名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

杉江俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉江俊彦のプロフィール

杉江俊彦、すぎえ・としひこ。日本の経営者。「三越伊勢丹ホールディングス」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊勢丹に入社。伊勢丹執行役員営業本部MD統括部食品統括部長、三越伊勢丹ホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

杉江俊彦の名言 一覧

最初に嫌なことをやっちゃえば、あとのことは楽になる。先に嫌なことをやろう。そういう意味では昨年だいぶ片付いたんですけど、まだあります。


(構造改革で)やることは、当たり前のことばかり。私の役目はそこまでの会社の体力をつくること。同時に次に向けた準備をちゃんと進めていく。


構造改革でやるべきことは、まだまだありますよ。大小取り混ぜて。とにかくもう役員クラスには嫌なことから先にやろうよと言っています。嫌な順番にやっていきます。


二極化した購買行動が、世界的に出てきています。「何か買うならいいモノを買う。いいものでなければできるだけ安く」と考える人が増えています。中間価格帯で勝負をしても、もう駄目。本当に売れなくなっている。中間は駄目ですね、そこは捨てていかないといけない。


札幌や福岡、新潟みたいに、同じ地域に三越伊勢丹グループが重複して出店しているところがあります。グループ内で競合してもしょうがないので、ここもモデルを変えて、競合しないようにしないといけません。


当社には、指名報酬委員会があります。委員長を含むメンバーの過半を社外取締役が占めます。社長が急に倒れるか、不祥事で辞任した時に、誰を後継にするかは実は決まっています。当時は、たまたま私がその序列の一番上だったので急遽社長に就任することになりました。社長になってからそれを知ったんですけどね。


地方都市の(百貨店業態としての)地域2番店は今のままでは絶対にもう無理なので、ビジネスモデルを変える。変えても駄目なら閉めなきゃいけない。でもやっぱり一度変えてみることに挑戦しないといけない。既存の百貨店業態から街のニーズに合わせて変えていきたい。そういう形でモデルチェンジできればいいですし、それができなければ、もう仕方ないですね。


愛媛県松山市の三越店舗は、今厳しい状況にあります。しかし店舗の周りを見ると観光の中心になっている。周りには日本人観光客、それからインバウンドの観光客、そして地元の人たちも集まってきています。そうすると、今の中途半端な百貨店業態ではなく、飲食とか、いわゆるイートインみたいな気楽にお茶を飲めるところや地元のお土産物とか、そういうものがすごく求められている。


槍田松瑩さん(三井物産元社長)、永易克典さん(三菱UFJフィナンシャル・グループ元社長)、井田義則さん(いすゞ自動車元社長)が社外取締役を続けています。お三方とも、ご自身の企業が困難な時に立て直しをされた方なんですね。企業再建に関して、ものすごく知識をお持ちなので、いろいろなアイデアを頂いています。最初に3人に言われたのは、「とにかく構造改革しろ、徹底的にリストラクチャリングをやりなさい。中途半端は駄目だ」とかなり厳しく言われました。


中間価格帯で勝負をしても、もう駄目です。昔、売れていたものが本当に売れなくなっている。たとえばかつて若い女性が買うハンドバッグは5万~6万円ぐらいでした。だけど今の若い方は、もうそんなのは全然、見向きもしません。1000円でもいいから安いものを買う一方、おしゃれをしたいときは高いものを買います。高いものを買えない人は、「メルカリ」や「ヤフオク」で中古のブランド品でいいものを買う。そういう消費構造になってきました。ここはどんどん加速していくので、中間価格帯にしがみついていると、我々もどんどんシュリンク(縮小)する。だから上の価格帯をきちんとやろうとしています。


