名言DB

9412 人 / 110637 名言

本間正人の名言

twitter Facebook はてブ

本間正人のプロフィール

本間正人、ほんま・まさと。学習学提唱者。東京大学文学部社会学科卒業、米国ミネソタ大学大学院で成人教育学博士号を取得。NPO法人学習学協会代表理事、京都造形芸術大学教授などを務めた。

本間正人の名言 一覧

指導力のある上司は、ほぼ例外なく「褒め上手」。褒めることによって、モチベーションを高め、部下との人間関係も良くします。


事実でないことをおだてるのは逆効果。かえって部下の心を傷つけ、「ほめ殺し」になります。


ビジネスパーソンにとって英語は道具。仕事で使う英語を集中的に勉強すればいい。マーケティング、労務管理とか、自分の専門分野の英語に集中的に触れること。


妥協グセのある人は、心の振れ幅が基本的に少ない。つまり、感動や悔しさを人より感じにくい。このため、仕事の楽しさを見つけにくい。妥協グセの人が渇望しているのは、ずばり心理的報酬です。


否定グセの人に「可能性の芽」を摘まれるのは、とんでもない損失。石橋を叩いて渡るのはいいが、叩くだけ叩いて渡らず、他人を渡らせないようにする人もいる。


効果的な叱り方は「ビジョンを示す」こと。「ミスをするな!」ではなく、「こうするとミスが減るね」と提案する。あるいは「どうすればミスが減るかなあ?」と質問し、部下の意見を引き出す。それが効果的な指導につながります。


ほめ上手の秘訣は「細かい長所」を見つけてほめること。部下の小さな欠点をあげつらうと反発を招きますが、細部をほめると「自分のことを見守ってくれている」と信頼感が高まります。


女性の部下が多い職場である病院、生保、銀行などでは、上司のコミュニケーション能力の巧拙により、パフォーマンスに大きな違いが出るのが常です。数百の企業で管理職向けのコーチング研修を担当してきた私の経験からすると、最も重要で差が大きくつくのは「共感的傾聴」のスキルです。


女性の多い職場では「横並び意識」が強い傾向があり、結果を出した部下を人前で褒めたほうがいい、とは言い切れません。褒められてうれしいプラス面よりも、同僚から「ねたみ」「やっかみ」を受ける気苦労、マイナス面のほうが大きい場合もあります。


東日本大震災の直前に、私の父親は急に亡くなりました。父は賜年前に大腸ガンを完治させた後は、ずっと元気だったんです。「最近、話をしてないな」と思っていた矢先の訃報でした。油断していたと痛切に反省しています。親と子でも一期一会、今日がラストチャンスということがあり得るんです。気持ちを伝えられずに一生後悔することを想像すれば、電話しない理由はないでしょう。


一般に男性の管理職は「有能性の証明欲求」が強い傾向があり、自分の問題解決能力を誇示したい気持ちがまさって、「こうすべきだ」とソリューションを示してしまいがち。「問題解決は早ければ早いほどいい」と、相手の話をさえぎってしまうことがあります。他方、女性には「共感欲求」の強い人が多く、ただ話を聞いてもらえれば、気持ちが整理できて落ち着くという場合も少なくありません。女性が多い職場のマネジャーは、一人一人の部下の話をじっくり聞く時間を確保することに高い優先順位を置くべきでしょう。


本間正人の経歴・略歴

本間正人、ほんま・まさと。学習学提唱者。東京大学文学部社会学科卒業、米国ミネソタ大学大学院で成人教育学博士号を取得。NPO法人学習学協会代表理事、京都造形芸術大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

加賀見俊夫

東京ディズニーランドは縮小する国内市場の中で右肩上がりの成長を実現してきました。なぜそれが可能になったのか。結論から言うと、リピーター数の増加です。


鳥越淳司

ホットパックの採用で、同価格帯での食べ比べでは負け知らずでした。しかし残念ながら味だけでは、スーパーのバイヤーさんの最終的な決め手にはならない。だから第3工場を「見せる工場」にしようと考えました。
【覚書き|ロボットによってオートメーション化された巨大な豆腐工場の建設をしたときを振り返っての発言】


寺田千代乃

関西経済同友会では、様々な議論や提言、研究活動などが行なわれていますが、私自身は、いろいろな業種の経営者の方々とお付き合いをすることで、広い視野を得ることができたと思っています。たとえば、バブル経済が崩壊する前は、運ばれる荷物の量が増え続け、運賃価格がずっと上昇を続けていました。そんな時、同友会の方々から、「近頃、どうも荷物の量が減っている。運賃価格も下がっている」という話を聞いて、その後の経営判断の大きなヒントになったことがありました。


峰岸真澄

今後、10年、20年の期間で考えると、タイミングや決断の速さがとても重要になるはずです。


渡邊陽一

周りやほかの誰かがやっているからではなく、自分で考えたことを、素直に行動に移すことが大事。


ネルソン・マンデラ

私は基本的に楽観主義者です。楽観的であるということは、頭を上げて太陽に向かうことであり、足を前に前にと運んでいくことなのです。


トム・フォード

ファッションデザイナーとして、私は常に自分がアーティストではないことを知っていた。なぜなら私は、人に売られ、市場でマーケティングされ、使われ、そして最終的には捨てられてしまうものを作っていたのだから。


矢野香

会話で大切なのは自分の発言のあとに「間」を空けること。大手企業の経営者も、コミュニケーション上手な方は、じっくりと間を取る方が多いと感じます。


宋文洲

優秀な営業マンに大口の得意先を担当させる企業がよく見受けられます。しかし、大口取引の場合、売上を決めるのは商品力と信頼性とマーケットの動向であり、優秀な営業マンを配置したところで売上が急増することは、まずありません。その企業との縁を取り持ったのが営業担当者だからという理由でその後のやり取りもすべてその人を通して行うと決めつけていると、営業担当者の仕事は増える一方です。


坪田信貴

社内に限らず、生活のあらゆる場面でニーズを探すのもおすすめ。「街がもっとキレイならいいのに」「介護の人手が足りない」といった声に接するたび、「これを解決するには?」と考えてみるのです。最初はまるでイメージが湧かないかもしれません。しかし、これもまた「勉強」です。周囲の声を聞き、そこにある問題を掘り下げ、解決策を考えることは、あらゆるビジネスマンにとって有益な訓練となるはずです。


前川孝雄

ものごとに対し「忙しくて」という言い訳を使うのは、優先順位を自分で意図的に下げているということです。業務と同列の優先度にすればいいだけです。


森川亮

日本人は情報収集が大好きという傾向がありますが、ビジネスにおいては情報収集よりも迅速な行動が大事。


サイモン・クーパー(経営者)

従業員の皆さんが職場に愛着を持てなかったり、仕事に愛情を感じていなければ、お客様に当ホテルへの愛着を深めていただくことはできないでしょう。従業員の全員が全身全霊で仕事に向き合ってこそ、お客様に心のこもった笑顔のおもてなしができるんです。それに、従業員全員が職場に愛着を持っていれば、離職をすることもないでしょう。


成田靖也

社員のモチベーションを引き出すには、「認められたい!」「ほめられたい!」といった、人間の根源にある欲求を満たすこと。


鈴木みゆき(経営者)

苦手意識は新しい挑戦に対して臆病になっているからではないでしょうか。ぜひ怖いもの知らずになって、新しい世界に飛び込んでほしいと思います。