村上力の名言

村上力のプロフィール

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

村上力の名言 一覧

企業が最も大切にすべきなのは顧客です。組織の利益を優先させ、顧客を無視すると、結果、とんでもない失敗を犯す恐れがあります。


「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。


上司とは部下へのサービス業です。部下のミスをフォローするのが上司の仕事です。そもそも部下だけに任せておける仕事なら、上司は必要ないわけです。仕事は一人ではできません。へこたれそうな部下を支えてあげられる上司のもとには、いい部下が集まります。


部下を叱責しなければならない場合には、原因を感情的に問い詰めるのではなく、一緒に原因を探るという姿勢が重要になります。「何で遅刻したんだ?」「どうして納期に間に合わなかったんだ?」という疑問文は部下のためではなく、自分の怒りを発散させるための言葉です。


部下が上司の顔色ばかりうかがうのは、上司がなぜ怒り始めるのかわからないからです。相談に行けば「いまは忙しい!」、報告すれば「何でもっと早く言わない!」、失敗すれば「バカヤロー!」。触らぬ神にタタリなし。こんな上司にゴマすり以外の目的で近づいてくる部下はいないでしょう。


村上力の経歴・略歴

村上力、むらかみ・ちから。日本のコンサルタント。千葉県出身。東海大学法学部卒業後、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA取得。新日本証券(のちの新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント社長に就任。同社退社後、日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ゼネラルマネジャーなどを経たのち独立し、ハートアンドブレインコンサルティングを創業。主な著書に『人を動かす課長力トレーニング』『ビジネスで勝ち続ける男の思考法』『人を動かす お金を動かす 仕掛けの時代』『部下の本気に火をつけなさい』など。

他の記事も読んでみる

高橋俊介

日本のホワイトカラーの生産性が低いとよく言われるが、その第一の理由として事業構造に原因がある場合があげられる。本来競争上の優位性を獲得するために事業構造を見直し、新たなビジョンに基づく変革が不可欠であるのに、それができず社員のガンバリズムで乗り越えようとする。その結果、現場は割に合わない効率の悪い仕事をひたすら頑張ることになり、遅くまで仕事をして薄い収入を維持しようとする。


的場正晃

どうすれば人が育つかを考える時、とかく「コーチングか、ティーチングか」といった二項対立的な発想に振れがちです。しかし、人材育成は「人」という変化性の強い存在を対象としていますので、相手の状況に応じて臨機応変に育成手法を変える必要があります。例えば、相手の主体性を育むためには、問いかけ主体のコーチング的な育成が効果的です。しかし同じ相手であっても、間違った考えや行動をとった時には、それを指摘するティーチング的な育成をしなければなりません。


花崎淑夫

出店企業と対等にビジネスを展開する上でふさわしくない商慣習は見直していくべきだ。新しい価値をつくろうと思えば、百貨店側も応分にリスクを取る必要がある。


朝倉千恵子

素直さとは、自分の知識や経験、主観などにとらわれず、何事も吸収できる心の状態を言うと思いますが、知識や経験を積めば積むほど、知ったかぶりをしたり、こうだと決めつけてしまったりしがちです。以前には気づいたことも、「でも」「だけど」「そうは言っても」などといった感情が出て、素直な吸収を妨げてしまうのです。慣れは素直さの敵です。


北条重時

所領の田畑の事について、みすぼらしい身なりをして、恥じらいながら、ご相談がしたいといって、やって来る者がいるならば、家に上げてやるがよい。それが、たとえ卑しい身分の者であっても、侮ったものの言い方をしてはならない。やって来る人の位や身分によって、もてなしは違ってもよいが、ことに百姓の者がやって来た場合は、できれば酒を振る舞ってやるといいだろう。そのようにしてやると、同じ公の事であっても、喜び勇んで注進にもやって来るのだ。また百姓の下男でも、卑しみ侮ってはならぬと、家の者たちにいいつけておくとよいだろう。


立花陽三

職員はシーズン中から、いろいろな企画や催し物でファンを呼び込み、チームを盛り上げてくれた。その証拠に、うちはホームでの勝率がいい。これはまさにファンと選手、職員が一体になった結果でしょう。


村上春樹

身体を鍛えていることもそうですけど、僕にとっての翻訳って、いまよりほんのちょっとでもよい小説を書くために続けてきたものなんです。


南場智子

「モバゲー」を黒字化させるまで苦しかったですが、「絶対に上手くいくはずだ。乗り越えられるはずだ」と信じていました。根性は昔からありましたからね。


山口勉(経営者)

商品の価値は、その値段だけで決まるものではない。素晴らしい付加価値があれば、高い商品でも買ってもらえる。


菜々緒

じつは、テレビに出るのも苦手意識がありました。モデルは誌面やCMで表現する立場。だから人前で話すことはしないものだと思っていたんです。しかし、出るからには全力でやろう。自分は番組でどういう立場なのか、何を求められているのかを研究したりしました。モデルだけやっていたら出会わない人たちに出会え、お話を聞けるのも、勉強になりました。そうしているうちに、テレビのお仕事が凄い好きになり、お仕事もいただけるようになってきました。


金児昭

給料あるいは働いて得たものを銀行などに預けるという行動は、安全性だとか、利息がどうのだとか、我慢の褒美などと考えることに加え、それを定期的にやるように癖をつけることが一番大切なのです。定期的に大きな金額でなくていいですから、預ける癖をつけるのです。とくに社会人一年生はそれをするべきです。それを実行する習慣を若いときから、いや加齢人も、つけるだけで人生が必ず変わります。とくに、子供のときからこの習慣をつけることが大切であると考えています。


和地孝

給料の高さや労働条件のよさだけで、社員たちを引っ張っていくことはとてもできません。そのため、私は社長時代、人をコストでなく資産と考え、高い目標とチャンスを与えることが、意識改革の成功要因だという信念を貫いてきました。


馬場彰

多少の火傷は覚悟しろ。思い切って若手に権限を委譲していけ。


上西京一郎

最も大事にしていることは、お客様の体験価値。私たちはそれを「ハピネス」と呼んでいます。


岩田松雄

「資料を作って」と上司から指示されたときに、「資料を作る」という作業にだけ意識が向いて、「何のためにこの資料を作るのか」ということを意識していないと、良い仕事をすることができません。「午後のブレインストーミングの資料」という目的がわかれば、詳細なものを丁寧に仕上げるのではなく、簡潔に素早く作ることが必要だと判断できます。あるいは、「来週の役員会で5億円の投資を決定するため」だとわかれば、精度が高く見やすい資料を用意すべきだとわかります。


ページの先頭へ