名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉本隆一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉本隆一郎のプロフィール

杉本隆一郎、すぎもと・りゅういちろう。日本の経営者。「リンクトイン・ジャパン」社長。上智大学卒業後、タイタス・コミュニケーションズ(のちのジュピターテレコム)、MTVジャパン、楽天などを経てリンクトイン日本法人立ち上げに参画。人事責任者などを経て社長に就任。

杉本隆一郎の名言 一覧

自分の意見は一旦はじに置き、まずは相手がどう考えているかを優先して聞くようにする、「複眼思考」を意識してきた。


立ち上げから日が浅いスタートアップのタイミングでは、絶対に仕事を妥協しちゃいけない。


精神面では、やはりとことん自分を追い込むということは意識しています。後で「あのとき、あそこまでやっておけばよかったな」と後悔したくないので。


我々のミッションは、世界中のビジネス・プロフェッショナルの生産性を高め、成功させること。


いつ、どんなことをお客様や社内の関係者に聞かれても対応できる知識を常に持っておくため、チーム内で情報共有は徹底させています。


「何かを読みに来る」「情報を探しにくる」という漠然としたものではなく、「訪れるときちんと何かしらの成果につながる」とユーザーに実感してもらえるのが強み。


とにかく地道にやって来たという印象で、ビジネスにおける大きなターニングポイントは思い浮かびませんね。どの分野にも平均して取り組み、皆様のご理解もあって順調に成長して来られたのだと思います。


現在はエンタテインメント系やビジネス系など様々なオンラインサービスが出て来ているので、欲を言えば、そうした新しいものを一通り触っておきたいです。ユーザーにとって何がどれだけ面白く、それを手がける会社はどうやってマネタイズしているのかが、気になりますね。


年賀状の最も重要な役割は、この「私はあなたのことをちゃんと認識していますよ。忘れていませんよ」とアナウンスすることだと考えています。言い方を変えれば、年賀状はお互いの人間関係を継続していく意思表示の一つです。


前職の楽天で、仕事を120%やっていたつもりでいたのに「やり切れていない。150%やってみて、結果がそこまで届かなくても、100%は絶対割るな。それができるまでやり切れ」と上司に指摘されて。そこまでやることの是非はともかく、「どんな仕事もとことんやる」という信念は身に付きました。


これまで「ビジネスに特化したサービス」という軸をブレさせることなくやって来たので、ユーザーは「用途や目的がわかり易い」と感じてくれているようです。デジタルサービスには流行り廃りがありますが、「何をしたいのか」「何を求めているのか」を明確にする「ユーザーファースト」の立ち位置を、評価していただいているのだと思います。


社会に出て初めて入った会社では、「中途半端な仕事をしない」という精神を叩き込まれました。人事マンが仕事で相対する社内の人たちは、だいたい自分よりもポジションが上の人が多い。なので上司からは、厳しく言われました。「同期の営業担当らと同じ目線で相手に接するな。社内の部長や本部長が君のお客だから、彼らと同じ目線に立って話すようにしろ。新人のつもりで仕事をしたら、人事の顔を汚すぞ」と。


関係を継続するには、自分の状況をアップデートして相手に知らせておくことが必要です。そういった意味で、年に一度、押し付けがましくなく現状を伝えることができる年賀状は、貴重なコミュニケーションツールですね。実際、私も年賀状でだけつながっている人がいます。こういった言い方をすると、少しネガティブに捉えられるかもしれませんが、その人は、一度深く仕事をすることでお互いを理解し合えたからこそ、年賀状のやりとりでもしっかりとした関係が続けられている。


会社で印刷した年賀状にありきたりの挨拶が書かれた年賀状には、正直、感じるものが何もない。同じ一言のメッセージでも、共通のエピソードや仕事上のトピックなどが書かれていると「私のことを想像して書いてくれたのだな」と温かい気持ちになる。仕事の相談をするなら、そんな人にお願いしたい。中には、「字が汚いから、手書きのメッセージは苦手」という人もいるかもしれません。でも、丁寧に書かれていたら気にならない。むしろ、そこから人となりが伝わってきます。


世の中のコミュニケーションは、どんどんデジタルに寄ってきています。それは、簡単に数多くの人にメッセージを送れるということ。だからこそ、相手の印象に残るプラスアルファが必要です。そこで有効なのがアナログの持つ温かみ。例えば、メールでコンタクトを増やしていき、手書きのお礼状で差別化するといった方法などは、有効なのではないでしょうか。手書きって大変なものですから、そこまでしてくれる人には、何かを返してあけたいという印象を持ちます。


