名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

杉本宏之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉本宏之のプロフィール

杉本宏之、すぎもと・ひろゆき。日本の経営者。エスグラントコーポレーション社長。神奈川県出身。高校卒業後、投資用ワンルームマンション販売会社に入社。同社でトップセールスとなる。その後独立し、エスグラントコーポレーションを設立。同社を名古屋証券取引所セントレックス市場に不動産業界史上最短・最年少(当時)で上場させた。

杉本宏之の名言 一覧

私も最初は「金銭欲」でしたね。父親が経営していた会社が倒産したために、子供のころ、生活保護を受けるほど貧困に喘いでいた僕にとって、お金は非常に重要なものでした。だから、まずはお金がほしかった。そして、クルマやマンションを買って、女性にモテたかつた。20代の前半は、その一心で頑張っていました。それが次には「出世欲」や「名誉欲」に変わっていきました。いまは「還元欲」です。こうして安心して経済活動ができる日本という国や社会に恩返しをしたい。それが僕の最終的な欲です。


僕はべつに天才でも何でもないから、努力しないと、何も成長しません。


少なくとも、仕事を始めて5年目、あるいは10年目くらいまでは、「仕事9、遊び1」くらいの割合で過ごすのがよいと思います。そうじゃないと、仕事面ではなかなか成長できないし、出世もおぼつかないでしょう。


欲をもって仕事している人は、ほとんど例外なく「もっと時間がほしい」と思うようになります。どうしてかというと、「もっと仕事ができるようになりたい」「もっと成長したい」と思うからです。でも、それには時間が足りない。すると、時間の使い方がどんどん密になっていって、その結果、仕事のスピードも上がっていきます。


採用の基準は、まず欲のある人です。それから、素直で謙虚な人。これらをバランスよく兼ね備えていると、申し分ありません。最初はどんな欲でもかまわないと思います。カネを儲けたい、出世したい、人から評価されたい、女性にモテたい……。そうした欲が仕事への意欲につながりますから。


欲は、金銭欲やモテたいといった個人的な欲から始まって、いっこうにかまわない。でも、成長するとともに、その欲はグレードアップすべきものだと思っています。


杉本宏之の経歴・略歴

杉本宏之、すぎもと・ひろゆき。日本の経営者。エスグラントコーポレーション社長。神奈川県出身。高校卒業後、投資用ワンルームマンション販売会社に入社。同社でトップセールスとなる。その後独立し、エスグラントコーポレーションを設立。同社を名古屋証券取引所セントレックス市場に不動産業界史上最短・最年少(当時)で上場させた。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

根回しするときには、自分の企画を支持してくれるキーパーソンと、反対勢力のキーパーソンを押さえておく必要があります。事前に熱意を伝えて承認をもらっておけば、反対勢力のキーパーソンも賛成せずとも反対はしなくなり企画は通りやすくなります。


永瀬昭幸

短期で上達を目指すなら、仲間と一緒に勉強するのも効果的です。グループでやるメリットは2つあります。まず、他の人の考えが聞けること。何かのテーマについて1人ずつ発表するとき、自分と似たレベルの人の発表を聞けば、間違えやすい箇所がわかります。また他の人が発表する問に自分の考えをまとめることもできます。先生と1対1は息をつく余裕がなくて案外しんどいですから、3~5人がちょうどいい。もう一つは、ライバル効果です。日本は恥の文化。みなさん、仲間や会社の同期の前では恥をかきたくないと考えています。だから遅れている自覚がある人は、授業が終わってからも明日の発表に向けて自習をする。グループで学ぶことでいい意味でのプレッシャーがかかるのです。


井村公彦

住友商事とKDDIという親会社の力もどんどん使っていきたい。住友商事はマンション開発もやっています。例えばそのパイプを使ってジェイコムの商材を売り込んでいくこともできるはずです。親会社を使い倒す。それくらいの気持ちで、お客様の生活インフラを支える、なくてはならない会社になっていこうと考えています。


藤井佐和子

自分から発信することは、得になるだけでなく、損をしないことでもあります。たとえば、誰かが会議に遅刻したとします。遅れて入ってきた人が「すみません」だけでは、いったいなぜ遅れたのかと、みんなは不満に思うはずです。たとえ寝坊であっても、「すみません。寝坊しました」と理由を説明すれば、一応問題は終了します。電車が事故で遅れたりすると、「状況の説明がない」とお客さんが怒るように、情報を出さない態度は相手の不信を招きます。自分から発信することは、自分の身を守ることでもあるのです。


朝倉千恵子

厳しいことを書いたり話したりしていると、ときには「お宅の会社は厳しいですね。社員は辞めないですか」と聞かれることもあります。「誰も辞めません」と言いたいところですが、現実には、わが社の社風や指導が合わずに辞めていった元社員もいます。早い人は二週間で……。たいてい、辞めていく人は短期間勤めただけで辞めます。一年間続いた人は、ほとんど残っています。どうして辞めないのかと人に聞かれたとき、ある部下が言いました。「私たちは社長から言葉の報酬もたくさんもらいます。仕事もたくさん与えられますけど、それ以上に、ちっちゃな、当たり前のことができたときなどに、それを見逃さずに褒めてくれるからだと思います」これを聞いたとき、正直言って驚きました。しかし同時に、部下はちゃんと見ている、分かっていると思いました。


ビル・マクナブ

徹底してコスト削減にこだわっているのは、コストは投資家自身がコントロールできる、数少ない要素の1つだからです。例えば、政府の方針や相場の動きなどは自分でコントロールできませんが、コストはそれが可能です。今の市場環境では――特に債券は非常にリターンが低いので――(手数料などの)コストの違いは実質リターンの大きな違いにつながります。


午堂登紀雄

ビジネスにおいて目の前に複数の選択肢があった場合、「効率」ではなく「効果」で判断する必要があります。効率を優先すると、結局は期待する効果を得られないことがあるからです。たとえば、自分がミスをして、取引先にお詫びをしなくてはいけなくなったとします。その時に「先方に会いにいくのは時間もかかるし、効率が悪いからメールで謝罪の意を伝えよう」と考える人がいます。しかし効果を考えれば、直接会ってお詫びをしたほうが相手に誠意が伝わるのは明らかです。


菅井敏之

現場力とは、消費者と直につながり、そのニーズを理解していること。社内政治にばかり意識が向かう人は現場を忘れているから、会社の看板を失った途端、相手にされなくなる。しかし消費者と関係を築いておけば、独立して業種や扱う商品が変わっても、お客さんはついてきてくれます。


原田隆史

現代に蔓延する「やる気ない病」は、自分の目標や将来像、理想像を描く能力が不足している人ほどかかりやすいといえます。実際のところ、日本人のほとんどが感染しているといっても過言ではありません。


鈴木修

これまで本当に、「こんちきしょう」の連続だった。軽自動車を作ってきた中小企業のスズキにとっては、生命を絶たれる危機が絶えなかったから。文学的には「逆境の歴史」というのだろうけど、ようするに「軽ハラ」。セクハラ、パワハラ、マタハラと同じだよ。


峰岸真澄

目標にしている企業はとくにありません。ただ、人材のマネジメントや、海外でのガバナンスの方法などに関し、各社の事例を参考にさせていただいています。すべての会社が我が師の様な感じです。


寺尾玄

自分の得意不得意が分かっていない人も少なくないように思えます。「自分」をあまり理解していない。自分にとって最も大事なのは「自分」なのにです。唯一、自在に扱えるのが自分なのだから、「今の時点での自分の性能やポテンシャルがどの程度あるか」はよく知っておきましょう。