名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉江俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉江俊彦のプロフィール

杉江俊彦、すぎえ・としひこ。日本の経営者。「三越伊勢丹ホールディングス」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊勢丹に入社。伊勢丹執行役員営業本部MD統括部食品統括部長、三越伊勢丹ホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

杉江俊彦の名言 一覧

最初に嫌なことをやっちゃえば、あとのことは楽になる。先に嫌なことをやろう。そういう意味では昨年だいぶ片付いたんですけど、まだあります。


(構造改革で)やることは、当たり前のことばかり。私の役目はそこまでの会社の体力をつくること。同時に次に向けた準備をちゃんと進めていく。


構造改革でやるべきことは、まだまだありますよ。大小取り混ぜて。とにかくもう役員クラスには嫌なことから先にやろうよと言っています。嫌な順番にやっていきます。


二極化した購買行動が、世界的に出てきています。「何か買うならいいモノを買う。いいものでなければできるだけ安く」と考える人が増えています。中間価格帯で勝負をしても、もう駄目。本当に売れなくなっている。中間は駄目ですね、そこは捨てていかないといけない。


札幌や福岡、新潟みたいに、同じ地域に三越伊勢丹グループが重複して出店しているところがあります。グループ内で競合してもしょうがないので、ここもモデルを変えて、競合しないようにしないといけません。


当社には、指名報酬委員会があります。委員長を含むメンバーの過半を社外取締役が占めます。社長が急に倒れるか、不祥事で辞任した時に、誰を後継にするかは実は決まっています。当時は、たまたま私がその序列の一番上だったので急遽社長に就任することになりました。社長になってからそれを知ったんですけどね。


地方都市の(百貨店業態としての)地域2番店は今のままでは絶対にもう無理なので、ビジネスモデルを変える。変えても駄目なら閉めなきゃいけない。でもやっぱり一度変えてみることに挑戦しないといけない。既存の百貨店業態から街のニーズに合わせて変えていきたい。そういう形でモデルチェンジできればいいですし、それができなければ、もう仕方ないですね。


愛媛県松山市の三越店舗は、今厳しい状況にあります。しかし店舗の周りを見ると観光の中心になっている。周りには日本人観光客、それからインバウンドの観光客、そして地元の人たちも集まってきています。そうすると、今の中途半端な百貨店業態ではなく、飲食とか、いわゆるイートインみたいな気楽にお茶を飲めるところや地元のお土産物とか、そういうものがすごく求められている。


槍田松瑩さん(三井物産元社長)、永易克典さん(三菱UFJフィナンシャル・グループ元社長)、井田義則さん(いすゞ自動車元社長)が社外取締役を続けています。お三方とも、ご自身の企業が困難な時に立て直しをされた方なんですね。企業再建に関して、ものすごく知識をお持ちなので、いろいろなアイデアを頂いています。最初に3人に言われたのは、「とにかく構造改革しろ、徹底的にリストラクチャリングをやりなさい。中途半端は駄目だ」とかなり厳しく言われました。


中間価格帯で勝負をしても、もう駄目です。昔、売れていたものが本当に売れなくなっている。たとえばかつて若い女性が買うハンドバッグは5万~6万円ぐらいでした。だけど今の若い方は、もうそんなのは全然、見向きもしません。1000円でもいいから安いものを買う一方、おしゃれをしたいときは高いものを買います。高いものを買えない人は、「メルカリ」や「ヤフオク」で中古のブランド品でいいものを買う。そういう消費構造になってきました。ここはどんどん加速していくので、中間価格帯にしがみついていると、我々もどんどんシュリンク(縮小)する。だから上の価格帯をきちんとやろうとしています。


今までずっと長くやっているからなかなか手を着けられなかったことを、社外取締役の強い後押しもあって、もうここで思い切って一気にやろう。社長が代わったタイミングじゃないとできないと思って、かなり踏み込みました。3月に閉店した伊勢丹松戸店は40年間ずっと不採算でした。同時期に株式を売却したスーパーのクイーンズ伊勢丹も、債務超過で3回も増資していました。婦人服専門店のマミーナも同様です。何回も債務超過と増資を繰り返していました。これはもう前体制というより、ずっと前から積み残してしまった課題です。


