名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

杉山彰泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

杉山彰泰のプロフィール

杉山彰泰、すぎやま・あきひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「A&S」社長。青山学院大学経営学部卒業後、AIU保険、東京海上火災保険などでトップセールスを達成。その後独立。著書に『トップセールスはお客さまの何を見ているのか?』。

杉山彰泰の名言 一覧

いいことがあったときのポーズを決めています。断られたときも、このポーズをすることで気持ちが切り替わります。


営業は断られてからのもう一押しが腕の見せ所。商品力が弱いなら別のアプローチをする。たとえばまず相手の利益になる小さなプレゼントを重ねてみるなど、やり方は様々です。


人は他人から施しを受けた場合、お返しをしなければならないという感情を抱くもの。小さな信頼をコツコツと貯めた後のもう一押しが活きるのです。


相手に断られるのは、「招かれざる客」だから。ならば「歓迎される客」になろうと切り替えました。売りたい気持ちを抑えて、相手が喜ぶことを優先する。そして相手との距離が縮まったところで本題へ。するとすんなりOKになります。


杉山彰泰の経歴・略歴

杉山彰泰、すぎやま・あきひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「A&S」社長。青山学院大学経営学部卒業後、AIU保険、東京海上火災保険などでトップセールスを達成。その後独立。著書に『トップセールスはお客さまの何を見ているのか?』。

他の記事も読んでみる

黒川博昭

社長就任当初から社員に言い続けてきたことがあります。「お客様のことを考えて行動しよう」ということです。当社は伝統的に通信、コンピュータ、半導体などあらゆる事業でお客様と一緒に様々なシステムをつくって発展してきました。


ビル・ゲイツ

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。


横田響子

男性は幼いころから勝ち負けのつく遊びに慣れ親しんできました。だから優劣や上下関係に敏感です。一方、女の子はおままごとなどの勝ち負けがつかない遊びで、いろいろな人になりきってロールプレイすることが得意です。単純に言うと、男性は自分が勝つための競争の目線、女性はみんなで作りあげていく共創の目線です。


小林陽太郎

ある条件について部下から、「これはもう決めです」と言われても、「本当にそうか」と少しでも疑念があり、自分で納得できなければ躊躇せずに戻す。逆に自分が納得できれば、周りが躊躇しても決断すべきです。


伊藤有壱

密度を高めて完成度を高くすればするほど、肩の凝らない自然な作品になる。でもそこには無意識に見ている人に訴える「何か」が生まれる気がします。


オグ・マンディーノ

最も困難な仕事は、一回きりの爆発的なエネルギーの発散や努力ではなく、最善を尽くして日々努力し続けることによって達成されることを覚えておいてください。


野路國夫(野路国夫)

作業者がやりにくそうに組み立てる作業をしているところを自分の目で見なさい。そして、作業者が言うことを全部メモして報告に来なさい。
【覚書き|製造現場に足を運ばない開発技術者に言った言葉】


金美花

考えるのは朝から晩までケーキのことだけ。営業時間が終わってからも北新地のクラブの女性たちに試食してもらいました。そこでおいしいと思っていただければ、彼女たちがお客さんにも広めてくれるからです。そうやって仕事に向き合っていると、社員やアルバイトも認めてくれるようになります。それからは、チームとして機能するようになりました。


北尾吉孝

三国志時代の名参謀として知られる諸葛亮孔明は、8歳の息子に次のような言葉を残しています。「淡泊にあらざれば、もって志を明らかにすることなく、寧静(ねいせい)にあらざれば、もって遠きを致すなし」。私利私欲に溺れず淡泊でなければ、志を明らかにし、かつそれを保ち続けることはできない。また、落ち着いてゆったりした気持ちでないと、遠大な境地に立つことはできない。セコセコ、ガサガサするな。右往左往しては駄目だという教えです。


山崎武也

包容力とは「優しい」と同義語ではない。何でもかんでも許容するのは、信念がないか、ただ単に気弱でノーといえないだけ。本当に包容力がある人は、その人のためにならないと思ったら、耳の痛いことでもはっきりと言うもの。


高篠静雄

私たちの職場には「遊び部隊」と呼ばれる人たちがいました。旋盤や板金などの技術を持ち、何でも作ってしまう3人のおじさん職人です。彼らに頼み、私たちはアイデアをすぐに形にしていました。


坂東眞理子

女性活躍への期待が高まっていますが「男性と同じように働けます」という働き方は女性にお勧めできません。自分だから、女性だからできることを考え抜く。闘争ではなく、協力する。奪い取るのではなく育て上げる。新しいリーダーシップの形を私自身、これからも追求していくつもりです。