名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉江松恋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉江松恋のプロフィール

杉江松恋、すぎえ・まつこい。日本のライター、文芸評論家。東京都出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業。携帯電話メーカーを経て独立。

杉江松恋の名言 一覧

僕みたいな人間が全く文化の異なる世界に入ったら、どんなことになるのか。知らない世界に飛び込むのって不安もあるけど、ワクワクするじゃないですか。


PTA会長をやっていたときの裏テーマは、「頑張らないを頑張ろう」。僕自身頑張るのが苦手なタイプなので(笑)。どうすればみんなが疲弊しないで続けられるか、頑張らないで済む方法を工夫しました。


PTA会長をやってみて一番よかったなと思うのは、自分が大きく変われたこと。PTAって親にも成長する機会を与えてくれるんです。チームプレイが苦手だった僕が3年間会長を経験したことで、地域に知り合いがたくさんできたし、いろんな立場を理解することを学んだ。この歳になって成長できるって嬉しいじゃないですか。大変なことも多かったけど、結局は楽しいからやれたんだと思う。


杉江松恋の経歴・略歴

杉江松恋、すぎえ・まつこい。日本のライター、文芸評論家。東京都出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業。携帯電話メーカーを経て独立。

他の記事も読んでみる

原田武夫

ルールを決める交渉で自分が100%取ろうとすると失敗します。これは日本人にありがちな行動パターンです。欧州や米国は、勝者以外の国にも分け前を与える。すると、みんな文句を言わない。ライバルに勝つといっても、相手を打ちのめせばいいという発想ではなく、一見したところ、みんなのためにこれをやるんだよと定義するところが重要です。


奥島孝康

生徒と教師の間に「こころの共鳴・共振」がなければ、知識は血の通った活きた知識とはならない。


山本梁介

ビジネスホテルの経営も始めたとき、最初は水俣や倉敷、宇部などの工業地帯。アメリカに研修旅行に行った際、工業地帯にホテルがあることに気づいたからです。不思議に思って調べてみると、工業地帯には出張や営業の人がたくさん来るので、ホテルに対する需要があることが分かりました。


吉田洸二

普段はレギュラーよりも控えの選手とコミュニケーションを多くとるように心がけています。


泉谷しげる

情報化社会とか騒いでるけどさ、ただの「情報過多社会」ですよ。普通に生活するのに、どれだけの情報が必要なんだよ。最新の情報を誰よりも早くとらなきゃという強迫観念に駆られているだけに見えるよな。


深谷かほる

ストーリーものを描くのは楽しいんです。でも、1話のうち1か所、読者の方の心に残ればいいなと思っていて、それができればそこに至る過程は全部省けてしまうのではないかと。


冨安徳久

名証一部に上場した時は、東海圏初の葬祭企業の上場だったにも関わらず、周囲は無反応でしたが、東証一部に指定替えした途端、批判していた人たちからも「有言実行」と賞賛されました。内心誇らしい気持ちもありましたが、前を見据え「これは通過点です。目標は全国制覇」と宣言しました。


中竹竜二

リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


石原壮一郎

ウソは社会の潤滑油でもありますが、グローバル化が叫ばれる昨今、若者がウソの使い方ばかり上達してもニッポンのためになりません。安直なウソをつくと痛い目に遭うと教えてあげるのも大人の優しさです。


榎本博明

「そろそろ取りかかったほうがいい」「今日はここまで進めなさい」と上司がすべて指示すると、部下は自律的に時間を管理する力が身につきません。一週間などとスパンを決め、そのあいだは本人に仕事の進め方を任せ、上司が進捗の確認や指示出しをするのは週に一度の打ち合わせだけにする、といったやり方が適切でしょう。


秋山剛

我々日本人はお世辞が得意であるにも関わらず、褒めるのが苦手です。「素晴らしい方ですね」というような誰にでもあてはまるお世辞は言えるのですが、「君のあのときの発想は素晴らしかった」といった、その人らしさをたたえる褒め言葉がなかなか口から出てこないのです。だけど、褒め言葉は意識して口にした方がいい。そうすれば地味な仕事に向かっている部下も、上司は自分の働きを見てくれているんだなということがわかり安心して仕事に向かうことができます。


西浦三郎

(海外進出は)日本国内でやることがないなら検討しますが、まだまだやることがあると考えています。まだ発表はしていませんが、日本橋にアクティブシニア向けの会員制サロンをオープンする予定です。このように、国内で成長させることのできる事業はいくらでもある。まずはそこを攻めていきます。