名言DB

9413 人 / 110706 名言

本田哲也(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

本田哲也(経営者)のプロフィール

本田哲也、ほんだ・てつや。日本のPR専門家。マーケティングPR会社「ブルーカレント・ジャパン」社長。セガを経て、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社のマーケティングPR部門が独立して出来た「ブルーカレント・ジャパン」に移り、社長を務めた。著書に『戦略PR』『ソーシャルインフルエンス』『その1人が30万人を動かす!』『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。(共著)』ほか。

本田哲也(経営者)の名言 一覧

すべての行動には理由があり、その理由に基づくアプローチをすれば、人は動く。


なぜ今、PRがあらためて注目されているのか。インターネットとソーシャルメディアの浸透で、情報の流れはコントロールできない世の中になったからです。「商品力」や「宣伝力」だけでは、もはや人は動きません。PRとは「世の中を舞台にした情報戦略」であり、その究極の目的は「人の行動を変えること」です。


PRクリエイティビティの真髄は「とんち」「機知性」にある。


一回質問しただけでわかったつもりになるのは早計。質問を重ね、本音をあぶりだすのだ。本当の理由は本人ですら気づいていないケースも多々ある。掘り下げていくなかで本当に解決しなければいけない課題が見つかるかもしれない。心の奥底に秘められた本音にたどり着いたとき、人を動かす準備が整うのだ。


若者の消費行動を指して言われる「車離れ」や「酒離れ」「留学離れ」といった一連の「××離れ」は、インサイト(潜在意識レベルの本音)をとらえていないことの表れだと僕は思う。大人たちがよってたかって「どうせ最近の若者はこうだ」と決めつけている。でも、インサイトを掘り下げると、彼らの行動にも理由がある。そもそも離れていないということが判明することもある。


本音を引き出したいときの会話にはコツがある。それは対面で、しつこいぐらいに「なぜ?」を繰り返すことだ。例えば、「なぜ、そのパンを選んだのか」という質問をしたとする。最初に返ってくる答えはたいてい「おなかが減ってたから」「コンビニエンスストアの棚で目についたから」という程度。でも、そこで引き下がらず、「ほかにも棚にはパンがあったはずだけど、あえてそれを選んだ理由は?」などと質問を重ねていく。相手が「あんまり考えたことがなかったけど、甘いものが欲しかったからかな」と答えたら、「甘い物が欲しいのであれば、××という選択もあったと思いますけど、これを選んだのはなぜですか」と聞く。これを10回ぐらいやると、たいてい相手が怒り出す(笑)。でも、こうした質問を7~8回繰り返すことで、ようやくインサイト(潜在意識レベルの本音)が見えてくる。


コントロールできない世界を必死にコントロールしようとするほど、それ自体がかっこ悪く映る。コントロールできない新しい世界を受け入れたコミュニケーションは、その「コントロールを手放す」ことそのものによって大きな共感を得られる可能性がある。


人を動かすには、人間の心の奥深くに潜在的に眠る「本音」――インサイトに迫る必要がある。インサイトは「洞察」などと訳されることが多い。人間がある行動をとるにあたっての“理由になっていない本音”のようなものをイメージしていただくとわかりやすいだろう。


本田哲也(経営者)の経歴・略歴

本田哲也、ほんだ・てつや。日本のPR専門家。マーケティングPR会社「ブルーカレント・ジャパン」社長。セガを経て、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社のマーケティングPR部門が独立して出来た「ブルーカレント・ジャパン」に移り、社長を務めた。著書に『戦略PR』『ソーシャルインフルエンス』『その1人が30万人を動かす!』『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

國光宏尚(国光宏尚)

gumiが注目されているのは、たぶん僕がビッグマウスだからじゃないですか。日本のベンチャー界隈は、堀江(貴文)さん以降、目立ったら損だという空気がありますよね。そんな中で僕は「世界一取るぜ!」と言いまくってますから(笑)。


胡厚崑(ケン・フー)

