名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

杉田敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉田敏のプロフィール

杉田敏、すぎた・さとし。日本の経営者、ビジネス英語教師。青山学院大学経済学部卒業後、朝日新聞の英字紙「アサヒ・イブニング・ニュース」の記者となる。オハイオ州立大学でジャーナリズム修士号を取得。その後、「シンシナティー・ポスト」経済記者、アメリカPR会社「バーソン・マーステラ」ニューヨーク本社勤務、ゼネラル・エレクトリック日本法人副社長、バーソン・マーステラ日本法人社長、電通バーソン・マーステラ副社長、プラップジャパン副社長・社長、上智大学講師などを務めた。また、NHKラジオでビジネス英会話の番組を担当した。著書に『人を動かす! 話す技術』『人を動かす!プレゼンテーション…心をとらえるコミュニケーションの技術』ほか。

杉田敏の名言 一覧

結局、場数を踏み、現場から学び取ることが最善の策。


外国語の習得は関心を持てる分野から入ることが大切です。料理が好きなら外国人向けの料理教室に入るとか、映画が好きならDVDを観るとか、何でもいいんです。自分なりの入り口を見つけてください。


語学もスポーツと同じで、地道なトレーニングを続けていくと、あるとき飛躍的に効果が上がる場面があります。少し高い負荷をかけて取り組みましょう。


語学を学ぶと思うと、肩の荷が重く感じるかもしれませんが、言語は自身の可能性を広げるための道具に過ぎません。しかし、身につければ国際社会において有力な道具となります。少しずつでいいですから、興味を持って続けられる学習法を自分なりに見つけ出してください。


語学の修得には時間がかかります。しかし、逆にいえば、時間をかけて学習を続けていけば着実に成果は上がっていきます。年に一度、TOEICや英検を受けて、自分の実力がどの程度か見極めながら、学習していくのも良いと思います。


英会話教室を選ぶときは、その人が英会話教室に通うことで、何を得たいかが重要なポイントだと思います。私が講師を担当しているNHKの「実践ビジネス英語」を例にあげると、ここで狙いとしているのは、雑談ができるレベルの英語力を養うことです。


時間を確保できなければ、何も始まりません。どのような言語も、その習得には時間とお金がかかるものなのです。15分でも20分でも、1日の中の細切れ時間を有効に使って、毎日英語の学習を続けることが大切です。


英語の教材は、書店へ行くと様々なものが売られています。一番売れているのは「やさしそう」「すぐにできそう」と思えるものだそうです。しかし、自分にやさしそうなテキストは、いくらやってもそのレベルどまりです。レベルアップは望めません。英語の教材は、ちょっと難しいかなと思えるもの、自分の実力より少し上のものを選ぶことをお勧めします。


外国語を話すことはできるけれど、書くことが苦手という人は多いですね。しかし、書いたものを見れば、その人の語学力がわかります。書くことも大切なスキルですが、これは一人では学習できません。誰かしらのサポートが必要です。会社の同僚や上司で英語が得意という人がいたら、書いたものを添削してもらうというのも手です。また、英文の添削サービスを利用するのも良いと思います。


私はかつて、J・F・ケネディの大統領就任演説を、何百回となく聞いた経験がありますが、集中して繰り返し聞くことで、英語を聞きとる耳が養われてきます。まず何も見ないで聞く。最初はまったく聞き取れなくて構いません。何度も繰り返して聞くと、次第にところどころ聞き取れるようになります。それからテキストを見て確認して、頭に入れるようにします。


語学での「聞く」学習では、集中して聞くことが大切です。英語を垂れ流しにした状態で音として英語を長時間聞いていても、あまり効果はないと思います。また、これも重要な点ですが、テキストなどに書かれたものを読みながら聞くのはよくありません。書かれた英文を観た段階で、自分なりにそれを読んでしまい、それが癖となって残る可能性が高いからです。


アメリカのビジネスパーソンは、普段はオフィスでどのような会話をしているのかな。そんな小さな好奇心をもって15分の番組を聞いてもらうだけでも、ビジネス英語の世界は、ずっと身近なものになりますよ。
【覚書き|講師を務めるNHKラジオ講座「実践ビジネス英語」の活用法についての発言】


中国語の例ですが、当社の現地駐在員で、わずか1年で現地の人も驚くほど中国語が上達した人がいます。現地の人と直接やり取りして、上達すれば褒められる。そうなるとうれしいし、面白いからますます上達していきます。ビジネスにも広がりができて、仕事にも張りが出ると彼は言います。


