名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉野正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉野正のプロフィール

杉野正、すぎの・ただし。日本の実業家、企業再生家。神奈川県出身。神奈川大学経済学部卒業後、ユニ・チャーム、エイチ・アイ・エス勤務を経て、「しなの鉄道」再建の依頼を受け社長として乗り込む。2年間で「しなの鉄道」を黒字化させた。その後、巨額の赤字を出していた埼玉高速鉄道の再建依頼を受け社長を務めた。著書に『俺が黒字にしてみせる!』など。

杉野正の名言 一覧

僕は、人の欠点を見ないようにしています。欠点をあげつらっても仕方がないからです。配置転換でも、社員の長所を褒めて、いいところを伸ばすために配置転換を考えます。


前向きの失敗ならば、決して怒りません。新しいことにチャレンジした失敗は、次につながる失敗だと思います。


コストダウンだけをやっていれば、会社の活気は次第に失われていきます。それよりも、面白い企画を考えて、増収を目指したほうがいい。


しなの鉄道の経営再建では、3割のコストダウンを打ち出しました。この3割は、いままでのやり方では絶対達成できない数字です。つまりいままでどおり仕事をしていては駄目で、仕組みや方法を大きく変えないといけません。


僕は「うそつき」ではなく、「ほんとつき」なんです。本当のことを言ってしまう性格ですから、しなの鉄道を再建するときも、埼玉高速鉄道を再建するときも、社長として乗り込んでいったとき、社員に隠し事をしないし、本当のことしか言いませんでした。


しなの鉄道のときには、社内に「打倒JR」「打倒、県企画局」などのビラも貼りました。目に見える形で、自分の意志を浸透させるためです。僕は自分の言葉にコミットしているから、目標を曖昧にせず、目的もしっかりと書いて貼っておく。口頭ならば言いっぱなしになりますから。その分大きなプレッシャーですけど。


社長就任時、毎日、だれかれ構わず声をかけることにしました。仕事のことだけではなく、今日何を食べたのか、などと話しかけます。僕は社長室というのが嫌いで、僕も一人のプレーヤーだから、ほかのプレーヤーのコンディションがわからないと、いい仕事ができません。それに自分が出した指示の反応を見る必要もあります。


しなの鉄道では、ビール列車やワイン列車、あるいは芸者列車など様々な企画を考え出し、実現しました。いろいろな企画の列車を走らせることで、乗客が目に見えるほど増えていきます。結果が出れば、人間楽しくなってきます。すると、社員自身もどんどん企画を出すようになる。そうなれば、自然に会社全体が動き出すようになります。


僕みたいに、黒船のようにやってきて、いままでのやり方を根底から変えるためには結果を出すしかありません。結果を出せば、社員も認めざるを得なくなります。好かれるかどうかは別にして、認めざるを得ないところまで結果を出せば、社員たちも僕に従わざるを得なくなります。


会社再建で大変だったのは、コストダウンです。契約書を見ても、明らかに不平等で不利な契約になっている。しなの鉄道では、JR東日本の都合のいいように契約が結ばれている。埼玉高速鉄道では、東京メトロの都合のいいように契約が結ばれている。しかし、社員はそういう不平等契約が染みついているから、どうコストダウンしたらいいかわからない。だから、たとえば、キヨスクとの交渉や、車内広告の交渉など、大きな契約更新の交渉は僕自身がしました。身をもって範を示すことで、できないことはないんだと、社員に示すわけです。


改革に後ろ向きの社員を相手にするときは、社員が見ている前で「辞めてもらいたい」という気迫で怒りました。なぜ、みんなの前で怒るかといえば、どちらの言っていることが正しいか、社員にわかってほしいからです。


しなの鉄道の社長に就任してすぐに、社員には「赤字を出す会社であれば、潰れた方がいい」と言いました。運営費のほとんどを長野県と沿線の自治体からの税金で賄っている会社です。その会社が赤字ということは、血税を垂れ流し、ドブに捨てているようなものです。このままなら、会社を潰して、社員はみんなハローワークに言った方がいいと伝えました。だから社員には嫌われていたと思います。


僕は社員に好かれるかどうか気にしたことはありません。少なくとも、認めざるを得なくなるまで、自ら率先して結果を出すこと、長所を見つけ出して適材適所に配置すること、隠し事をせず、本当のことを話すことで、案外社員には好かれていたかもしれません。


