名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

杉山恒太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉山恒太郎のプロフィール

杉山恒太郎、すぎやま・こうたろう。日本のクリエイティブディレクター。東京都出身。「ライトパブリシティ」社長。立教大学経済学部卒業後、電通に入社。数々のヒットCMを手がけた。電通常務執行役員、ライトパブリシティ副社長・社長、東京インタラクティブアドアワード審査委員長、ACC・CMフェスティバル実行委員長・テレビCM部門審査委員長などを務めた。

杉山恒太郎の名言 一覧

いつもピッカピカでいたいなら、予定調和の外に出て「小さな奇跡」に出合うことです。細かいことでいいんです。映画を観て予想外に泣けたとか、雲の形が笑えたとか、うまいコーヒーが飲めたとか。小さな奇跡で、自分の思い込みから自由になる発見を積み重ねて、人は一気に成長できるのではないでしょうか。「昨日と違う新しいことが起きるんじゃないか」と、毎日ワクワクするようになれたらしめたもの。


変化を前向きに受け止めることが大切だと思います。コツは、「迷ったら自由になれると思う方を選ぶこと」でしょうか。人間って、どうしても過去の実績や常識が心にこびりついて、変化を恐れてしまいがち。それこそ「予定調和」ばかり求めてしまう。僕は、それが自分の気持ちの自由を縛るように思えて、すごく嫌でした。逆に、思い込みを捨てられる経験をすると「ああ、自由になれた」と、己の心が喜んでいる実感を得られる。


ビデオの得意技は即時性と生々しさにある。そこで「このCM(ピッカピカの一年生)は15秒間の生中継」と考え、登場してくれる「新一年生」たちの生の声と動きをそのまま表現しました。「桜井の、おばちゃんに、ランドセル、買うてもうてん!」なんてセリフ、どんな脚本家も書けませんよね。予定調和ゼロの面白さで大ヒットしました。


「ピッカピカの一年生(小学館の雑誌『小学一年生』のCM)」には裏話があるんです。小学館で試写したとき、従来通りのお行儀のいいCMを想定していた会議室の面々は、文字通り凍り付きました。「これはお蔵入りか」と覚悟したら、あるご年配の役員の方が「君たち、こういうものは若い人に任せた方がいいんだよ」と言ってくださった。人生の恩人です。どうせなら、若い人にこういうことを言えるトシヨリになりたいですよね。


小学館の学習雑誌『小学一年生』のテレビコマーシャル「ピッカピカの一年生」。実はこれ、日本で最初にビデオカメラを使ったCMです。1978年の当時はフィルムで撮るのが当たり前の時代で、現像まで仕上がり具合は分からなかった。そこに、撮ってその場ですぐ見られるビデオカメラが登場しました。画質はフィルムに大きく劣ったので「あんなものでまともなCMは作れない」と、先輩クリエーターは敬遠していた。僕は「誰も使ったことがない、ということは、自分が先端に立てるということだ」と、胸躍らせていたんですよ。


CMを作っていましたが、98年だったかな、ある日突然「デジタル分野をやれ」と言われたんです。まだITはバナー広告中心で、収益もない時代。エレベーター横の小部屋に、広告のことを全然知らない理系の人たちと集められて、デジダルの部署を旗揚げしました。同時に、それまであまり経験のない同情というものも味わいました。「杉山、左遷か?」(笑)と。でも、強がり抜きで、自分ではさっと前向きに切り替えできたんです。新しいことをやれる喜びの方が大きかった。MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボのニコラス・ネグロポンテやシーモア・パパートといったデジタル界のスーパースターたちと縁ができて、それはそれは愉しかったし、日本のデジタル広告の礎を築けたと自負しています。


杉山恒太郎の経歴・略歴

杉山恒太郎、すぎやま・こうたろう。日本のクリエイティブディレクター。東京都出身。「ライトパブリシティ」社長。立教大学経済学部卒業後、電通に入社。数々のヒットCMを手がけた。電通常務執行役員、ライトパブリシティ副社長・社長、東京インタラクティブアドアワード審査委員長、ACC・CMフェスティバル実行委員長・テレビCM部門審査委員長などを務めた。