中国には「財散人聚」という言葉があります。財を分け与える者のところに人が集まるという意味です。任(創業者)はこの言葉の通り、社員持ち株制を採用することで優秀な人材を集め、事業を拡大してきたのではないかと思います。


森川亮

直感は大事ですが、それだけだと失敗する確率が高いので、直感をロジカルに分析し、もれがないようにする。これが重要。


小池百合子

人生の豊かさは「忘れ得ぬ時をいくつ持っているか」で決まる。日々の流れの中で、たくさんの「忘れ得ぬ時」を持っている人は、「忘れ得ぬ人」にもなるのではないか。


鳥羽博道

企業は常に成長を続けていかなければならない。「未曽有の不況だから仕方ない」とか「減益は他社も同じだ」とか、経営者である以上、絶対に言い訳や弱音を口にすべきではない。「他社が赤字だろうとなんだろうと、自分たちだけは成長し続け、お客様に夢を与えていくんだ」という強い意志、気概を持ち続けたい。


古屋雄作

「うんこ」とは、「童心の象徴」という答えがしっくりきます。あるいは「笑いの最小単位」。たった3文字ですが笑いのバリエーションも無限に作れる、シンプルゆえに最強の言葉かと。

【覚え書き|大ベストセラーになった『うんこ漢字ドリル』について】


田村哲夫

勉強法は人によって一律ではありません。過去問を解くだけでは皆が東大に入れないのは、その前提となる「自分なりに工夫して学べているか」がはるかに重要だからです。この学校の方針である「自調自考」はそれに気づかせるためです。


リスト・シラスマ

技術があっても、資金があっても、傲慢になってはいけない。


齊藤義明

皆さんの仕事の中で、自分1人で完結するものは少ないでしょう。複数の人や業務と絡み、影響を与えながら進行するはずです。時代も同じで、様々な出来事が互いに影響を与え合いながら進む。


湯﨑英彦(湯崎英彦)

アメリカのベンチャーキャピタルでの仕事は、よい経験になりました。まず、ベンチャーの振興とかアメリカの仕組みがどうなっているかがよく分かりました。今につながることで言えば、ワークライフバランスみたいなところの感覚も分かりましたし。いろんな面で参考になりました。


大江英樹

面倒くさいことはやらない、自分と違う意見は聞きたくない、感情に流されやすい、人を信じやすい、ステレオタイプな発想をする。こんな人は基本的に投資をしてはいけません。それでも利益を得たいと思うなら、自分でやらないで人に任せること。投資信託をお勧めします。


岡野雅行(岡野工業)

大切なのは会社を大きくすることじゃない。いい仕事をして、結果的にお金が後から入ってくる。世の中、そういうもんだろ。


山中伸弥

ただ机上で頭を抱えて考えているだけでは、何も生まれない。


野坂英吾

突然売上げが落ちた場合、安売りのセールをするのも対処法の一つかもしれませんが、私はお勧めしません。これを許してしまうと、安易に叩き売りする悪しき前例が出来てしまいます。一時的に状況は好転するかもしれませんが、また同じ問題が起こったときにはどうしますか。対策は一つだけでなく、複数考えた方がいいでしょう。その中にどうスパイスを入れられるかです。同じ失敗をしないだろうと思える工夫を混ぜてみてください。易きに流されないことで、社内外に対して、当社は本質的な解決方法を考える文化があることを示すことが出来ます。


鈴木貴博(コンサルタント)

戦略思考は考え方の問題であって、知識は重要ではないという人がいますが、それは大間違いです。常識に反するような事例をたくさん知っていれば常識を超えやすくなりますし、「これと似た問題を見たことがあるぞ」という連想から柔軟な発想が生まれることも多いのです。つねに好奇心を持って、行ったことのない場所に行く、異分野の人と会う、新聞やテレビのドキュメンタリーを見る、といった努力をして多くの事例を収集することもまた、戦略思考のセンスを高めるために不可欠です。