名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

杉江俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉江俊彦のプロフィール

杉江俊彦、すぎえ・としひこ。日本の経営者。「三越伊勢丹ホールディングス」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊勢丹に入社。伊勢丹執行役員営業本部MD統括部食品統括部長、三越伊勢丹ホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

杉江俊彦の名言 一覧

最初に嫌なことをやっちゃえば、あとのことは楽になる。先に嫌なことをやろう。そういう意味では昨年だいぶ片付いたんですけど、まだあります。


(構造改革で)やることは、当たり前のことばかり。私の役目はそこまでの会社の体力をつくること。同時に次に向けた準備をちゃんと進めていく。


構造改革でやるべきことは、まだまだありますよ。大小取り混ぜて。とにかくもう役員クラスには嫌なことから先にやろうよと言っています。嫌な順番にやっていきます。


二極化した購買行動が、世界的に出てきています。「何か買うならいいモノを買う。いいものでなければできるだけ安く」と考える人が増えています。中間価格帯で勝負をしても、もう駄目。本当に売れなくなっている。中間は駄目ですね、そこは捨てていかないといけない。


札幌や福岡、新潟みたいに、同じ地域に三越伊勢丹グループが重複して出店しているところがあります。グループ内で競合してもしょうがないので、ここもモデルを変えて、競合しないようにしないといけません。


当社には、指名報酬委員会があります。委員長を含むメンバーの過半を社外取締役が占めます。社長が急に倒れるか、不祥事で辞任した時に、誰を後継にするかは実は決まっています。当時は、たまたま私がその序列の一番上だったので急遽社長に就任することになりました。社長になってからそれを知ったんですけどね。


地方都市の(百貨店業態としての)地域2番店は今のままでは絶対にもう無理なので、ビジネスモデルを変える。変えても駄目なら閉めなきゃいけない。でもやっぱり一度変えてみることに挑戦しないといけない。既存の百貨店業態から街のニーズに合わせて変えていきたい。そういう形でモデルチェンジできればいいですし、それができなければ、もう仕方ないですね。


愛媛県松山市の三越店舗は、今厳しい状況にあります。しかし店舗の周りを見ると観光の中心になっている。周りには日本人観光客、それからインバウンドの観光客、そして地元の人たちも集まってきています。そうすると、今の中途半端な百貨店業態ではなく、飲食とか、いわゆるイートインみたいな気楽にお茶を飲めるところや地元のお土産物とか、そういうものがすごく求められている。


槍田松瑩さん(三井物産元社長)、永易克典さん(三菱UFJフィナンシャル・グループ元社長)、井田義則さん(いすゞ自動車元社長)が社外取締役を続けています。お三方とも、ご自身の企業が困難な時に立て直しをされた方なんですね。企業再建に関して、ものすごく知識をお持ちなので、いろいろなアイデアを頂いています。最初に3人に言われたのは、「とにかく構造改革しろ、徹底的にリストラクチャリングをやりなさい。中途半端は駄目だ」とかなり厳しく言われました。


中間価格帯で勝負をしても、もう駄目です。昔、売れていたものが本当に売れなくなっている。たとえばかつて若い女性が買うハンドバッグは5万~6万円ぐらいでした。だけど今の若い方は、もうそんなのは全然、見向きもしません。1000円でもいいから安いものを買う一方、おしゃれをしたいときは高いものを買います。高いものを買えない人は、「メルカリ」や「ヤフオク」で中古のブランド品でいいものを買う。そういう消費構造になってきました。ここはどんどん加速していくので、中間価格帯にしがみついていると、我々もどんどんシュリンク(縮小)する。だから上の価格帯をきちんとやろうとしています。


今までずっと長くやっているからなかなか手を着けられなかったことを、社外取締役の強い後押しもあって、もうここで思い切って一気にやろう。社長が代わったタイミングじゃないとできないと思って、かなり踏み込みました。3月に閉店した伊勢丹松戸店は40年間ずっと不採算でした。同時期に株式を売却したスーパーのクイーンズ伊勢丹も、債務超過で3回も増資していました。婦人服専門店のマミーナも同様です。何回も債務超過と増資を繰り返していました。これはもう前体制というより、ずっと前から積み残してしまった課題です。


杉江俊彦の経歴・略歴

杉江俊彦、すぎえ・としひこ。日本の経営者。「三越伊勢丹ホールディングス」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊勢丹に入社。伊勢丹執行役員営業本部MD統括部食品統括部長、三越伊勢丹ホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

自己啓発書は答えを考えるきっかけを作る本。読む時も読み終わった後も、「何のために生きるのか」「何のために働くのか」と自分に問いかけよう。


籾井勝人

良い会社とそうでない会社の違いは、社員一人ひとりに自主性があるかないか。


伊井哲朗

チャンスはいつ来るのかわからない。たとえは、5年後に海外に行くために英語を毎日1時間勉強するという準備をしていて、半年後に海外赴任の話が来たらどうするんですか? 5年後という計画が、5年間は動かないという安心につながるなら意味がありません。


藤田晋

ピンチの時の対処の仕方で、その人の真の実力が分かるもの。評価する側は、そこをしっかり見ています。


野田一夫

上司は命令を部下に与えるけれども、その与え方が大事だと思う。方針を示し、それをやるためには自分はこう思うが、君たちはどう思うかと問いかける。そうすれば部下は育つ。


立花陽三

選手の査定では、評価項目をできるだけ細かく数値化しています。たとえば打者なら、打撃に関する項目だけでも30は下りません。細かいほど特定の人の主観を排除し、フェアネスを担保できると考えるからです。


高倉豊

私はプロジェクトが終わると、どれほどいい結果が出たものでも一度忘れることにしている。景気がよくて売上が伸びているときは、成功した戦略を繰り返す意味があったかもしれない。しかし、成熟市場では過去の成功事例が通用しない。むしろ発想を狭めることにつながるので、意識的に忘れたほうがいい。


宮内義彦

私は常々社員に「すべてに手を挙げろ」と言っています。まずあらゆることに興味を示すこと。よく吟味して、ビジネスとして折り合わなければやらなければいい。一番よくないのは、何もやらないことだと口を酸っぱくして言っています。


永持孝之進

食品に関しては、今まで世の中になかつたものが売れたためしはなく、古いものを見直してちょっとした差をつけることがコツ。これがいわゆるベター・アンド・ディファレンスです。


井上愛一郎

大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


石川康晴

新しい事業を次々と立ち上げる人に共通するのは、「信念」や「情熱」が強いこと。


鈴木喬(経営者)

マーケティングのデータは、アイデアが有効かどうかの裏付けの一つにはなりますが、データからアイデアが生まれるわけではない。