杉野正の経歴・略歴

杉野正、すぎの・ただし。日本の実業家、企業再生家。神奈川県出身。神奈川大学経済学部卒業後、ユニ・チャーム、エイチ・アイ・エス勤務を経て、「しなの鉄道」再建の依頼を受け社長として乗り込む。2年間で「しなの鉄道」を黒字化させた。その後、巨額の赤字を出していた埼玉高速鉄道の再建依頼を受け社長を務めた。著書に『俺が黒字にしてみせる!』など。

他の記事も読んでみる

高橋俊之

より正しい内容であっても人から言われるのを嫌がる上司には、「提案」ではなく「相談」というやり方もあります。人は頼られると嬉しくなるものです。このやり方では、あえて結論は見せません。提案したいことに上司が行き着くような判断材料を見せ、「こんな状況なんですが、どうしたらいいでしょうか」と相談します。そして「そりゃ、○○だろう」と上司自身に言ってもらいます。それはあなた自身が狙っている結論ですから、「やはりそうですよね」と反応する。「しらじらしいな」と思われるかもしれませんが、結局、目的を果たせるなら、その方法が最善ではないでしょうか。


熊谷正寿

経営者の最も重要な仕事は、夢を語ること。経営者の描く夢が、多くの笑顔を生む夢であればあるほど、その夢は必ずかなう。


古森重隆

日本経済再生云々とよく言われるが、そんなことは簡単だと私は主張したい。皆がもう一度、「世界で戦おう」という気持ちになればいいのだ。現在はまだ技術的にも先行しているし、もともと日本人は大義に従う忠誠心や責任感、団結心というすばらしいものを持っている。こうした精神的な支柱を取り戻し、戦線を立て直して本気で戦う気になれば、日本人は世界で勝っていける。


戸塚隆将

メンタルを強くしたいなら、中長期的に目指すものを真剣に探すべきだと思います。自分なりの大義があれば、どんな仕事でも頑張れる。


川邊健太郎

評価が1カ月単位だと、「1力月の間に何とかしよう……」と、夏休みの宿題にも似た状態に陥ってしまう。でもこれが1日単位になれば、毎日15時頃には、「今日の目標を達成するために何とかしなくては」と考えるでしょう。こうすると、仕事にスピードとリズムが生まれます。その結果、サイトの改修など以前は半年かかっていた仕事が1カ月でできたり、取引先から「レスポンスが早くなった」と褒められたり、目に見える効果が出始めています。


佐治敬三

大阪にサントリーの本社を置きっぱなしにしているのは、意地や。意地以外にない。いわば東京に対するレジスタンスやな。はっきりしたアイデンティティを持たんと、日本中が、東京という都市の金太郎飴になってしまいまっせ!


荒蒔康一郎

社内のベクトルが分散していれば、一人一人は一所懸命に仕事をしていても、総合すると大きな力にはなりません。だから、「お客様本位」「品質本位」という当たり前のことを原点にベクトルを合わせようと、全社員と約束しました。


朝倉千恵子

上司としての最大の礼儀は、部下に仕事を教えること。部下を育て、真の幸せを感じてもらえる方法はただひとつ、それは、仕事の楽しみに自ら気づいてもらうことです。そして、部下と真剣に向き合うことです。


高橋広敏(経営者)

企業は株主のものであり、従業員のものでもあるが、一定規模を越えて大きくなった企業はパブリック(公共的)な性格が色濃くなる。従って、社会や顧客の期待に応えるという視点が、経営上何にも増して大切になるはずだ。


田中仁(経営者)

いつも無我夢中。先が見えないなか、自分の思いだけを信じてこれまでやってきました。まさに「フォースの赴くままに」という感じです。


小泉文明

プライベートで「ジョギングを毎日の日課にする」と目標を立てたのに、できたりできなかったりする日が続いたとします。でも、「2~3日に1回はジョギングできているのだから、よしとしよう」と自分を責めない。走っていれば体重は少しずつ減るし、習慣化してくるはず。そのうち走ることに対してポジティブになると思うのです。


泉谷直木

底力だけでは戦えない。経営者の眼力が大事。時代や社会の仕組みが変わって行く中で自分たちの強みを活かしながら時代の流れに乗っていけるよう資源配分できるかが問われてくる。