他の記事も読んでみる

稲葉善治

目標が定まったら、できるだけ早く目標に到達せよということです。研究開発のスピードは、遅れたら遅れた分だけ命取りになります。ファナックの研究所の玄関には「10倍速く回る時計」があります。商品化のタイミングや開発速度の重要性を研究者全員に意識させるため、創業者の名誉会長(工学博士 稲葉清右衛門)が社長時代に研究所にプレゼントしたものです。


木皿泉(妻鹿年季子)

いつも、セリフで説明はしないということについては……「言わなとって、格好良いと思うんですけどね。今の人って、自分のことをどれぐらいわかってくれているかが、親友や恋人の親しさのバロメーターみたいになっていますが、私はそれは違うと思うんです。それなら、わかってくれない人は「敵」になってしまって、ここでもなぜか情報量が重視されてしまうことになるから。でも、わかってくれなくても世間話を楽しめたりもできる。知ってるとか知らないとか、そんなに大したことなのかなぁと思うんです。会って楽しければそれで良いし、その楽しい場みたいなものが一番描きたいので、その時だけ成立していた場みたいなものが描けたら、セリフは、かえって余計なものになってしまうんです。


マックス・ヴェーバー

歴史的に重要な合理性ほど、非目的で非合理的なものに支えられて誕生している。


山本寛(経営学者)

20代後半の社員は仕事をひと通り経験し、仕事への慣れや会社への不満が噴出しやすい世代。この時期に資格取得や転職を考え始める社員が多いのは、先輩の働き方などからキャリアの限界や不透明感を感じたから、というケースが少なくありません。いわゆる「キャリア・ミスト(キャリアの霧)」といわれる状況です。このモヤモヤ感を解消するには、先輩がワクワクしながら働いている姿を見せることとともに、20代のうちにチームリーダーやプロジェクトリーダーを経験させ、人の上に立つことや新しい仕事を生み出すやりがいを体験させることが有効です。リーダーとして働く楽しさを早いうちに経験することが、「管理職になりたくない若手社員が増えている」という最近の問題の解決にもつながるかもしれません。


古川裕倫

いまの上司はほとんどがプレイングマネージャー。部下から見て、同じ仕事をしているんだから、実力もないのにあるフリをしていると、すぐに見透かされる。


江上治

自分のプロフィールを作って「強み」を確認し、それをブランド化して営業力を強化する。私の知る「稼げる営業マン」は、そのような仕組みを自分に課して自分をいっそう強くしている。


藤本義一

プロを意識した途端に、すべての物事に対して貪欲になるはずだ。すべてを吸収しようとする。吸収するために、人は独自の工夫をするものである。


田中角栄

他人のことをとやかく言う前に、まず自分の頭の上のハエを追ったらどうだ。自分に問題はないのかということだな。


村田紀敏

消費は、かつてのような楽しみではなくて効率が大事になっている。


粟田貴也

心は折れやすいものだし、沈み込んでなかなか起き上がれないこともあるでしょう。でも、ひとつの道がダメであっても、別の道もあるはず。最初から狙いどおりの人生なんてあり得ないし、もがいているうちに、予期せぬところに光が見出せたりするものです。


藤田晋

アイデアを実現に向けて詰めていくときに最も大事なのは、発案者だけでなく、決裁者、つまり上司も一緒に考えること。それができれば、アイデアの実現率が高まります。


九鬼政人

仕事の優先順位ですが、取引先に自分のつくった契約書を確認してもらうなど、自分一人では完結できない仕事の依頼こそ最優先させるべきです。それが最大のコツです。相手に自分の仕事を早めに預けておけば、その間は同時進行で自分一人でしかできない仕事に専念できます。また、締め切り間際に相手に依頼してしまうと、大抵はギリギリで回答してくるため、待ち時間ができ、その間落ち着いて仕事ができなくなるからです。