名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉浦克典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉浦克典のプロフィール

杉浦克典、すぎうら・かつのり。日本の経営者。「スギ薬局」社長。愛知県出身。岐阜薬科大学薬学部卒業後、海外留学、ジョンソン・エンド・ジョンソン勤務などを経てスギ薬局に入社。店長、営業本部長、事業本部長、取締役、常務などを経て社長に就任。

杉浦克典の名言 一覧

時代の変化に対応しながら、規模の大きい組織を運営していくのは創業者も未経験。ゼロからイチを生み出す創業時と同じくらいの情熱で取り組んでいく。


持てる力を尽くしてもうまくいかないような難しい職務を与えられ、必死にもがく中で学んできました。一人でここまで来られたわけでは決してなく、その時々で周囲にいた師と呼べる人に導いてもらいました。


創業40周年を迎えたのを機に、当時常務だった私は経営理念やビジョンを見直す仕事を任されました。わずかな言葉のニュアンスによって会社の方向性に影響を与えてしまう。プレッシャーを感じましたが、最終的に自分が考え抜いて出した答えに責任を持つという覚悟を学びました。


大学卒業後、海外留学を経て外資系企業で3年間勤務しました。外の世界を経験するよう背中を押してくれたのは母です。社会人としての基本姿勢を学んだほか、27歳でスギ薬局に入社した後、企業文化の違いを通して改善点を見つけられるようにもなりました。


高齢化が進む日本は財政の問題もあり、これまで病院で行っていたケアを自宅や高齢者施設へとシフトさせようとしています。薬剤師は調剤室から出て、患者の自宅や施設に出向くことが求められます。在宅での調剤は収益面の課題がありますが、日用雑貨の販売を組み合わせたり、得られた知見を他社との協業に活用したりするなど可能性は大きい。ビジネスとして成り立つ仕組みを考えていきたいと思います。


杉浦克典の経歴・略歴

杉浦克典、すぎうら・かつのり。日本の経営者。「スギ薬局」社長。愛知県出身。岐阜薬科大学薬学部卒業後、海外留学、ジョンソン・エンド・ジョンソン勤務などを経てスギ薬局に入社。店長、営業本部長、事業本部長、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

永山治

勝ち残るには、良いものをつくるだけでは不十分。一番に市場導入に漕ぎ着けるスピードが求められる。


W・C・フィールズ

W・C・フィールズに友人が金を借りに来た。
フィールズは言った「私の弁護士が何て言うか聞いてみるよ」
そして去り際にもうひと言「もし貸してもいいよと言ったら、別の弁護士を雇うことにするよ」


藤原和博

私は、財産があることは、金融的な信用にはつながるけれども、人としての普遍的な信用にはそこまで深く関係していないのではないか、と考えています。フランスには「ノブレス・オブリージュ(身分の高い者がそれに応じて果たすべき社会的な責任と義務)」という言葉があります。欧米の経営者や資産家が社会貢献に資金を投じるのは、そのことが、金融的な信用を超えた、自分の人生の「信用度」を上げることを知っているからでしょう。


平井政光

当社がサービスを提供する上で大事にしているのは、お客様との距離感、コミュニケーションの仕方です。私たちはプッシュ型の営業活動を行いません。電話で勧誘することなどもってのほかで、さらにメルマガなどを配信することもありません。なぜなら、投資という行為は、押し付け、売り付けられるのではなく、自己責任、自己判断で行うべきだと考えているからです。


渋谷和宏

文章上達の第一歩は、リーダーとしての文(牽引役)とフォロワーとしての文(付き従う文)に注目して読むこと。常に小段落の文頭を意識してください。まずは、これだけです。慣れてくれば、文章を書くときもその基本ルールを守ろうとしている自分に気づくはずです。


上田準二

実務にも絶対に手を抜かず、大きな仕事も取ってくる理想的な部下A君と、プライドばかり高くて実務に手抜かりが多い部下B君がいるとします。私はA・B両名を一緒に酒席へ誘い、エース社員であるA君の仕事ぶりを褒めつつも「まだまだやれるぞ、頑張れ」と叱咤激励します。今度はB君に向き直り「君はA君よりもさらに余力がある。実務をきっちりこなせればもっと伸びる。将来有望だぞ」と期待を込めて語りかけます。頭ごなしに「君はここが駄目だ」と責めるのではなく、誰もが認めるエース社員と比較することで、本人の自覚を促すのです。


村田恒夫

M&Aに関しては我々にない技術や市場を補完できる企業や事業を中心に行っています。


山田太一

良い条件がそろっている人間というのは、それだけ多くのチャンスを失っているという気がするんです。自分の中の欠点みたいなものは絶対、財産なんです。


米山久

外食とは異なる分野から人材を採用したことで、我々にはなかったアイデアや知恵が注入され、それまで自分たちでは対処できなかった課題が解消されたり、新たなサービスが生まれたりと、会社が変わっていくことが実感できました。


中村慶郎

この業界は本当に毎月のように新しいメディアやシステムが出てきます。勉強し続けないと、すぐに時代遅れになってしまう。


安田佳生

中小企業は大企業と比べてものすごくニッチなものが多くあります。ですから重要なのは、ターゲットを明確に絞り込むことなのです。


三谷宏治

32歳のとき、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の同僚であった遠藤功さんの誘いでアクセンチュアに転職しました。この転職に当時の上司らは猛反対しました。私は基本的には職人気質で、人や組織のどろどろした部分は苦手だし、好きでもないことをわかっていたからです。でも、「BCGにいたら苦手で嫌いなことをやらなくてすむ。だからこそ出よう」と考えて、転職を決めました。