価値観や考え方は、国や民族だけでは到底ひとくくりにできず、フタを開けてみれば、社会的階層、世代、業種などによって多様です。相手の反応や語り口から会話術を学び、場数を重ねる。ビジネス英語を上達させるなら、こうした実地訓練を積むことが何より重要です。


アメリカ人との商談で注意したいのは、相手の住んでいる地域についての質問。日本ではそうでもありませんが、アメリカでは住んでいる場所からどの程度の階層に属しているかがだいたいわかるからです。


相手に質問を投げかけることも距離を縮めるコツです。日本人は公の場で質問するのが苦手ですが、これは失敗を恐れるからでしょう。アメリカでは「この世に馬鹿げた質問はない。あるのは馬鹿な答えだけ」という格言があるくらい、質問を奨励する文化があります。


最初の話題に一番いいのが天気の話題というのも、日米、いや世界共通です。天気ネタは誰も不快にさせず、気分を共有できる話題として古今東西で重宝されています。


アメリカ人との面談だからといって、日本と全然違うということはありません。たとえば、挨拶もそこそこに商談に入るなどというのはNG。やはり軽い雑談から入り、徐々に本題にというのは世界共通です。


杉田敏の経歴・略歴

杉田敏、すぎた・さとし。日本の経営者、ビジネス英語教師。青山学院大学経済学部卒業後、朝日新聞の英字紙「アサヒ・イブニング・ニュース」の記者となる。オハイオ州立大学でジャーナリズム修士号を取得。その後、「シンシナティー・ポスト」経済記者、アメリカPR会社「バーソン・マーステラ」ニューヨーク本社勤務、ゼネラル・エレクトリック日本法人副社長、バーソン・マーステラ日本法人社長、電通バーソン・マーステラ副社長、プラップジャパン副社長・社長、上智大学講師などを務めた。また、NHKラジオでビジネス英会話の番組を担当した。著書に『人を動かす! 話す技術』『人を動かす!プレゼンテーション…心をとらえるコミュニケーションの技術』ほか。

他の記事も読んでみる

井上高志

「上がこう言っているんだから」という言われ方をしたら、部下としては「うちの課長は現場の状況を無視して、上の判断ばかりを下に押し付けてくる。まったくやってられないよ」ということになります。上がなぜそう言っているのか、それをやるのが現場にどんなプラスの効果をもたらすのかを、部下の目の前にまで下りて、自分で噛み砕いて説明できないようでは、中間管理職失格です。


内田幸雄

世の中がこれだけ激しく動いているからこそ、会社を堅実に経営していかなければならない。


辻村直也

目指すべき道が明確になると、生き方がガラリと変わりました。


江上治

たとえば、出張の飛行機はビジネスクラスを使う。宿泊も一流ホテルを利用する。そんな自己投資をたまには経験することで、一流のサービスを知り、普段の自分とは異なる視点でものごとを考えられるようになる。


原孝(組織戦略コンサルタント)

相手がまずやったら次に自分がやるなどと躊躇しているようでは、人を動かす人物にはなれません。最初の一歩はまずあなたが踏み出すべきです。


夏野剛

社員が社内にいないことや、新しいITツールを使ってのコミュニケーションに抵抗を感じる経営層も少なくないようですが、こうした「20世紀型の労働観」を捨て去ることが、ワークスタイル変革を成功させるためには不可欠になります。


山下淳一郎

経営とは、「知る」ことではなく、「行う」こと。重要なのは「理論」ではなく、「成果を上げる」こと。


丸山健夫

ひとつインプットしたら、3つ以上アウトプットするという習慣を繰り返していけば、チャンスは確実に増えていく。どんな些細なことでもいい。行動するときはいつも3つの目的を持つことを心がけてください。


糸井重里

さほど儲からない仕事を混ぜられるのは、普段の業務でしっかり利益を出しているから。利益をきちんと出しながら、やりがいのある活動もできることこそ、今後の「企業」のあり方であり、多くの人が望む働き方。


茂木友三郎

なぜ海外進出が成功したかというと、挑戦的にやっているから。


浮世満理子

嫌いな上司から何か注意されて、逆ギレして言い返すのは正しい怒りではありません。「仕事で見返してやる」と誓うのが正しい怒り方です。


喜多恒雄

新聞を取り巻く環境が厳しいのは事実です。ですが記者の数は減っていない。むしろ私が現場にいたときより多いはずです。従業員の削減は、印刷工場などの制作部門が中心です。間接部門でも合理化を進めましたが、新聞社の一番の根幹であるコンテンツに直接関わる人員は減らしていません。