杉江俊彦の経歴・略歴

杉江俊彦、すぎえ・としひこ。日本の経営者。「三越伊勢丹ホールディングス」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊勢丹に入社。伊勢丹執行役員営業本部MD統括部食品統括部長、三越伊勢丹ホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林康史

人づき合いをするうえで、まず必要なのは相手を好きになること。嫌っている人とつき合っても、じつは相手も自分のことを嫌っている、というケースが多い。


大橋巨泉

仕事がうまくいかなくなると充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろ?馬鹿なんだよね。だってよく考えてごらん。電気カミソリの電気がきれてから充電しても間に合わないんだよね。


関根勤

もともとプロのお笑い芸人になるなんて思ってなかったんです。そんな素人がいきなりテレビという舞台に立たされる。もう毎日が公開修業みたいなもんでしたよ。街でちょっとケンカが強かったやつが、いきなりプロだらけのリングに上げられて、負け続けながら鍛え上げられて……という感じでしたよ。


渡瀬謙

売ろうと焦るから、営業の仕事に抵抗を覚えるのです。営業マンの仕事は、売ることよりむしろ、顧客の決断を後押しすることです。「この商品にはこういう難点もありますが、こういう良い点がありますよ」と、相手の決断につながるように要点を整理してあげれば、自然と営業は上手くいきます。


森川亮

どんな働き方をするにしろ、人生の最期に幸せだったと思いたいものです。幸せのバロメーターは、死ぬ瞬間に後悔しないかどうかだと思います。仕事で大きな結果を出せなくても、出世できなくても、自分がコミットしたコミュニティーに何らかの貢献をし、それがコミュニティーの人たちから喜ばれるような生き方が望ましい。会社にも家庭にも社会にも貢献せず、自分一人で好きなことをして孤独に死ぬというのは、あまり幸せではなさそうです。自分が関わったコミュニティーの人たちを笑顔にできれば、幸せになれるでしょう。皆さんと周囲の人たちが幸福になることを願っています。


蛭子能収

オレね、マジメなんですよ。高校を出て長崎の看板店に就職したときも、東京に出てきてチリ紙交換やダスキンで働いていたときも、マジメだからまわりに好かれて。仕事を辞めるとき、どこでも残念がられましたから。「えっ! 蛭子くん、辞めないでよ」って。40代は、テレビという思いもしなかった世界に組み込まれ、「あれよあれよ」という間に流されていったような感じですけど、なんとか乗り切れたのはマジメだったからじゃないでしょうか。気が小さくて、頼まれると断れないというところもあるけど、よく上の人の言うことを聞きますから。見てますよ、上の人って。たとえば、上の人が部下を抜擢しようと考えたら、仕事の能力に大差がなかったら、まずマジメな人から選ぶと思います。


石塚しのぶ

仕事という言葉の定義を変え、より幸せな世の中づくりに貢献することがリーダーの務め。


木暮栄一

全員がそれぞれの作る曲に理解はできないけど、その設計図通りに作ってみようと取り掛かるから、うちのバンドは変な曲が多いんです(笑)。


小原誠

探偵歴40年余の経験から言うと、騙されやすい人には共通した傾向がある。人がよくて、他人を疑わず、頼まれたら嫌とはいえない。こういうタイプが多い。


熊谷正寿

成長する事業と成長出来ない事業は最初から決まっています。そこに気付くのも社長の素質で、その後は経営者の手腕です。たとえば、どんなに良い内容のビジネスでも、スポット型とストック型の事業を比べると、スポット型はなかなか成長しません。また、良い商売は限られていて、誰もがそこに群がりますが、誰よりも良いサービスをつくらなければなりません。見つける能力と、一番お客さんに喜んでもらう能力、この両方が経営者には必要です。


畑村洋太郎

見学時は、メモをほとんど取りません。印象記(見学後に印象に残った出来事を書く記録)を書くのも、見学のあと一週間から10日経ってからです。記録が目的のひとつであるのに、なぜメモを取らないかというと、メモしなければ忘れてしまうような情報は、それほど価値のある情報ではないからです。逆にいうと、問題意識をもって観察すれば、必要な情報は時間を経ても頭に残っているはずです。残った材料だけで、十分に知見を深められます。


小山龍介

仕事で成功している人は、仕事の改善そのものを大いに楽しんでいます。努力などと重く考えずに、仕事に夢中になれる仕組みづくりにも、楽しみながら取り組んでほしいと思います。