今までずっと長くやっているからなかなか手を着けられなかったことを、社外取締役の強い後押しもあって、もうここで思い切って一気にやろう。社長が代わったタイミングじゃないとできないと思って、かなり踏み込みました。3月に閉店した伊勢丹松戸店は40年間ずっと不採算でした。同時期に株式を売却したスーパーのクイーンズ伊勢丹も、債務超過で3回も増資していました。婦人服専門店のマミーナも同様です。何回も債務超過と増資を繰り返していました。これはもう前体制というより、ずっと前から積み残してしまった課題です。


杉江俊彦の経歴・略歴

杉江俊彦、すぎえ・としひこ。日本の経営者。「三越伊勢丹ホールディングス」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊勢丹に入社。伊勢丹執行役員営業本部MD統括部食品統括部長、三越伊勢丹ホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

レオナルド・ダ・ヴィンチ

シンプルさは究極の洗練である。


清水祐孝

コールセンターにおいても、相談内容は「~をください」というような画一的なものではありません。しきたりや宗派が違うので、内容は多岐にわたります。そのため、コールセンターを外注することもできず、自社で対応していますが、そのおかげでノウハウがどんどん蓄積されていきました。このことも、気づいたら大きな強みとなっていました。


梅崎春生

近頃の若い者云々という中年以上の発言は、おおむね青春に対する嫉妬の裏返しの表現である。


桜井正光

まずとにかくやってみようじゃないかという姿勢が求められる。やればやっただけのリアクションがお客様から、あるいは開発の結果から必ず返ってくる。つまり、仮説を立てて検証していくトライ・アンド・エラーというやり方ですね。そういった行動様式を社員一人ひとりが身につけなければいけない。


宮沢俊哉

すぐにスピーチが上達したわけではありません。上手くいかない状態が続き、出口のないトンネルを走っているようでした。しかし、そうやって試行錯誤を繰り返すうちに、最初のうちは講演するのに三カ月も前から準備が必要でしたが、いまでは当日の準備だけでも、多少なりとも自分の思いを伝えられるようになりました。


塚田正由記(塚田正之)

私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


高田明(ジャパネットたかた)

私は20数年間、食事時間は常に10分、社長室は1回しか使っていません。本当にそれくらい、ずっとスタジオに立ち続けたのです。どうすれば皆さんに商品の魅力が伝わるか、お客様目線で試行錯誤し続けました。だからこそジャパネットは皆さんにご支援いただけたのだと思います。


ロバート・キヨサキ

私にも恐怖心はあり、それと毎日闘っている。いまもある取引の売り込みをロサンゼルスのテレビ局に行ってやっているけど、それだってうまくいかないかもしれない。だが、この話は失敗したくないと思っている。負けるかもしれないと思うと行きたくなくなる。でも行かなければ勝つこともできないし、社員だって守れないからね。


上野金太郎

僕自身、営業を皮切りに、広報やって、ドイツへ行って、社長のアシスタントやって……。とにかくいろいろなセクションを回されましたが、無駄になった仕事はひとつもありません。後になって必ず役に立つ場面があるのです。


宇野康秀

世の中に対する新しい価値をつくっていかなければ、企業の存在意義もなければ、自分の存在意義もない。


落合務

僕が初めてシェフを任されたグラナータがオープンした当時、僕が現地で学んできたイタリア料理はまったく受け入れてもらえませんでした。オーナーは「いつかわかってもらえる」と方針を曲げませんでした。「外国の料理なんだから、日本のものと違って当然だ」と言ってくれたのです。とはいえ、お客さんが入らなくてはどうしようもない。つらくて胃潰瘍を数回患いました。「もう辞めよう」と1日に100回は思っていました。でも辞めなかったのは、オーナーに対する恩義がひとつ。それとここで辞めてしまったら、きっと自分が駄目になってしまうと思ったからです。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

プロになれるヤツって、そのときのことを先送りにしないヤツなんですよ。「1年後になったら、もっとよくなるかな」とかってと思ってると、そんなことないんだよね。すぐ描け、持ち越さないで。いま描けることは、いまの力しかないんで。