杉本隆一郎の経歴・略歴

杉本隆一郎、すぎもと・りゅういちろう。日本の経営者。「リンクトイン・ジャパン」社長。上智大学卒業後、タイタス・コミュニケーションズ(のちのジュピターテレコム)、MTVジャパン、楽天などを経てリンクトイン日本法人立ち上げに参画。人事責任者などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩村水樹

仕事と子育ての両立は確かに大変で、両方を完璧にすることはできません。もっと時間があれば……と思うこともしばしばあります。でも、できなかった小さい部分を虫眼鏡で見て自分を責めるのではなく、俯瞰して自分を見て、そうありたい人生を歩んでいるかを確かめ、自分を褒めるようにしています。


野村克也

リーダーは誰よりも自分を磨いておく必要がある。組織は、リーダーの力量以上に伸びない。いくら相手の耳を開かせる技術や工夫をこらしても、話す内容や話す者の人間性が低いレベルであれば誰が聞く。発するひと言が、胸を打つような中身がなければ、とうてい人の上に立つ者として信用されない。


作山若子

中小企業の経営者やマネージャーの方々に、オフィスコーヒーをご案内する仕事だったのですが、私は営業の「エ」の字もしらない状態でした。社長室の革張りのソファーにちょこんと座って社長を待ったり、名刺の受け渡し方がおかしかったりして、毎日のようにお客様からお叱りを受けていました。いま振り返ると、顔から火が出るような思い出もありますが、逆に叱咤されつつも面倒を見ていただき、より良い関係を築けました。
【覚書き|ユニマットで営業をやり始めた当初を振り返っての発言。のちに彼女は全国1位の営業成績を出すまでになった】


鹿島守之助

事業成功の秘訣20か条

  1. 「旧来の方法が一番いい」という考えを捨てよ。
  2. 絶えず改良を試みよ、「できない」と言わずにやってみよ。
  3. 有能な指導者をつくれ。
  4. 人をつくらぬ事業は滅ぶ。
  5. 「どうなるか」を研究せよ。どうにかなるという考え方、すなわち東洋人の宿命観を捨てること。
  6. 本を読む時間を持て。
  7. 給料は高くせよ。
  8. よく働かせる人たれ。
  9. 賞罰を明らかにせよ。
  10. なるべく機械を使うこと。
  11. 部下の協力一致をはかれ。
  12. 事業は大きさよりもつり合いが肝心。
  13. 何よりもまず計画。
  14. 新しい考え、新しい方法の採用を怠るな。
  15. 独りよがりは事を損ず。
  16. イエスマンに取り巻かるるなかれ。
  17. 欠陥は改良せよ。
  18. 人を恨まず突進せよ。
  19. 無駄を見つける目を開け。
  20. 仕事を道楽とせよ。

ベンジャミン・ディズレーリ

青年の失敗は、壮年の勝利や、老年の成功より好ましい。


藤森義明

あるときジャック・ウェルチが、マネジャーの評価基準についてこんなことを話していました。「マネジャーのAさんは、彼自身の実力は大したことがないが、周りに彼よりも優秀な部下をたくさん集めて、仕事をしている。彼こそ優れたリーダーだ。この会社のすべてのリーダーは彼のようになってほしい」と。これを聞いて、私は、確かにそうだなと思いました。人間誰でも、お山の大将でいたい気持ちがあると思うんです。だから自分より能力の高い人を周りに置きたがらない。上から目線で批判して、安穏としているわけです。しかし、こんなチームが挙げられる成果など、たかが知れています。


大坪勇二

営業というのは、自分のマーケットの中でダイヤモンドのような人脈にどれだけ短い時間で到達するかの競争。


八代英輝

問題が大きくなる前に、早い段階で芽を摘む、という意識を持つことが重要。


嶺脇育夫

「音楽が好き」ではダメ。もっともっと好きにならなければいけないし、仮に嫌いなジャンルがあっても、好きになる努力を続けることが求められる。個人的な「好き」と、仕事の成果につなげられる「好き」は全然違うんです。


鈴木喬(経営者)

マーケティングのデータは、アイデアが有効かどうかの裏付けの一つにはなりますが、データからアイデアが生まれるわけではない。


岡本吏郎

世の中の儲け話に乗せられてもロクなことはありません。むしろ「自分は何が得意なのか」。そう静かに自問したほうが、自分が得意であり、成功できる仕事が見えてくるはず。


西成活裕

タスクの優先順位の尺度は2つ。1つは言うまでもなく「重要度」です。そしてもう1つは、「所要時間」。「結論を出すまで何分かかる?」と考えることです。よく使われる「緊急度」という尺度よりも、確実に数量で測れるので、スケジューリングしやすいでしょう。