名言DB

9425 人 / 110833 名言

杉山愛の名言

twitter Facebook はてブ

杉山愛のプロフィール

杉山愛、すぎやま・あい。日本の女子プロテニスプレーヤー、テニス指導者。神奈川県出身。幼少期からテニスを開始。中学1年時に全日本ジュニアテニス14歳以下で初優勝。その後数多くの大会で優勝し、日本を代表する女子プロテニスプレーヤーになった。

杉山愛の名言 一覧

いつも自分の味方をしてくれる人がそばにいると精神的に安定しますし、新しいことにチャレンジする気力が湧いてくる。


テニスはほとんどが負ける世界。大会で喜べるのは優勝した人だけ。だから負けてもその悔しさから、3日以内に立ち直ることがプロとして一番大事な条件。


プロは年に250日前後、世界を転々として試合を続けます。だから、悔しさを引きずっていては、次の試合の作戦も練れないし、精神的にも良くない。


テニスボールは温度や湿度で飛び方が微妙に変わるので、試合会場ごとにラケットを微調整します。自分が納得する結果を得るためには、こまめな見直しが不可欠です。


30代のほうが経験を積んでいるので自分の力を最大限に発揮する引き出しは多いんです。年齢にあわせて、そのときそのときの自分にあったコンディションの調整方法を取り入れることで最良の結果を出せるように努めました。


10代の頃は試合直前に練習量を増やして追いこんでも、たくさん食べてたっぷり寝れば翌日はすっかり元気(笑)。30代になるとトレーニングの質、練習後のケア、食事内容などいろいろ調整しながら試合に備えました。


20代前半まではいろいろなコーチに指導をいただきましたが、25歳のときに大スランプに陥ってしまいまして……。一度テニスをやめようかなと思ったとき、母から「自分のやりたいことをやりきったの?」と問われ、やりきっていない自分に気付きました。でも、立ち直るために何から手をつけたらよいか分からない。すると母が、「私にはあなたが復活するために今、何をすべきかが見えているわ」と言ってくれたので、母にコーチをお願いしたのです。


杉山愛の経歴・略歴

杉山愛、すぎやま・あい。日本の女子プロテニスプレーヤー、テニス指導者。神奈川県出身。幼少期からテニスを開始。中学1年時に全日本ジュニアテニス14歳以下で初優勝。その後数多くの大会で優勝し、日本を代表する女子プロテニスプレーヤーになった。

他の記事も読んでみる

古橋広之進(古橋廣之進)

ハンディがあったからこそ、それをどのように乗り越えたらいいかということを考え、人のやらないことをやった。こういう発想ができたことが、ものすごくプラスになった。


藤田晋

期待値のコントロールで最も大切なのは、適切な情報開示です。現状と今後の見通しをしっかり説明すれば、期待値は適切なものになるはずです。厳しい現状を説明して、期待値が下がったとしても、相手はがっかりしません。現状を理解しただけに過ぎないからです。手持ちの情報をすべて開示すれば、不安や気負いも減ると思います。


大嶋啓介

子どもの前で、親は人生を楽しんでいる姿、仕事を楽しんでいる姿を見せなきゃいけないんですよね。元気のない姿や疲れた顔を見せないことが大切。ぼく自身、意識してそうするように心がけを変えましたし、お父さん、お母さん方に向けて話をするときには、「明日から『疲れた』と言うのをやめましょう。楽しそうな顔を見せるだけで子どもは変わります」と言っているんです。


徳岡邦夫

アイデアという点では、ギリギリまで考えないという方法もあると思います。たとえば、新しいメニューを考える必要がある場合、前もって考えるのではなくて、あえて締め切り直前まで考えないで自分を追い込んだ方が斬新なモノが思い浮かぶんです。何もしないで放置しておくのは無謀だけれど、キッチリと段取りをしたうえで自分を追い込むというのはひとつの方法だと思います。


石田建昭

当社はとにかく徹底的にお世話をするんです。朝から晩まで相手先企業の人になりきってお手伝いしています。今後もこういう誠実さや手作りのサービスを活かしていきたいと思います。


吉田穂波

1日のうちで自分のためだけに使える時間はどこだろうと考えてみると、皆さんも意外に見つけられるのではないでしょうか。頭が自由に使える状態ならどこででも学べますので、通勤時間や家事の時間も、勉強時間に変わります。まとまった時間を取るより、むしろ短い時間のほうが集中力を高められるので、勉強の効率も上がるのです。5分もあれば問題集をサッと取り出し、何問か解くことができます。あるいは、最近覚えた単語を思い出したり、間違えた問題を反芻したりするだけでも、記憶の定着に効果があります。


下郷伝平(初代)

一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。


安岡正篤

平生からおよそ善い物、善い人、真理、善い教え、善い書物、何でも善いもの・勝れているもの・尊いものには、できるだけ縁を結んでおくことです。これを勝縁といい、善縁といいます。


三枝富博

ヨーカ堂が創業以来大事にしてきた経営理念とか、お客様に支持してもらうためにどうするかを愚直に考える。そのほうが会社を強くする。私自身ずっとそうやって働いてきた。


奥田務

明治時代、大丸は大きな経営危機に直面して、呉服屋から百貨店へと姿を変えて生き延びました。同じように、私は大丸や松坂屋という百貨店をマルチリテーラーヘ変え、次の時代につなげる努力を重ねてきました。