名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

村上力の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村上力のプロフィール

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

村上力の名言 一覧

企業が最も大切にすべきなのは顧客です。組織の利益を優先させ、顧客を無視すると、結果、とんでもない失敗を犯す恐れがあります。


「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。


上司とは部下へのサービス業です。部下のミスをフォローするのが上司の仕事です。そもそも部下だけに任せておける仕事なら、上司は必要ないわけです。仕事は一人ではできません。へこたれそうな部下を支えてあげられる上司のもとには、いい部下が集まります。


部下を叱責しなければならない場合には、原因を感情的に問い詰めるのではなく、一緒に原因を探るという姿勢が重要になります。「何で遅刻したんだ?」「どうして納期に間に合わなかったんだ?」という疑問文は部下のためではなく、自分の怒りを発散させるための言葉です。


部下が上司の顔色ばかりうかがうのは、上司がなぜ怒り始めるのかわからないからです。相談に行けば「いまは忙しい!」、報告すれば「何でもっと早く言わない!」、失敗すれば「バカヤロー!」。触らぬ神にタタリなし。こんな上司にゴマすり以外の目的で近づいてくる部下はいないでしょう。


村上力の経歴・略歴

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

他の記事も読んでみる

内田雅章

人脈を広げるには、「自分が得をしたい」という気持ちはまず脇に置いて「自分は何ができるか」という視点から、人と関わっていく姿勢を身につけること。


藤本隆宏

企業が多国籍化し多様化した現在、「産業」とは「企業」の集まりを意味しない。産業とはむしろ「現場」の集まりである。どの国にどの現場を持つかに関する企業の意思決定の集積が、各国の産業構造を決めるのである。とりわけ、設計現場の立地決定が、産業の存否にとってこれまでに増して重要である。


伊藤真(弁護士)

私が経営する資格試験の受験校でも、フルタイムで働き、残業もある中で勉強している人がたくさん合格しています。勉強は、やることも大事ですが、やらないことを決めることも大事。今は書店にもインターネットにも情報が溢れているので、真面目な人ほどあれもこれも手を出して、失敗するケースが多いのです。もし、最初から1日2時間と時間が限られていれば、その2時間で何をすべきかを考えなければなりません。本当にやるべきことだけに絞られるので、時間の制限は勉強にはプラスなのです。


芝本裕子

お節介かもしれないけど、いいものは人に教えてあげなきゃ、と思うんです。


西脇俊二

無駄な思い込みを手放すだけで、相当気分がラクになるはず。無駄な感情を動かさなくて済むでしょう。


赤塚保正

BSE(狂牛病)問題で得た教訓はリスクの分散ですね。それまでは85%ぐらいが肉に偏っていましたから。今はお肉を扱っていない業態を増やし、リスクの分散をしております。事業部別の売上構成比も80%が精肉と惣菜だったのを、私が社長になってこの2年間、売上構成比を分散させる方針をとりました。


小山薫堂

それより楽しさ優先で、とにかく先に進んでみる。すると、見えなかった解決策が、ふと見えてきたりする。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。


川原俊明

本学の場合、残念ながら、第一志望大学に入れなかった学生が、不本意ながら入学してくることが割と多くあったんです。けれども、大切なのは入学してからです。入学してからの成長が極めて重要なわけです。本学の特徴は、学生が本来持っている潜在能力を最大限に引き出すことにあります。


林勝(経営者)

当社の強みのひとつは、辞めた人が戻ってくること。他の会社を見て、勉強して、すごく成長して戻ってきてくれる。だから社長に「辞める人を大事に扱え」と言っている。


秋元義彦

つつましくまちのパン屋を経営するのであれば私と家内の二人でできるけれど、事業拡大のためには社員の力が必要不可欠です。


小山昇

みんなが知らない情報にこそ価値がある。日経新聞だけ読んでも他の人と同じ情報しか手に入りませんよ。