杉之原冨士子の名言

杉之原冨士子のプロフィール

杉之原冨士子、すぎのはら・ふじこ。日本の整理収納アドバイザー、経営者。「サマンサネット」社長。茨城県出身。東京家政大学家政学部卒業。専業主婦12年、運送会社パートなどを経験し整理収納の重要性を痛感。その後、サマンサネットを設立。一般社団法人日本ホームステージング協会代表理事。著書に『片付かない! どうする我が家、親の家 ミドル世代の暮らし替え整理術』『片づけなきゃ親の家 片づけたい自分の家』。

杉之原冨士子の名言 一覧

モノであふれている家が急増しています。理由の一つは家の中には簡単にモノが入ってきますが、いったん入ると家から出にくくなっているから。また、親子、夫婦間でも自分のモノは干渉されたくないこともモノがあふれる理由です。


定期的に家にお伺いして当社スタッフと会話しながら片付けとお掃除をする「おかたづけ定期便」を開始しました。定期的にお伺いし、少しずつ部屋がきれいになると、お客様自身がいきいきと変わってきます。


杉之原冨士子の経歴・略歴

杉之原冨士子、すぎのはら・ふじこ。日本の整理収納アドバイザー、経営者。「サマンサネット」社長。茨城県出身。東京家政大学家政学部卒業。専業主婦12年、運送会社パートなどを経験し整理収納の重要性を痛感。その後、サマンサネットを設立。一般社団法人日本ホームステージング協会代表理事。著書に『片付かない! どうする我が家、親の家 ミドル世代の暮らし替え整理術』『片づけなきゃ親の家 片づけたい自分の家』。

他の記事も読んでみる

千原せいじ

イチローより練習しているプロの選手はいっぱいいますよ。でも、才能や運の差は努力だけで詰まるものじゃない。努力がムダと言っているのではなくて、練習量が多いからヒットを打てるわけじゃないし、チャンピオンになれるわけでもない。そういう意味で、間違った努力って本当に人を不幸にします。できれば、あなたもボッコボコにされながら、自分の才能のある方向で努力をして欲しい。


小川淳司

人によって野球観は違うので、ほかの方がどう考えているのかわかりませんが、私は監督で勝つ試合はないと思っています。プレーするのはあくまで選手ですから、監督のミスで負けた試合はあっても、監督の采配で勝ったという試合はまずないのではないでしょうか。


佐伯弘文

常に残業する人は概して効率も悪く、有能な人間ほど残業しないものです。私自身、残業とか休日出勤したことはほとんどありません。勤務時間中は必死で仕事をし、5時ごろになると頭がボーっとなるのが常で、それ以上やる気がしない。


古河建規

業務上、強く意識しているのは、「ソライズは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。


佐々木常夫

肩書きや上下関係だけの結びつきは、いつか会社を辞めれば消えてしまうものです。定年後も残るのは、信頼によってつながった人間関係だけ。


高岡本州

エアウィーヴは数百回も試作を繰り返した末に完成した、画期的な商品。品質には絶対の自信がありました。しかし、初年度の売り上げは百数十万円。大赤字でした。商品に自信があったばかりに、「放っておいても売れる」と高をくくっていたのです。


藤田晋

企画の問題点を潰して、より粘度の高いものに仕上げる工程は、企画書を作っている時ではなく、作り始める前にするもの。見栄えの良い企画書を作ることが大好きな人の中には、考える時間が「1」で、作っている時間が「9」の人もいる。それは全く逆で、「9対1」でないとダメ。


川上量生

「テレビを見るか、ネットを見るか」という単純な話ではないと思う。テレビや新聞、雑誌といったマスメディアの情報を全く見ない人が増えてきて、見る人との間に大きな溝ができている。今年の夏に、「フジテレビの放送は韓流に偏っている」と抗議するデモが起きましたよね。でもネットをあまり見ない人の中には、その事実すら知らない人がいるはずです。ネットを主に見ている人はマスメディアに不信感を持って、「マスコミは真実を報じない」と批判する。それを受けて、マスメディアを主に見る人や擁護する人が「ネットの住人は暴走しやすい、暴力的だ」と言い返す。お互いの不信感が消えることはなく、感情的になる一方です。実際はそうした人ばかりではないのだから、誤解でしょう。望ましいことではないですね、日本に2つの国ができ始めているんですから。世界の過去の歴史を振り返ると、隣り合った同同士がお互いのことを誤解した結果、戦争に発展してしまったケースは多いんです。


大田弘子

産性を上げるためには2つの課題があります。1つは、いかにイノベーションが起こりやすい環境をつくるか。もう1つが人材をいかに生かすか。この2つに尽きます。


吉山勇樹

スムーズなタイムマネジメントには、よくやる仕事はどれだけの時間がかかるのか、という感覚を持っておくことが必要です。


児島惠美子

予備校講師時代、「歌って踊れる薬剤師になろう」などと替え歌で薬の名前を覚えさせたりしたものだから、周りの先生たちから不満の声もあったようです(笑)。ただ、授業は好評で、合格率も向上。外部から求められて講義をすることも増え、その後独立につながっていきました。


藤澤信義

シンガポール進出時、最初から私自身が駐在しました。自分が乗り込めば、当社グループ内の本気度もいっそう高まると思いました。当社の代表取締役専務も韓国に駐在しており、代表2人が共に海外。これ以上の本気はないでしょう。


深野康彦

夫婦間の溝を埋めるには、「相手の立場に立って、物事を見直してみること」が重要。


森内俊之

将棋は多くの仕事と同じく、一度の負けですべてが終わるわけではありません。ペース配分を考えず、全力投球をし、終盤の考えられないポカで負けた若い頃の経験も、自分の力を底上げする財産になっています。


島田洋七

人間、嫌われるのが当たり前や。全員に好かれている人なんていない。あの校長先生だって、けっこう嫌われてんねんで。
【覚え書き|某高校で講演したときの発言】


ページの先頭へ