名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

杉道助の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉道助のプロフィール

杉道助、すぎ・みちすけ。日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長。慶應義塾大学卒業後、久原鉱業所(現:日立鉱山)に入社。その後、大阪で紡績関係の事業を行う。大阪商工会議所会頭やジェトロ理事長を務める

杉道助の名言 一覧

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


私の会議所(大阪商工会議所)生活は、生涯を通じて一番長い仕事だろう。これは私の性格が多少世話好きなためかもしれない。まあ、少しでも人が幸せになれればと思ってやった結果が、人に世話好きといわれるほどになったわけだ。


いまから考えるとおかしな話だが、「日本には人力という大きな動力があるのに、ガスエンジンなどを取り付けるバカがいる」などと公言していた業界の先達もあったくらいだ。
【覚書き|繊維業界が手織り機から動力織機に変わりはじめた当時を振り返っての発言】


ブームの時は物が上がる一方だから商売は楽だ。会社の上役はお召の袴などはいて自動車を乗り回し、我々若いものもかなりだらけていた。この膨れ上がった取引が、戦争後の反動でグッとしぼんだのだからたまらない。
【覚書き:第一次大戦特需の好景気と、その後の反動不景気について語った言葉】


杉道助の経歴・略歴

杉道助、すぎ・みちすけ。日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長。慶應義塾大学卒業後、久原鉱業所(現:日立鉱山)に入社。その後、大阪で紡績関係の事業を行う。大阪商工会議所会頭やジェトロ理事長を務める

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

丁寧に根気よく実績を積み上げる努力は、やがてブランド力になり、大きな成果をもたらします。それは、企業も人も同じです。


水谷弘隆

語学の教材を使いこなすポイントは、「少数の音源を繰り返して聴く」「日本語訳は一切見ない」「英語の文字情報は最後の段階で使う」の3つです。半年程度続けると、いままで聴き取れなかった英語のニュースやドラマがわかるようになってきました。リスニングで身についた語彙力は、読み書きの力に結びつきます。聴く力がつけば、相乗効果で話す力も向上するでしょう。


二宮雅也

大事にしている言葉は「義」です。例えば、合併は共通の「大義」のもと、トップ同士の「信義」に基づき物事を決めていき、その後も「正義」に基づき進めていくものと考えています。さまざまな局面で「義」が大事であり、非常に気になる言葉であり続けています。


秋草直之

あのとき、あのスピードでリストラを断行しなかったら、富士通は終わっていた。周りの批判なんて気にしている余裕なんてなかった。


サイモン・クーパー(経営者)

業界平均と比べ、リッツの離職率は非常に低いのです。従業員の中途退社は、結局は企業経営にマイナスになってしまいます。離職率が高ければ、それは採用の過程に問題があったということでしょう。


岩田松雄

私は、部下は上司を教育していいと考えています。部下が上司のニーズをきちんと問いただすことは、自分が仕事の本質をつかむためだけでなく、上司の指示する力を鍛えるためにも役立つのです。


吉田博一

需要の伸長にあらかじめ対応できるよう、生産体制の拡充を進めています。装置産業では、需要が生まれてから基盤を強化しても競争に勝つことはできませんから。


冨山和彦

革新的な技術を基礎とした新産業創出を目指す「イノベーションの担い手」として、大学発ベンチャーへの注目度が近年改めて高まっている。その一方で、「日本の大学にそんな力はない」「日本から世界を席巻するメガベンチャーが生まれるわけがない」という懐疑論も根強い。しかし、東大発ベンチャーの時価総額が1兆円を超え、東大や京大から毎年、数十件の新たなスタートアップ企業が生まれるなど、大きな地殻変動が起きつつあるのも事実だ。私自身、20年近く東大の産学連携を手伝ってきた者として、山が動き出している実感を持っている。


仲代達矢

我々は成功を望んで一生懸命やっている。だから成功した時こそ、過去をぱっと切り捨てて別の角度から出発することが大切。


米村歩

IT業界は残業が多いため、結婚を機に退職する女性エンジニアが多いのですが、残業ゼロを始めたことで、残業のため、スキルや経験がありながら復職を諦めていた有能な人材を雇うことができるようになりました。


入山章栄

撤退の道が確保されているのは重要です。世界各国の倒産法を比較すると、会社を潰しやすい倒産法を持つ国のほうが起業しやすいという研究があります。これは個人のキャリアも同じ。失敗しても次のビジネスに移れたり、前の会社に戻れたりするほうが飛び出しやすい。


小川孔輔

日本のサービス業の生産性を低くしている理由として、消費者の要求に丁寧に対応しすぎていることが挙げられる。サービスが過剰になっていくことは、競争上仕方のないこと。しかし、人手が足りない状況では、顧客から本当に求められているサービスは何なのか、再検討することも必要。