名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本郷陽二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本郷陽二のプロフィール

本郷陽二、ほんごう・ようじ。日本の編集者、ビジネス書作家。東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、光文社に入社。光文社カッパ・ブックス編集部などを経て編集企画プロダクションを設立。

本郷陽二の名言 一覧

時間がないと嘆く人には、「1人で仕事を抱える」「段取りが悪い」「時間をかければ完成度が高くなると思い込む」という共通点が見られる。


接待で相手を説得する心理テクニックを「ランチョンテクニック」というように、会食が人間関係のショートカットになるのは明らか。接待費は大目に見たほうがよさそうです。


仕事を100%完璧に仕上げようと思うと歩留まり率が悪化して、効率、成果でマイナス面が出るもの。余裕をもって80点主義でよしとすれば、むしろ仕事がはかどり、目標にも早く到達する。つまりショートカットになる。


本郷陽二の経歴・略歴

本郷陽二、ほんごう・ようじ。日本の編集者、ビジネス書作家。東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、光文社に入社。光文社カッパ・ブックス編集部などを経て編集企画プロダクションを設立。

他の記事も読んでみる

中村天風

特に知っておきたいことは、生活の情味というものは、楽しい事柄のなかにのみあるものではない。悲しいことのなかにもある。


ジャック・ウェルチ

直感や本能は恥ずべきものではない。それは単にパターン認識の一つと言えるのではないだろうか?あることをそれまで何度も何度も見てきた経験から、今回の事の成り行きも見当がついてしまう。言い換えれば直感と言うのは、底深い、たぶん潜在意識化で熟知していることと言えるのではないか。直感をうまく生かすためのコツは、どういうときにそれを信じるかだ。取引案件に関しては直感が当たることが多く、人を採用するとなると当たらないことが多い。直感にはそういう傾向がある。


小林栄三

誰もが、自分自身より何かしら優れたところを持っているものです。かかわったすべての人の良いところを見極め、そこから何かを学ぶという姿勢で接していれば、誰かを嫌いになるということはありません。


村岡恵理

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり。そして、人生の計について深く思索するには、今の季節がやはり適していると思います。凛とした静かな冬の夜空をひとり眺めていると、またたく星が何かを告げてくれそうな、そんな気さえしてきます。


松田憲幸

社長の私が販売店を回ることで、社員だけではなかなか面談の機会がもらいにくい店長の方にもお会いできます。これも社長の仕事のひとつです。


蔭山洋介

言いたいことを言うだけが重要なのではなくて、聞く者の心がどう変化するかという、その「間」や「駆け引き」が、スピーチの醍醐味。


須磨久善

毎回の手術で少しでも上を目指そうという意識を持って努力することが、新しいことに挑戦するためにも、非常に大切なのです。


川村隆

外から見たほうが問題点が良くわかる。日立本社は連結売上高が10兆円前後と巨大だが、グループ企業は大きくても20分の1の規模だ。財布の中身を見ながら戦略を立てて決断できる。本社は戦略の明確さも決断の迅速さも遅れていた。


田中和彦

出世する人の手帳の特徴

  1. 1つずつの仕事にかかる時間を正確に見積もり、時間を細かく区切って1日に多くのタスクを処理している。
  2. 1人で集中して考える時間を確保している。
  3. 仕事に必要な情報をコンパクトに整理・集約している。

ヴォルテール

神がいないなら創らねばならぬ。


辻本憲三

もともとは高校を卒業して、叔父が経営していた菓子問屋を手伝っていました。ところが、数年して叔父が店を畳むというので、21歳で独立して菓子店を開いたんです。その後、取引先が持ち込んできた綿菓子製造機に興味を持って行商を行うことにし、九州の駄菓子屋さんで子供向けに改良した改造パチンコに出会ったんですね。改造パチンコというのは、中古のパチンコ台を子供向けに作り直したもので、子供がそれに熱中している様子を見て、ゲームに注目するようになりました。当時は娯楽が無い時代だったので、駄菓子屋やスーパーに置いたら、大人気。子供だけでなく、いろいろな人が集まってきました。その後、米国で流行していたピンボールのレンタルをやるようになりました。当時のゲームはみな米国製ですから、米国に行き来するようになったのですが、米国でテレビのモニター上でピンポンをやるソフトが開発されたというので、見に行ったんです。それがテレビゲームのはしりで、当社でもテーブル筐体型のゲームを生産することにしたんです。それがインベーダーゲームのブームと相まって大ヒット。タイトーさんからライセンスを取得して、生産したら相当売れました。


石原壮一郎

同僚の怠慢を上司に伝えるとき、相手を批判するのではなく、「心配する」というスタンスが基本。「プライベートで何かあったのか、同僚の○○が仕事に身が入っていないんですよ……。何か聞いていますか?」と質問する。すると上司は事情を知りたくて逆に様子を聞いてくるので、「最近すぐ帰ります」「ミスが目立ちます」と、心配している体を崩さないまま怠慢ぶりを伝えればいい。