名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉田裕介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉田裕介のプロフィール

杉田裕介、すぎた・ゆうすけ。日本の経営者。建築資材商社「杉田エース」社長。日本大学経済学部中退後、キョーワナスタを経て杉田エースに入社。取締役開発部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

杉田裕介の名言 一覧

効率化しつつ、サービスを充実していくことは欠かせない。


創業者が口癖のように、年商1千億と言っていたので、まずはそれを目標にしたい。そうなると、今の業態だけではなく、新たな業態を作りあげる必要がある。


当社の強みは圧倒的な全国展開、ネットワーク力だと思います。北は北海道から沖縄まで営業所を展開しています。流通センターも各地に置き、在庫を確保して、当日受注当日配達と言ったことも可能にしています。このネットワークによる対応の早さは強みだと思います。人と物を全国に配置して、スピーディーに対応できるということです。


杉田裕介の経歴・略歴

杉田裕介、すぎた・ゆうすけ。日本の経営者。建築資材商社「杉田エース」社長。日本大学経済学部中退後、キョーワナスタを経て杉田エースに入社。取締役開発部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤野清治

一番大変だったのは、父との葛藤だったように思います。父は事業拡大に厳しく、特に新しいことには慎重でした。私の労力の8割は、父の説得にあてられたといってもいいくらいです。今、創業時と従業員数で50倍、売上100倍にまでなりましたが、父から直接褒められたことは一度もありません。ただ、父は「本当によくやっている」と親戚に話しているようです。父が内心では私を認めてくれたことが、私の人生において何より嬉しいことです。


鈴木亜久里

500人規模で運営しているワークスチームに比べて、うちは100人程度。ですから、ドライバーの佐藤(琢磨)や井出(有治)には、「いままではワークスで、いわばお金持ちの子供だったわけだけど、いまは貧乏な家の子供なんだから、ないものねだりをせずに、与えられた枠のなかで最高のパフォーマンスをみせてくれ」といっています。


マザー・テレサ

大きなことを出来る人はたくさんいますが、小さなことをしようとする人はごくわずかしかいない。


古賀信行

最近は40歳を過ぎても、「まだ自分は若い」「まだ自分の順番ではない」などと悠長に構え、アクションを起こさない人が目立ちすぎます。高齢でも元気で活躍する経営者が多い今だからこそ、40代がおとなしくしていてはいけません。会社のど真ん中に座ったつもりで、本気で先のことを考えなきゃいけません。


郡昭夫

創業当時から、海外製品の品質を超えるために努力を重ねる一方で、油脂や様々な化学品へ多角化を進めるなど、チャレンジを続けてきました。現在の経営理念である「新しい潮流の変化に鋭敏であり続けるアグレッシブな先進企業を目指す」「世界とともに生きる」にも、その精神が受け継がれています。


鈴木敏文

顧客がどの商品から手に取ったか、「顧客の立場で」数字を見ることが大切です。売り手は「量を多く売りたい」と考えるため、どれが多く売れたか、売れた量に目が奪われがちです。確かに、量で見るのが一番楽です。しかし、売り手から買い手へ視点を変えると別の数字が見える。もの余りの買い手市場では、つねに顧客の立場で数字を見る視点を心がけなければなりません。


原田泳幸

売り上げの数字をキャッシュで買ってはダメ。目の前の数字をキャッシュで買うようなやり方をすると、そのお釣りが必ず何かに跳ね返ってくる。


永守重信

学ぶ機会、場所はどこにでもある。起きていることをボヤッと見過ごしてはダメだ。その裏に何があるのか、どうしてそうなるのかをいつも考えることが必要だ。


マーク・ガーゾン

私たちの意識には、いくつもの壁があります。ビジネスの世界で考えると、バージョン1.0では自分のキャリアや収入にいいことだけを考える。そうした「自己の壁」を超えた2.0では、部署やチームのことを考える。リーダーとしての意識の芽生えですね。それが、3.0では会社単位で考えるようになる。多くの企業のCEOの意識は、3.0で止まっています。会社の壁を超え、さらに国の壁も超えた利益を考える意識を、次代のリーダーとなる若いビジネスパーソンの皆さんに持ってほしい。そう強く願っています。


糸井重里

大げさな言い方かもしれませんが、(ほぼ日の事業で)共通するのは肯定感でしょうか。同じものを見て面白いと肯定するか、悲しいと否定するかは人それぞれです。僕自身は否定感を抱えている人間なんですが、振り返って「生まれてよかった」と言える人がいる社会の方が、少なくとも他人を幸せにしますよね。だから、その肯定感につながるものを提供するというのが、ベースにある気がします。


高城幸司

相手は興味があるから即断即決を迫るんです。これは貸しをつくれる機会だと思って受けるべきです。社に持ち帰って検討しますと言った時点で、ノーとは言えなくなってしまう。検討して駄目だということになれば、信用を失います。


萩原利男(経営者)

業界の常識から一歩踏み出せば、もっと簡単に、もっと効率的に物事を進められることがたくさんあるはずです。しかし業界のプロフェッショナルと呼ばれる人たちは、セオリーを無視した提案を頭から拒絶してしまいます。素人に真似できない、プロの技術を駆使したものこそ最善、と考えているのです。