名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本田弘敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本田弘敏のプロフィール

本田弘敏、ほんだ・ひろとし。東京ガス社長・会長。東京モノレール取締役、世界貿易センタービル東京社長、東京商工会議所副会頭、日本社会人野球協会会長、日本バドミントン協会会長なども務める。東京高等商業学校(現:一橋大)卒

本田弘敏の名言 一覧

26歳で200人あまりの所員を指揮した体験は貴重だった。ふだん要領がよく所長に取り入っていた人たちは、顔を見せるものが少なかった。反対に、毎日二時間も三時間も歩いてきて「今日は何をしますか」と真剣に聞いてくるのは、日頃ぶっきらぼうで要領の悪い人たちに多かった。
【覚書き:関東大震災直後に東京ガスの芝営業所長代理として陣頭指揮にあたった時を振り返っての発言】


数多い人間の中から相集まり、同じ釜の飯を食って、苦楽を共にするのも何かの因縁である。とすれば、みんなが気持ちよく、仲よく働いていける環境。つまり人の和がなによりも大切である。


本田弘敏の経歴・略歴

本田弘敏、ほんだ・ひろとし。東京ガス社長・会長。東京モノレール取締役、世界貿易センタービル東京社長、東京商工会議所副会頭、日本社会人野球協会会長、日本バドミントン協会会長なども務める。東京高等商業学校(現:一橋大)卒

他の記事も読んでみる

小倉遊亀

人間というのは褒められるとそれにしがみついて、それより上には出られないものです。若い頃の私もそんなふうで、描けども描けどもこんなはずではないと思いながら、同じことに明けくれた時代がありました。


中村邦夫

最近特に苦々しく思うのは、短期的に業績を上げた経営者を、マスコミがすぐに「プロ経営者」とか、「経営のプロ」などともてはやしてしまうことです。そもそも、経営のプロという言い方はおかしいと思いませんか。なぜなら、現在、全国で活躍されている社長さんは、規模の大小を問わず、みな経営のプロなのです。アメリカ企業で勤めてから日本企業に移籍して「プロ経営者」ともてはやされながら、なかなか成功しえないケースもあります。それはやはり、哲学や理念の問題ではないかと私は考えています。


斎藤広達

米国人と議論していると「お前の基本スタンスを教えろ」とよく質問される。そこが明確にならないと、個々の言動の是非は判断できないということ。


三田紀房

「お金で幸せは買える」というのが私の意見です。サラリーマンを辞めて家業の洋服店を兄と一緒に経営していたときには、「明日仕入れ先に支払う金がない」という状況に何度も追い込まれました。その時の家の中といったら、並みの神経では耐えられない空気に包まれます。この状況から抜け出さなくては、と漫画を描き始めたのがいまの私につながります。店のレジに現金があれば、ビールも美味しく飲めたし、家族も明日頑張るぞと燃えた。お金があれば、幸せを味わえるのです。


稲垣えみ子

40を前に、お金を使わないとハッピーになれないという生活態度を変えないとヤバいことになると考えるようになって。お金って、いつまでも稼ぎ続けられる訳じゃない。これまでの人生が上り坂だとしたら、これからは下り坂。会社に勤め続けたところで定年になればガクッと収入は減ります。その時に、お金と自分の幸せを比例させているままだと、その先の人生はどんどん、我慢とか、みじめとか、きついものになっていく。それは絶対に嫌だなと。


シェリル・サンドバーグ

日本でも、三菱化学という会社では、会議はすべて1時間以内、社員は午後7時に帰宅するのがルールになっていると聞きました。素晴らしい。企業も働き方を変える努力をすべきで、それは不可能ではない、ということです。


義家弘介(ヤンキー先生)

親や教師が、子供と一緒に行く、一緒に頑張る、そのことによって一緒に育つ。これが教育です。その子がいじめで悩んでいるとしましょう。解決のために正解なんてありません。場合によっては、自分が出ていっていじめの加害者と対決しなければならないかもしれない。要は大人が必死になっている姿を見せることで、子供自身に問題解決能力を身につけさせるということです。そういうことをせずに「辛いことは向き合わなくていいよ」と、逃げ場所ばかりを与えているようでは、親も教師も教育者失格だと思います。


松井忠三

主流にいなかったからこそ上司の顔色をうかがわずに行動できた。
【覚え書き|西友時代を振り返っての発言】


フィリップ・コトラー

マーケティングのプロたちの目には、金融危機で大騒ぎになっているいまの世の中がどのように映っているでしょうか。少し前なら考えられなかったビッグチャンスがあちこちにゴロゴロと転がっている。そんな情景が見えていれば、マーケティングの達人と言っていいでしょう。


伊藤邦雄

経営者だけが危機を察知していても駄目で、危機意識を社員にいかに共有してもらえるかが大事。


伊澤諒太

「ZUKKU(ズック)」は身長10センチのフクロウ型ロボットです。安価で手軽に設置できるので、サービスロボットのカテゴリーで普及台数をナンバーワンにしたい。普及台数が増えるほどデータも溜まるので、遠隔操作してディスプレーに広告を配信することもできます。いわばこれ自体がメディアになるのです。当社は製品開発も行っているので、そこと連携させて会社の価値向上も図れると思います。


松本大

私の情報収集は、今やネットが中心となっている。ネットは早いし、幅も広い。仕事をしていくうえでは網羅的に情報を知っておくことも必要だ。浅く知って、興味あるところを掘っていくのが効果的だ。