名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

本田哲也(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本田哲也(経営者)のプロフィール

本田哲也、ほんだ・てつや。日本のPR専門家。マーケティングPR会社「ブルーカレント・ジャパン」社長。セガを経て、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社のマーケティングPR部門が独立して出来た「ブルーカレント・ジャパン」に移り、社長を務めた。著書に『戦略PR』『ソーシャルインフルエンス』『その1人が30万人を動かす!』『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。(共著)』ほか。

本田哲也(経営者)の名言 一覧

すべての行動には理由があり、その理由に基づくアプローチをすれば、人は動く。


なぜ今、PRがあらためて注目されているのか。インターネットとソーシャルメディアの浸透で、情報の流れはコントロールできない世の中になったからです。「商品力」や「宣伝力」だけでは、もはや人は動きません。PRとは「世の中を舞台にした情報戦略」であり、その究極の目的は「人の行動を変えること」です。


PRクリエイティビティの真髄は「とんち」「機知性」にある。


一回質問しただけでわかったつもりになるのは早計。質問を重ね、本音をあぶりだすのだ。本当の理由は本人ですら気づいていないケースも多々ある。掘り下げていくなかで本当に解決しなければいけない課題が見つかるかもしれない。心の奥底に秘められた本音にたどり着いたとき、人を動かす準備が整うのだ。


若者の消費行動を指して言われる「車離れ」や「酒離れ」「留学離れ」といった一連の「××離れ」は、インサイト(潜在意識レベルの本音)をとらえていないことの表れだと僕は思う。大人たちがよってたかって「どうせ最近の若者はこうだ」と決めつけている。でも、インサイトを掘り下げると、彼らの行動にも理由がある。そもそも離れていないということが判明することもある。


本音を引き出したいときの会話にはコツがある。それは対面で、しつこいぐらいに「なぜ?」を繰り返すことだ。例えば、「なぜ、そのパンを選んだのか」という質問をしたとする。最初に返ってくる答えはたいてい「おなかが減ってたから」「コンビニエンスストアの棚で目についたから」という程度。でも、そこで引き下がらず、「ほかにも棚にはパンがあったはずだけど、あえてそれを選んだ理由は?」などと質問を重ねていく。相手が「あんまり考えたことがなかったけど、甘いものが欲しかったからかな」と答えたら、「甘い物が欲しいのであれば、××という選択もあったと思いますけど、これを選んだのはなぜですか」と聞く。これを10回ぐらいやると、たいてい相手が怒り出す(笑)。でも、こうした質問を7~8回繰り返すことで、ようやくインサイト(潜在意識レベルの本音)が見えてくる。


コントロールできない世界を必死にコントロールしようとするほど、それ自体がかっこ悪く映る。コントロールできない新しい世界を受け入れたコミュニケーションは、その「コントロールを手放す」ことそのものによって大きな共感を得られる可能性がある。


人を動かすには、人間の心の奥深くに潜在的に眠る「本音」――インサイトに迫る必要がある。インサイトは「洞察」などと訳されることが多い。人間がある行動をとるにあたっての“理由になっていない本音”のようなものをイメージしていただくとわかりやすいだろう。


本田哲也(経営者)の経歴・略歴

本田哲也、ほんだ・てつや。日本のPR専門家。マーケティングPR会社「ブルーカレント・ジャパン」社長。セガを経て、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社のマーケティングPR部門が独立して出来た「ブルーカレント・ジャパン」に移り、社長を務めた。著書に『戦略PR』『ソーシャルインフルエンス』『その1人が30万人を動かす!』『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

小田與之彦

当社は祖母である女将が説いてきた「笑顔で気働き」を信条にしています。加賀屋は1906年、和倉温泉の中で18番目の旅館として創業。新参者の加賀屋を認めてもらうために、徹底してお客様に喜んでもらうことを追求してきました。これがただの掛け声ではなく、我々の生命線だということを経営陣から現場まで共有しています。


後藤卓也(花王)

会社には会社の目的があり、社員一人一人の目的に合わせていられないことを知るべきです。会社は社員一人一人の夢より、お客様の期待に応えることで精一杯です。にも関わらず、一人一人がわがままを言っていたら、組織は成り立ちません。


森下裕道

話下手な人は皆、相手を見ず自分流で話すのです。緊張で話せないのも、「自分がどう見られるか」で頭がいっぱいなのが原因。「相手を見る」ことが解決のカギですが、それに気づかない人は多いですね。


大田誠(経営者)

当社のビジネスは、収入のほとんどを行政からの給付金で得ています。報酬体系は1日いくらという基本報酬に加えて、定着実績に応じて加算される仕組みで、実績がない事業者は黒字化へのハードルが高い。この業界は社会福祉法人を含め、事業所ベースで3100あると言われるが、うち33.8%は一人も就職実績がない。このため、実績やノウハウのある優良事業者が残る仕組みになっていて、真面目な事業者ほどメリットを享受しやすい。


田崎正巳

近年は資本主義の導入で競争原理が働くようになり、国民の半分近くが都市部に定住するようになった。その結果、モノを持つようになり、人々は物欲の塊のようになりつつある。都市部ではモノが幸せの指標となったので、他人が得たモノをうらやみ、それと比較して、自分もモノを得られないと不幸だと感じる人々が増えてしまった。他人軸を気にしはじめた途端、自分の幸せの基準がわからなくなってしまう。


原礼之助(禮之助)

「ケジメをつける」だの「文化人」「有識者」だの英語に翻訳できない曖昧な言葉は使わぬが可です。そんなところから明晰な論理を使う習慣をつけていくことが、自分というものを客観視して、足らぬを正すひとつの道でしょう。


マギー司郎

本人が「オレはダメだな」と思っているところが、時代の流れでいいところに変わることもある。自分がそうだったし、中卒で、手品がヘタでも大丈夫。


出路雅明

よくお年寄りが子どもを損得なしにかわいがりますよね。いい子だから愛するというのではなく、いい子だろうが悪い子だろうが無条件にかわいがる。それが「無条件の受容」です。これを幼少期に体験している経営者ほど、いい会社をつくる傾向があります。


佐川隼人

起業するのは簡単ですが、起業という手段を用いて目的をどう達成していくか、会社を存続させていくかということは、数百倍、数万倍難しい。起業してからの10年間は試行錯誤でやってきました。


松山ケンイチ

別に人に合わせる必要はないし、常識にとらわれる必要もない。そのかわり、何か自分を変えたいと思ったら、自分の理屈というものを探さなきゃいけないなと思います。誰かの理屈とか、誰かの常識に合わせていたら、その誰かを超えられないわけですから。最初は屁理屈でもいいと思うんです。屁理屈だって、ずっとそれを通していたら、いつかは理屈になるはずですから。


南壮一郎

三木谷(浩史・楽天創業者)さんに教えてもらったのは、「ビジネスに大義名分があるか」ということでした。この事業があれば多くの人の役に立てる。社会の問題を解決できる。そういうビジネスでないかぎり発展しないと。


青島広志

感受性を全開にして曲を聴き、良かったか悪かったかをはっきり言えることが大切。演奏から何かを感じ取る力は、人間として最低限必要な力。