってきたことを、言葉に置き変えたものだと思います。ありふれた言葉ですよね。「創造と挑戦」にしても「感謝と信頼」にしても。でも、なぜこれを大事にするかというと、我々が実際にやってきたことだからです。だから、大事にしたい。机の上の哲学じゃないんです。


川野幸夫

今では、良い企業は「高収益」「顧客密着」といったエクセレントであるだけでは不十分です。尊敬される存在になることが欠かせない。


江上治

考え方に誤解があると、真の力を発揮することはできない。


清水信次

僕には社内にモノを言ってくれる人がいました。社外の交友関係でも、旭化成の宮崎輝さん、小松製作所の河合良成さんといった大先輩が「一番大事なのは己を知り、足るを知り、とどまるを知ることだ」「必ずものごとには終わりがある」「お金も権力も自然に集まるのはいいが、追いかけるのは危険だよ」などと言ってくれました。


吉田忠裕

YKKには、「全社員が経営者である」という言葉があるんですが、吉田忠雄(創業者)本人も自分は労働者であるとも思っていたでしょうし、同時に、経営者としては、自分と同じ考え方の人間が増えることによって、より大きな事業を行えると思っていました。そして、その考え方により、「良い製品を安くつくる」ことが実現できれば、その利益を顧客、取引先、自分たちの三者で分け、自分たちに配分された部分の一部をさらなる投資に充てていく、というYKK精神「善の巡環」につながっていくと考えていたのです。