杉本真樹の名言

杉本真樹のプロフィール

杉本真樹、すぎもと・まき。日本の医師、医学博士。東京出身。帝京大学医学部卒業、帝京大学大学院医学研究科修了。帝京大学ちば総合医療センター外科助教、神戸大学大学院特務講師・特務准教授などを務めた。医療現場での3Dプリンター活用や手術ロボットなど、医療分野の最先端技術開発を行った。

杉本真樹の名言 一覧

どんなに優れた研究や発表内容でも、人に伝わらなかったら意味がない。


使う人の気持ちを想像することで、より多くの人に役立つものができる。


「やるしかない」という不利な状況が幸いした。逆境が私を育ててくれました。


1人で想像できることには限界があるが、ほかの誰かと組み、その人の想像と掛け合わせれば、ひらめきは無限に膨らむし、より社会に役立つ発想になる。


相手の魅力・長所を生かし、伸ばす。すると相手は気持ちよく動いてくれるだけでなく、その人の価値を認めてくれた私に感謝し味方になってくれる。そうやって人を巻き込み、味方を増やしながら物事を進めていけば、やがては社会全体を変えることさえできる。


パートナーを選ぶときの基準は、一緒に何かやって楽しかった思い出を共有している人や、知り合って日が浅くても、同じポイントに感動できるなど、自分と感覚が近く、シナジーを生む可能性を感じた人。想定外の力を引き出しあえたら最高ですね。


お年寄りがムダを削ぎ落として生きる姿も見習うようにしています。


例えばプレゼンの資料を作る場合も、内容がかぶった部分は潔く捨ててシンプルに徹している。自分だけでなく聴き手の頭の中にもスキマができて、ひらめき同士がつながりやすくなります。


子供の行動にはヒントがたくさんあります。大人になると、見栄や建前、失敗に対する恐れなどが妨げになり、物事の本質を見極める力が弱くなりがちだが、子供は「スゴイものはスゴイ!」と本質を見極める力が強い。


杉本真樹の経歴・略歴

杉本真樹、すぎもと・まき。日本の医師、医学博士。東京出身。帝京大学医学部卒業、帝京大学大学院医学研究科修了。帝京大学ちば総合医療センター外科助教、神戸大学大学院特務講師・特務准教授などを務めた。医療現場での3Dプリンター活用や手術ロボットなど、医療分野の最先端技術開発を行った。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。ホモ・ルーデンス(遊びの人の意)、人間は遊ぶ動物なのだ。人間は遊んでいる時が、最大の創造力を発揮する動物なのだ。仕事を人生最大の遊びにできれば、人は誰でも有能なビジネスマンになれる。


小林弘幸

「時間がない」と焦ると、身体を緊張・興奮させる交感神経が優位になり、心身をリラックスさせる副交感神経の働きが低下して、呼吸が浅い状態になります。これが、血流が良くない状態。手帳をつけると、大まかな時間の流れ、生活のリズムがつかめますから、自律神経のバランスが安定して血流が良くなり、心身ともに安定しやすくなります。手帳は時間管理だけでなく、自律神経の状態を整え体調管理までしてくれる、最強のパートナーです。


常盤文克

つくったときは効果があっても、同じことをずっと続けていると、どこかの時点でプラスだったものがマイナスになってしまいます。単に弱ったのではなく、逆転して、全体の足を引っ張ってしまう。私は「効果の逆転」と呼んでいますが、あらゆることにこういった現象があるのではないでしょうか。日本型経済システムも効果の逆転が起きています。


丹羽宇一郎

どんな立派な人でも、魔が差すということがある。時に動物の心が顔を出して、立派な人でも愚かな行動をしてしまうことがある。そうならないためには正直に生きるしかない。


西澤敬二

私は物事をつらいとか、苦労といったふうにあまり考えないたちで、ヒトや物事に先入観を持たないし、好き嫌いもあまりない。


玉川勝

インド市場を開拓するのは大変ですが、苦労を厭わずに努力すれば、自然に攻め方は見えてきます。困難が多いからこそ、いったんブランドと販売網を築けば、ライバルは簡単に追いつけません。


夏野剛

新しいアイデアはコミュニケーションの相手が多いほど浮かぶ可能性が高くなる。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●すべては、すべてから来る。すべては、すべてから創られ、すべては、すべてに戻っていく。すべては、すべてに包み込まれる。
●どんな部分も、全体に組み込まれるようにできている。だから、それ自体の未完成から逃れられる。
●芸術の科学と、科学の芸術を研究せよ。
●あらゆるものは、他のあらゆるものと関連する。


坂根正弘

私は「バッドニュースファースト(悪いニュースを最初に)」と常に言ってきました。きました。月例の報告書についても、「最初に悪いニュース。次いで品質問題と補給部品の達成状況。最後に業績を書く」ことを、ルールとして守るように定めました。


横田尚哉

新人や初心者に指示する場合は、明示的な指示が適しています。明示的な指示とは、具体的な手法を事細かに提示するやり方です。たとえば、翌日の会議の資料の作成を指示する場合、「ひとつの項目はこのデータを使って、このようなグラフにまとめてください。ふたつ目の項目は……」というように、資料作成にあたって必要な情報をすべて伝えるのです。このように指示すれば、相手は言われたとおりにやるだけでいいので、作業がスムーズに進みます。


高島宏平(髙島宏平)

以前、海外のカンファレンスで、ユーチューブの創業者やスカイプの社長と「アントレプレナーにとって最も必要な力は何か」を議論したことがあります。そのとき、「パッション」や「チームマネジメント力」を差し置いて、最終的には「売る力」が最も大事という結論に達しました。何をすれば売れるのか。それを常に意識していれば、仕事に必要な考える力は高まると思います。


林文子

営業力を身につけるには何が一番大切でしょうか。それは、どうすれば営業スキルを強化できるかなどと考えることではありません。人との出会いに感謝し、お客様との人間関係を楽しむ。相手の喜ぶ姿を自分の喜びとする。そういう気持ちをベースに持ってくることです。


古賀信行

わからないことをわからないと言ってしまえば、今度は自分の問題として覆いかぶさってきます。次は、いかに早くこれに対応するか。ここで重要になるのが、人に聞くことです。誰かに質問をする。その答えを教えてもらう。よほどのことがない限り、それだけでは終わりになりません。相手といろいろな話をするわけです。会話はどんどん膨らみ、余計な話が、知識に大きな広がりを持たせることになる。何より、人間関係を築くきっかけになるものです。


橋下徹

いったん目標を決めたら、ルールの範囲内であれば、どんな手段を使ってでも実現する。これが僕の、弁護士になったときからずっと貫いてきたやり方。


片田珠美

怒りを抑えるほうが「よくない」ことです。怒りの感情が湧くのは、なにかしらうまくいっていないことがあるせい。怒りを抑えてしまうと、そのうまくいってないことを放置することになり、問題解決につながりません。


ページの先頭へ