杉道助の名言

杉道助のプロフィール

杉道助、すぎ・みちすけ。日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長。慶應義塾大学卒業後、久原鉱業所(現:日立鉱山)に入社。その後、大阪で紡績関係の事業を行う。大阪商工会議所会頭やジェトロ理事長を務める

杉道助の名言 一覧

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


私の会議所(大阪商工会議所)生活は、生涯を通じて一番長い仕事だろう。これは私の性格が多少世話好きなためかもしれない。まあ、少しでも人が幸せになれればと思ってやった結果が、人に世話好きといわれるほどになったわけだ。


いまから考えるとおかしな話だが、「日本には人力という大きな動力があるのに、ガスエンジンなどを取り付けるバカがいる」などと公言していた業界の先達もあったくらいだ。
【覚書き|繊維業界が手織り機から動力織機に変わりはじめた当時を振り返っての発言】


ブームの時は物が上がる一方だから商売は楽だ。会社の上役はお召の袴などはいて自動車を乗り回し、我々若いものもかなりだらけていた。この膨れ上がった取引が、戦争後の反動でグッとしぼんだのだからたまらない。
【覚書き:第一次大戦特需の好景気と、その後の反動不景気について語った言葉】


杉道助の経歴・略歴

杉道助、すぎ・みちすけ。日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長。慶應義塾大学卒業後、久原鉱業所(現:日立鉱山)に入社。その後、大阪で紡績関係の事業を行う。大阪商工会議所会頭やジェトロ理事長を務める

他の記事も読んでみる

高畑好秀

正しい行動をとれるように習慣化することが大事。素振り一つにしても、正しい動きを繰り返し丁寧に反復していくから、身につくわけです。だからボールがきたときに反射的に反応できるんです。


柚木治

ファーストリテイリングに入社した理由は、お客様に近い仕事がしたかったからです。実家が八百屋で、そこからできるだけ遠ざかろうと、でかい組織や商社マンに憧れて大学卒業後は伊藤忠商事に入社しましたが、結局、原点に戻ってきてしまいました。もう一つは本気で「日本発世界一をめざす」と掲げている会社でしたから、そのチームの一員でやりたかったのです。


藤田康人

私たちはどうしても自社の商品を絶対にいいと思い込みがちです。熱意は必要ですが、外部の人には押しつけがましいと思われかねません。客観的かつ効果的な情報を集めて、冷静に説得すべきです。


西尾末広

ヒトラーのごとく、ムッソリーニのごとく、あるいはスターリンのごとく、確信に満ちた指導者たれ。
【覚え書き|近衛文麿首相に贈った言葉】


原尻淳一

あえて何かを欠落させることが、創造のコツ。例えば、最近、日本でもブームになりつつあるモロッコのタジン鍋。モロッコでは、飲料水が貴重だったため、「食材の水分だけで調理できる方法」を考えざるを得ませんでした。水の欠落が独創的な調理法を生み出したと言えます。


坂本光司

就職を控えた若い人々にも考えてほしい。両親が喜ぶから、大学の就職相談室が勧めるから、といって安易に大企業を選んでよいものでしょうか。大切なのは、会社の業績や利益率ではなく「自分がその会社で幸福になれるかどうか」です。これまで8000社の企業を見てきた私の結論として、社員を幸せにする企業は必ず業績がついてきますから、その判断基準に間違いはないはずです。


大川隆法

仕事には熱意が大事。「あなたが成功しなかったのは、熱意が足りなかったからだ」ということです。ほとんどこれに尽きるのです。


鈴木修

景気は1、2年で上向く状況にはありません。「苦境に陥れば、陥るほど、我行かん」という心境とでも言ったらいいのでしょうか。命ある限りスズキを引っ張り続ける覚悟です。同時に、健康で体力があり突進する人を見つけて、一生懸命育てていきます。50年に及ぶ私の経験を伝えて、「伸びて縮んで、また伸びる」経営に舵を切ってほしい。ワンマン経営から、経営幹部による合議制への移行がスムーズに行われるように人を選び、健康な限り見守っていきます。


山下孝一

社長である私が真っ先に失敗しているのだから、社員に失敗するなと言っても通じません。失敗よりも出来たことを褒める。失敗に負けない、同じ失敗を繰り返さない社員を育てること。


北島素幸

俺はいまでもあの人たちみたいな仕事をしたいなぁと思っているんですよ。あの人たちのような達人に教えてもらったのは、料理には「これでいい」というのはないということだね。愛情をかけたらもっと素晴らしいものになるのだし、店をやっていれば自分のすべてを出して采配を振るえるんです。だから、人生を、もっともっと懸けなければ。
【覚書き|あの人たちとはフランス修業時代の恩師たちのこと】


佐々木かをり

たとえば、読みたい本のタイトルをメモに書いておくことはよくあると思うんですが、そのメモをなくしてしまったりするんですよね。それで、何の本だったっけ、とメモを探す。そうじゃなくて、あの本が読みたいと思ったら、いつ買うのか、いつ読むのかをその瞬間にスケジュール帳に入れてしまうんです。


佐藤益弘

投資するときに注意しなければいけないのは、景気の流れです。かつては、景気の良いときと悪いときが比較的分かりやすい形で順番にやってきましたので、一度チャンスを逃しても、また次のチャンスがやってきました。スポーツにたとえるなら攻めと守りが交互にやってくる野球型といえます。しかし現在は、いつチャンスがやってくるか分かりません。守りから急に攻めに転じなければならないこともあります。いってみればサッカー型に変化しているのです。景気の流れの変化に敏感に対応し、資産の組み替えもその時々で検討すべきでしょう。


春日一幸

明治維新前後、期せずして維新の同志が現われたように、これが正念場と思ったら、恥を知り名を惜しむ者は出会えということだ。まず動いてみなければ何も始まらない。


平石貴久

すぐに始められるウォーキングは運動の基本。私たちの筋肉の3分の2は下半身にありますが、これは上半身よりも下半身のほうが2倍のスピードで老化するということ。歩くことは下半身強化という意味で重要。また、足の筋肉は脳細胞とも密接に関係しています。ウォーキングは脳の老化も防ぐ。


高原豪久

変革には抵抗がつきものだが、なるべく抵抗が小さいうちに対処しないと、時間的にもエネルギー的にもロスが生じる。抵抗の拡大を防ぐには、周到に準備をすることが一番だ。「居合は鞘の内にあり」と言うではないか。


ページの先頭へ