名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉江理の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉江理のプロフィール

杉江理、すぎえ・さとし。日本の経営者。電動車椅子メーカー「WHILL」CEO(最高経営責任者)。静岡県出身。立命館大学経営学部卒業後、日産自動車勤務、日本語教師(中国・南京)などを経てWHILLを設立。

杉江理の名言 一覧

不確かな未来を追っていてもあまり意味はない。今熱中できそうなもの、今面白そうなものをひたすら追求することが、人生を豊かにする。


WHILLの従業員にはソニーやオリンパス、ホンダなど、日本を代表する大企業の出身者が多いんです。彼らは私と同様に、大企業での安定したキャリアではなく、製品にダイレクトに関われる喜びや、幅広い業務に携わるという個人的なやりがいを重視しています。


老後については昔も今も特に考えていません。というのも、そもそも老後まで生きているかどうかわからないじゃないですか。よくわからない未来を考えるよりも、今やりたいことをやったほうがいい。


実は僕らがアメリカに本社をつくったのは、日本で資金調達できなかったから。最終手段としてアメリカに行ったところ、ある程度の額が調達できました。


社外の活動をする社員がいてこそ会社は活性化するはず。


ものをつくりたいという気持ちはありました。ただ、それ以上に、この世界はどうなっているのかなという思いが強かった。
【覚え書き|世界を放浪した時代を振り返って】


私自身は、もうWHILLに人生をコミットしているといっていい。自分で考え、チームと働き、ユーザーを喜ばせる。非常にシンプルですよね。楽しいも苦しいも特に考えていないゾーンにはまり込んでいる。


日産での仕事と、自分の好きなものづくり。本当は両方の仕事を続けたかったんですが、最終的には外に出るという選択肢をとりました。もともと自分は自動車そのものへの興味よりも、自分がつくったものが世界中を走る、ということに強い魅力を感じていたので。


大企業の中にいると自分が歯車の一つであることを意識せざるをえませんが、ベンチャーは一人のミスで会社が傾くことがあるほど責任が大きい。あと、ユーザーとの距離が近くてダイナミック。ユーザーのリアクションがダイレクトにわかるので、エンジニアにとってはつくりがいがあるんだと思います。


僕らが会社を立ち上げた頃は日本メーカーの調子がよくなくて、若手のエンジニアがけっこう辞めているんです。それは逆に僕らにとって大きなチャンス。新しいことをやりたいというエンジニアに声をかけて、仲間になってもらいました。


今までのものはパイプでつくられていて、必要最低限の機能がついた、いかにも車椅子という乗り物でした。それに対して、僕らは車椅子という概念を超えたスタイリッシュなものをつくりたかった。それがパーソナルモビリティの「WHILL」です。


「WHILL」の試作機をモーターショーに出しました。ありがたいことに話題になって、あちこちから声をかけていただきました。ただ、このとき一人だけ、「こんなもの、もうやめてしまえ」と言ってくる方がいました。よく話を聞いてみると、「みんな夢のような試作品をつくるけれど、結局、量産化しないで終わってしまう。どうせキミたちもそうだろう。夢だけ見せるなら、最初からやらないでくれ」と言う。じつはこの言葉に思い当るフシがありました。僕は日産、内藤はソニー、福岡はオリンパスというようにみんなメーカーに勤めていたのですが、どこの会社にも試作だけして世に問わないプロダクトがたしかにあった。WHILLは、そういうプロダクトにしてはいけない。やるなら絶対に量産化しようと思って、会社組織にしました。


僕の学生時代に、小泉(純一郎)さんが靖国神社に参拝して北京が大暴動になったという報道がありました。そのときふと暴動って本当かなと疑問を抱いたんです。確かめるために自分の目で見ようと思って北京に行ってみたのですが、何も起きてない。何もなかったわけではないのかもしれませんが、街の人に聞いても、ほとんどの人は「何それ」という反応でした。このとき世界には自分で足を運んで見てみないとわからないことがたくさんあると悟りました。会社を辞めてからの3年間は、それを確かめるための旅だったと思います。


WHILLのミッションである「すべての人の移動を楽しくスマートに」を実現するためには、パーソナルモビリティの開発・販売に加えて、インフラについても考えないといけない段階に来ていると感じています。そのため、今後は2つの事業にフォーカスしていきます。1つ目はパーソナルモビリティ事業として、パーソナルモビリティの開発・販売、新機種や新しいアクセサリーの開発などを行うこと。そして2つ目はインフラモビリティ事業として、ものを販売するだけでなく本格的に自社でサービスをつくっていく。ことイメージしているのは、WHILLをシェアリングで利用し、インフラの一部とするサービスです。具体的には、車いすの介助や回収に大きな人件費がかかっている空港での自動お迎えサービスや、歩行支援モビリティサービスとしてのWHILLのシェアリングなどを構想しています。


杉江理の経歴・略歴

杉江理、すぎえ・さとし。日本の経営者。電動車椅子メーカー「WHILL」CEO(最高経営責任者)。静岡県出身。立命館大学経営学部卒業後、日産自動車勤務、日本語教師(中国・南京)などを経てWHILLを設立。

