名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉山武史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉山武史のプロフィール

杉山武史、すぎやま・たけし。日本の経営者、技術者。「三菱電機」社長。岐阜県出身。名古屋大学工学部卒業後、三菱電機に入社。モバイルターミナル製作所長、生産技術部長、中津川製作所長、常務、リビング・デジタルメディア事業本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

杉山武史の名言 一覧

今、当社には8つの主力事業があるが、4年後もその8つが強い保証はない。自社技術だけでは戦えないところは他社とアライアンス(提携)を組めばいい。デルクリマ(伊)のような大型M&Aは今後もありうるし、現場は自分たちの事業を自己変革してほしい。


携帯電話事業からの撤退が決まった後、数人のチームにして「彼ら(携帯電話事業に携わった人たち)はこんな技術を持っている」と他の部署に売り込み、必要とされる部署に移ってもらった。事業は切っても人は切らないのが三菱電機だ。


タイの赴任を終えて、古巣の自動車部門に戻るものだと思っていたら、携帯電話の製作所の責任者になった。完全な落下傘で、水戸黄門には助さん格さんがいたが、私は独りぼっち。はじめの半年は従業員やお客様の話を傾聴することや自分のメッセージを伝えることに徹した。


経営者としての転機の一つは現地法人の社長としてタイに4年間赴任したこと。それまで24年間、姫路製作所にいたが、モノづくりが専門で、モノを売って得た利益をどう再配分するかなど、考えたこともなかった。文化が異なる人たちと力を合わせる方法も学んだ。


ようやく携帯電話事業の組織変革に着手しはじめたときに、経営陣は携帯電話事業からの撤退を決断した。私も最初は納得できなかった。我々には最先端の技術があり、まだ戦える、と。しかし当時社長の下村節宏さんの「従業員を大切にしたい」という一言で考え方が変わった。グローバルでは勝ち目のない携帯電話事業に携わっている従業員は、本当に誇りを持って働けているのか。もっと輝ける場所があるのではないか。そう考えて、社内での人事のマッチングをものすごく丁寧にやった。


杉山武史の経歴・略歴

杉山武史、すぎやま・たけし。日本の経営者、技術者。「三菱電機」社長。岐阜県出身。名古屋大学工学部卒業後、三菱電機に入社。モバイルターミナル製作所長、生産技術部長、中津川製作所長、常務、リビング・デジタルメディア事業本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

モニカ・セレシュ

私は自分の思い通りにできることはそうするし、できなかったらあまり気にしないようにしている。


渋沢栄一

私が若いころ故郷に阿賀野九十郎という七十いくつになる老人がいた。朝早くから夜遅くまで商売一途に精を出していた。あるとき孫や曾孫たちが集まり、おじいさんもうそんなにして働かなくてもうちには金も田地もたくさんできたじゃないか。伊香保かどっかへ湯治に行ったらどうですかと勧めた。九十郎老人曰く「俺の働くのは俺の道楽で、俺に働くなというのは道楽をやめろというようなものだ。まったくもって親不孝な奴らだ。金なんて俺の道楽の粕(かす)なんだ。そんなものはどうだっていいじゃないか」と。


高倉豊

アイデアを採用する側も、土壇場まで追い込まれたほうが思い切った決断ができる。余裕があるときはアイデアの欠点ばかりに目がいくが、時間的に追い込まれてくると、多少のリスクがあってもやるしかないという覚悟ができる。腹をくくれば企画の実行にもドライブがかかり、うまくいく確率も高まるだろう。


藤田晋

成長の秘訣と呼べるものはありませんが、挙げるとすれば2つ。会社の調子がいい時に経営者自身が尊大にならないこと、そして問題を先送りにしないで早めに手を打つことです。


坂本孝

病気でも経営でも、自分の持っている強い意思と信念をどこまで貫いていくかが本当に大切。


出口治明

自らが信じる何かを実現したいと強く思い、たとえ失敗しても諦めずに、1%の可能性を信じて挑み続けた人たちが、世界をより良く変えてきた。


長谷川閑史

足かせになるのは、過去の成功体験です。この業界ではNIH(Not Invented Here=ここで開発したものではない)シンドロームと呼ぶのですが、社内にもっといいものがあってすぐ追いつけるから、わざわざ外から入れてくる必要がないという考え方を持つ人がいまだに少なくない。そうした姿勢では、今後本当に革新的なものを自社で作ることは難しい。


赤塚不二夫

いまの家庭は子供が少ないじゃない。1人か2人で、8人兄弟とか6人兄弟とかいないじゃない。そうすると子供が宝物になっちゃって、それで育てるから甘えん坊になっちゃうんだね。


平野信行

リアルエコノミーに貢献することが、金融グループ本来の仕事でしょう。我々は黒子に徹して、貢献していきます。


ジャック・マー(馬雲)

強いブランド、強い品牌(中国語でブランドの意味)の本質とは、「牌(看板、知名度)」ではなく「品(品質、品格)」にあります。


三木雄信

テンパらないための3か条

  1. 10秒で決断する。決断の結果がどうであれ、アクションに移して流れを止めないことが重要。
  2. いまできることしかやらない。現在の状況が掴めていないことこそがテンパる理由。今できることを積み重ねていくことで、不安の全体像が浮かび上がり、冷静に対処することができる。
  3. 焦りそうになったらトイレへ。戻るまでの数分間だけでも、頭を切り換えるためにはとても重要。

荒川詔四

どれほど素晴らしいことをやっていても、激変する環境下では、スピードが遅いだけで重要な機を逸してしまいます。自分自身のスケジュールの流れを把握し、最短導線で予定をこなすだけでは十分ではありません。トップが率先して現場に足を運ぶことで、一次情報に基づく正確な判断が可能になり、結果的にスピードアップにつながるのです。