名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村上アシシの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村上アシシのプロフィール

村上アシシ、むらかみ・あしし。日本の著述家、経営コンサルタント、ITコンサルタント。北海道出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経て独立。著書に『日本代表サポーターを100倍楽しむ方法 サッカーとボクと、時々、ノマド』『半年だけ働く。』。

村上アシシの名言 一覧

昔は二足のわらじはネガティブに捉えられていましたけど、これからは二足のわらじが当然になると思っていますいろんな収入源を用意して、リスク分散する生き方を提唱したいです。


フリーランスになる人は、最終的に自分のポートフォリオを組んだほうがいい。私の場合はコンサルタントと執筆に落ち着いていますが、今後はプラスアルファで投資したり、スモールビジネスを立ち上げたり別の方法でも稼げるようにしたいと考えています。これからの時代収入源を増やすというのは40代、50代を迎えるにあたって重要だと思います。


お金は所詮、お金。自分の身体が動く若いうちにいろんな経験をしたほうが絶対に意義がある。よくバイタリティがあるね、と言われますけど、私からするとみんなもやればいいのにと思ってしまう。自分の場合は、サッカー観戦に勝るものはないので、サッカー観戦を選んでいますけど、それは他の趣味でも何でもいい。自分が好きなことをとことん追求する人生のほうが絶対楽しくないですか?


今でも昔でも、好きなことを仕事にすればいいと、意気揚々と語る人が一定数いるじゃないですか。だけど、私はその考えに疑問を持っていました。「お金を稼ぐのは手段にして、お金に縛られないところで自己実現をすればいいのではないか?」と思っていたので。幸い私が入社したアクセンチュアは、内定式で「会社の辞め方を考えておいてください」と言われるような会社だったので、入った瞬間から常に辞め方を意識していました。


(アクセンチュアを辞めて独立したのは)大きな決断をしたつもりはさらさらなくて、気軽な気持ちで辞めました。6年働いて、マネージャーにまでなっていましたし、実際、会社にいて稼げるお金と、独立して稼げるお金を比べたら圧倒的に独立した方が稼げるんです。辞めることに躊躇はなかったです。


百間は一見に如かずですけど、テレビでサッカー観戦するのと、スタジアムでライブ観戦を体験するのは大違い。自分の体験で言うと、ロンドン五輪のときに、現地の人たちを日本サポーターにするため、イングランド人に馴染みのある「ヘイ・ジュード」をチャント(応援歌)にして一緒に歌ってもらう作戦を仲間たちと立てたんです。結果的にスタジアムの空気が日本のホームのようになったんですね。試合にも勝って、ものすごい達成感でした。今はもうサッカーを応援することが、人生の目的みたいになっています。


サラリーマンの方は、会社をリストラされたら全てを失ってしまいますよね? そうなってからでは大変です。40代以降の転職市場が大変なのは百も承知ですが、これからは100歳まで生きることを前提に人生を描く必要があります。その前提なら40代なんてまだまだ若い。とはいえ、いきなり辞めるのが怖い人はまずはサラリーマンの椅子を確保しながら副業をやってみるのをおすすめします。とにかく収入源を複数確保するのが重要だと思います。


W杯を契機に会社を辞め、そのあとはフリーとして企業のコンサルティングをしようと思っていました。ただ、私たちの仕事は期間契約なので、たとえば3か月契約で500万円とかのお金がポンと入ってくるんです。普通だったら貯蓄に回したりするのでしょうが、私はそのお金を持って、行ってみたかったオーストラリアに行ったんです。楽しかったですね(笑)。それから、とにかく半年間はしっかり稼ごう、そして残りの半年はサッカーを見て暮らそうと思いついたんです。


10代の頃から、30歳までに年収1000万円になりたいと考えていて、就職活動をする前に5歳上の兄に「最短でそれを実現する職業は何か?」って聞いたんです。そしたら外資系のコンサルティング会社じゃないかと。もともと日本企業は選択肢になかったので、スキルを身に付けさえすればいろいろな業種に転職できるコンサルタントという業種はいいなと思っていました。もちろんそのときは今のような「半年仕事・半年旅人」生活になるとは思っていませんでしたけどね。


村上アシシの経歴・略歴

村上アシシ、むらかみ・あしし。日本の著述家、経営コンサルタント、ITコンサルタント。北海道出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経て独立。著書に『日本代表サポーターを100倍楽しむ方法 サッカーとボクと、時々、ノマド』『半年だけ働く。』。

他の記事も読んでみる

柳弘之

組織管理の中で、あるレベルのカリスマ性を持った人を本当に探せるのか、育てられるのかは非常に重要な課題です。カリスマ性を持たせるためには、かなり経営的なバックアップが必要になります。


高須克弥

僕にとってのお金は、血液みたいなもの。生きていくには、どんどん循環させる必要があるが、使わない血液がたくさんあってもしょうがない。


平井一夫

一貫して目指しているのは、お客さまにソニーらしい商品を提供することはもちろん、いかに素晴らしい、ソニーらしい体験を提供できるのか。


今井繁之

営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。


ドナルド・トランプ

一夜にして実現することなどめったにない。一夜にして成功を手に入れたといわれる話もたいてい、内実は違うものだ。最近あなたが耳にした一夜のサクセス・ストーリーも、その陰には20年、30年以上の努力があったのかもしれない。


柴田励司

管理職は未経験の仕事に取り組まなければなりません。そのとき、「どんなことをしてでも達成しよう」と思う執念は欠かせませんが、同時に、自分の考え方ややり方に執着してもいけません。


田崎真也(田崎眞也)

私は「旬の素材を生かした」「厳選素材を使った料理」「料理長が自ら手作り」……などのフレーズで宣伝してる店は避けます。理由は、まず旬の素材を使うだけでは、料理の美味しさの保証にならないから。厳選素材に至ってはプロとして当たり前。料理長の料理が特別なサービスのように宣伝するのもおかしい(笑)。結局、調理法を含めた美味しさを訴えるセールスコピーでない限り、店選びの参考にしません。


松井勝史

私たちの使命を全うし続けていくには、やはりお客様の意向に気付き、真意を汲み取る、良い人材・良い組織を維持し続けることが必須。


光岡進

自分は夢と目標、計画、実行というふうに分けて考えているんです。夢というのはけっこう遠いところにあるものですが、目標というのは何とか頑張れば達成できるものです。目標を設定して、そして計画を立てて実行する。失敗すれば反省する。そうしてどんどん作り替えながら、夢に一歩づつ近づいていくんですね。技術とはまさしく、挑戦しながら身につけていくものだと思います。


笹山尚人

まずは同僚や先輩など職場の第三者に相談するのがパワハラへの最初の対応策です。しかし、実際はそうやっても解決しない、そもそも相談できる相手がいないことも多いのが現実。この場合、労働局、労働組合、弁護士事務所などの外部の相談機関に相談する方法があります。


武永修一

うちのサイトを欲しいと言っている企業もあったので、いざとなったら売却することも、常に頭の片隅に入れていました。そうしないと、精神的に耐えられなかった。


プラトン

優しくなりなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な戦いに挑んでいるのだから。