他の記事も読んでみる

諸藤周平

価格競争に巻き込まれないために、看護師のさらなる囲い込みを進めています。具体的には「日常利用サービス」を幅広く展開することで、当社サービスの看護師の利用頻度を高くすること。紹介業だけだと、弊社のサービスは転職時しか利用されない。情報過多の今、接触頻度が低いとブランド認知や集客の面で心もとない。そこで、日常的に利用するサービスを立ち上げました。


小田兼利

「PGα21Ca(納豆のネバネバ由来の水質浄化剤)」ができたとき、「日本中の自治体がとびつくはず!」。そう思ったのに、みんなデモを見て「凄い!」と言うだけ。なぜか? 取り入れるには水道協会の認可を得なきゃいけない。ようは利権を守る「関所」が立ちはだかっていたんです。憤ったよ。バカらしいと。そんなとき、タイから声がかかった。スマトラ沖地震で政府から要請があってね。「生活用水が足りない!」と。うちから8人の救援隊が行くと、フランスのものすごい浄水機械がすでに入っていました。でも電気も通ってないから動かせない。そこでうちの出番。白い粉を混ぜるだけだから大歓迎。それこそ「魔法だ!」って。このときに気づいたんだ。むしろ彼らのためにこそ我が社の仕事はあるんじゃないかと。


ムハマド・ユヌス

ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)の本質は、創造性と挑戦です。いままで誰も思いつかなかった手法で解決不可能だと思える問題にぶつかることなんです。


池上彰

諜報活動をする人たちの情報源の98%は、対象国の新聞などの公開情報です。それをどう加工するかが彼らの腕の見せ所になります。新聞などから得た複数の情報をかけあわせ、新しい視点を導き出す。その視点がインテリジェンスです。


猪瀬直樹

部下に考えさせるには日報が効果的。日報には、「今日やったこと」と「明日やること」をそれぞれ10個、箇条書きで書かせる。仕事を分解して具体化させるには、箇条書きが効果的だからです。ただし、1行か2行の文章の説明を添えさせること。今日やったことに関しては、結果を必ず書かせる。良い結果が出なかった場合は、対応策まで報告させる。「~したけど、駄目でした」は、ビジネスマンの報告として失格。「駄目だったので、~します」が正解です。このように次の一手まで含めて報告させると、明日やるべきことも自分の頭で考えられるようになります。毎日、日報のチェックをしながら指示を出せば、上司の負担も減っていきます。


立花陽三

日本とアメリカではリーグの規模もシステムもだいぶ違うので、そのまま参考にすることはできませんが、赤字球団が多い日本に比べ、メジャーリーグでは黒字が当たり前。いったいどうしているのかと、メジャー6球団の経営陣に話を聞いてきました。ビリー・ビーン氏(アスレチックスのゼネラルマネジャー)にも、少ないお金でどう効果的なマネジメントを行なうか、スカウトの際に注目すべき点などをうかがい、非常に勉強になりました。


鎌原正直

たとえ苦しくとも、挑戦できる課題があるからこそ、人も企業も成長していける。


三谷宏治

なかなか成果が出ないと、ほかにもっと自分に合った方法があるのではないかと思ってしまいます。それは実際にあるかもしれないし、ないかもしれない。結局は「青い鳥」なんです。成果を出すには、まずはひとつのことを繰り返さなくてはいけないのに、身につく前に次へ移ってしまうことが問題です。


橘玲

ちょっと残酷ですが、犬を檻に入れて、ときどき電流を流す実験があります(マーティン・セリグマンの「学習性無力感」)。ひとつの檻はボタンを押すと電流が止まるので、犬は学習してボタンを押すようになる。ところが別の檻では、ボタンを押しても電流が止まらない。するとその犬はすっかり気力を失ってぐったりと動かなくなり、刺激に対して完全に無反応になってしまう。その後、檻のドアを開けても逃げようとすらしなくなるのです。このことから、「選択肢がない」のが最大のストレスだとわかります。じつは同じことがビジネス社会にもあって、会社にしがみつかなければ生きていけなくなると、精気も気力も失ってしまうのです。


三木田國夫

取引先の満足が当社の売上高になり、利益となります。それが当社の伝統です。


青野慶久

社員の側にも、自分はこうしたい、こうしてほしいということがあるならば、包み隠さずに意思表明してもらわないと、それを実現するための施策を議論することさえできません。私は日頃からサイボウズのメンバーに、「会社のことを飲み会で愚痴るのは卑怯者だ」と釘を刺しています。モヤモヤすることや問題と感じることがあるなら、まず直属の上司に問いかけてほしい。直属の上司が動かなければ、その上の上司に。それでも変わらなければ、最終的には私に言ってほしい。陰で不平不満をこぼすのは、卑怯な振る舞いだと思うのです。


小島慶子

私は「実感」をずっと伝えたかったんですよ。でも、放送局のアナウンサーではそれがかなわない。アナウンサーは決められたことを伝えるのが仕事で、番組でその場に合った役割を演じなければいけません。バラエティー番組では意に反しても、常に楽しそうな表情をしていないとまずい。それは当然のことで、局アナでいることによって恵まれた給料と待遇を得ていたわけです。でも、やっぱり、局アナとして振る舞うことは私に向かなかった。それで退社して、ラジオパーソナリティーになったんです。