名言DB

9412 人 / 110637 名言

杉本良明の名言

twitter Facebook はてブ

杉本良明のプロフィール

杉本良明、すぎもと・よしあき。日本の心理カウンセラー、コミュニケーション研究家。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業、豪ボンド大学でMBAを取得。著書に『人間関係にうんざりしたときに読む本』『部下の心をつかむたったひとつの大切なこと』『職場のめんどくさい人図鑑 上司・部下・同期の生態と攻略法』。

杉本良明の名言 一覧

まず大事なのは、攻撃に対して精神的に動揺しないこと。「こいつならいくら攻撃しても大丈夫だ」と相手に侮られると、攻撃はやみません。相手に「冷静だな」「タフだな」と思わせる対応をする。クレーム処理係になり切ったつもりで対応するといいでしょう。


攻撃する人は、自分の感情をぶつけてくる感情の世界にいることが多い。だから相手の感情を「受け止め続けて満足させてあげる」ことが大事です。そうすると、冷静に物事を捉える理性の世界に戻ってくれることも。こうなれば、ほぼ成功。「そっちの言い分も聞いてやるか」と、こちらの主張が通りやすくなります。


杉本良明の経歴・略歴

杉本良明、すぎもと・よしあき。日本の心理カウンセラー、コミュニケーション研究家。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業、豪ボンド大学でMBAを取得。著書に『人間関係にうんざりしたときに読む本』『部下の心をつかむたったひとつの大切なこと』『職場のめんどくさい人図鑑 上司・部下・同期の生態と攻略法』。

他の記事も読んでみる

竹下佳江

私だって人間だから、心が弱くなることもある。ただ、「メダルを諦めきれない」という執念が私を強気にさせた。


桜井博志

メンツにこだわっているのか自分の判断ミスを受け入れたくないのか分かりませんが、「結果が出なくても頑張る」という人が時々いますが、それはおかしいと思います。失敗はやはり負けとしてしっかり認識したうえで、そこから次のことを考えるべきです。


神谷えりな

笑顔で話しかけるのは、心を許し合うための基本。


越智仁

長時間労働の抑制を語る前に、なぜ長時間労働しなければいけないのか、という根本的な問題を考える必要がある。残業削減のために、19時になったらオフィスの電源を落として、社員を帰らせるような一律的なシステムは、本質的な回答にならない。


伊藤正裕(起業家)

その目標設定をするとき、どうも多くの人は、足し算で考えているのではないかという気がします。なんとなく船に乗って、たまたま島がみえてきたから、「あの島に上陸してみよう」と目標設定をする。なんとなく大企業に入ったから、とりあえず出世を目指そうとか、そんな感じの目標設定が多いと思うんです。つまり、いまの自分が置かれている状況を起点にして、そこに足し算をすることで目標を定めているんですね。でも、たまたまみえてきた島が、本当に自分にぴったりの島であるかどうかはわかりません。「成功」や「幸福」のかたちは、人によって違います。社会的には成功や幸福と見なされることでも、自分にとって成功や幸福であるとは限りません。


水留浩一

よく社員のみんなからは、「社長は話を聞いてくれますよね」と言われます。世の中には人の話を聞かない人がたくさんいるみたいですね。私は途中から会社に入っていくケースがほとんど。現場の声を聞かないと何もわかりません。だから話を聞くのが習慣になっているのかもしれませんね。


星野仙一

思いが強ければ強いほど、勝利に近づいていく。


中嶋茂夫

ビジネスの基本は、新規顧客よりリピーターの確保です。


為末大

私にとって大きな存在だったのがライバル選手でした。競技に限らず、社会において敵との戦いは存在します。心の中では、「ライバルなんて現れない方がいい」と思っていました。「こいつがいなければ、勝てる」と思うし、楽に頂点にたどり着けるわけですから。でも、こうした困難な存在が目の前に現れることによって、乗り越えるべき壁が見えて必死に努力する。気がつけば、自分がかつて想定していたよりも、ずっと高いレベルに到達していました。過去を振り返ると、自分が終われたり、新たなライバル選手が台頭してくると、私自身の好成績につながっているのです。


峯尾輝男

規模を大きくする必要はありません。足りないものはアウトソーシングすればいい。それよりも、一人の技術や能力を高め、売り上げを拡大していくことが大事。


古森重隆

改革をしなければ生き延びることができない。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

今は普通を手に入れるのが困難な時代。何もしなければ、贅沢どころか普通すら危うい時代なのです。


蜂谷二郎

(信用金庫勤務時代)珍しく支店異動もなく9年半、本店に在籍していたのですが、不動産の融資を担当するなど、不動産に関わる機会は多かったですね。いろいろな業種の方々にも出会えましたし、業種によって経営も違うということが分かりました。それに伴って安定的な所得を得られる手段として不動産があり、不動産投資をすることの留意点も学ぶことができました。


川島永嗣

僕はゴールキーパーなので、チームがピンチになったときが、自分の仕事をすべきとき。ピンチを自分の力で跳ね返して初めて、チームを助け、勝利に貢献できる。


金田一秀穂

ややこしいことに、罵倒語は、使われ続けるうちに意味がどんどん薄まっていくことがあるんです。たとえば、日本語だと「クソ」。「畜生」「このやろう」といった意味で使われますが、単に舌打ちのような軽い意味で使われることも多い。「クソうまい!」とか「クソ面白い」とかいい意味になることすらある。同じように英語の「Fuck」も時に「Cool」といういい意味で使われることがありますね。つまり慣用句になっているわけです。使い続けるうちに、言葉に慣れてしまって、本来の意味が失われているんですね。