名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本田哲也(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本田哲也(経営者)のプロフィール

本田哲也、ほんだ・てつや。日本のPR専門家。マーケティングPR会社「ブルーカレント・ジャパン」社長。セガを経て、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社のマーケティングPR部門が独立して出来た「ブルーカレント・ジャパン」に移り、社長を務めた。著書に『戦略PR』『ソーシャルインフルエンス』『その1人が30万人を動かす!』『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。(共著)』ほか。

本田哲也(経営者)の名言 一覧

すべての行動には理由があり、その理由に基づくアプローチをすれば、人は動く。


なぜ今、PRがあらためて注目されているのか。インターネットとソーシャルメディアの浸透で、情報の流れはコントロールできない世の中になったからです。「商品力」や「宣伝力」だけでは、もはや人は動きません。PRとは「世の中を舞台にした情報戦略」であり、その究極の目的は「人の行動を変えること」です。


PRクリエイティビティの真髄は「とんち」「機知性」にある。


一回質問しただけでわかったつもりになるのは早計。質問を重ね、本音をあぶりだすのだ。本当の理由は本人ですら気づいていないケースも多々ある。掘り下げていくなかで本当に解決しなければいけない課題が見つかるかもしれない。心の奥底に秘められた本音にたどり着いたとき、人を動かす準備が整うのだ。


若者の消費行動を指して言われる「車離れ」や「酒離れ」「留学離れ」といった一連の「××離れ」は、インサイト(潜在意識レベルの本音)をとらえていないことの表れだと僕は思う。大人たちがよってたかって「どうせ最近の若者はこうだ」と決めつけている。でも、インサイトを掘り下げると、彼らの行動にも理由がある。そもそも離れていないということが判明することもある。


本音を引き出したいときの会話にはコツがある。それは対面で、しつこいぐらいに「なぜ?」を繰り返すことだ。例えば、「なぜ、そのパンを選んだのか」という質問をしたとする。最初に返ってくる答えはたいてい「おなかが減ってたから」「コンビニエンスストアの棚で目についたから」という程度。でも、そこで引き下がらず、「ほかにも棚にはパンがあったはずだけど、あえてそれを選んだ理由は?」などと質問を重ねていく。相手が「あんまり考えたことがなかったけど、甘いものが欲しかったからかな」と答えたら、「甘い物が欲しいのであれば、××という選択もあったと思いますけど、これを選んだのはなぜですか」と聞く。これを10回ぐらいやると、たいてい相手が怒り出す(笑)。でも、こうした質問を7~8回繰り返すことで、ようやくインサイト(潜在意識レベルの本音)が見えてくる。


コントロールできない世界を必死にコントロールしようとするほど、それ自体がかっこ悪く映る。コントロールできない新しい世界を受け入れたコミュニケーションは、その「コントロールを手放す」ことそのものによって大きな共感を得られる可能性がある。


人を動かすには、人間の心の奥深くに潜在的に眠る「本音」――インサイトに迫る必要がある。インサイトは「洞察」などと訳されることが多い。人間がある行動をとるにあたっての“理由になっていない本音”のようなものをイメージしていただくとわかりやすいだろう。


本田哲也(経営者)の経歴・略歴

本田哲也、ほんだ・てつや。日本のPR専門家。マーケティングPR会社「ブルーカレント・ジャパン」社長。セガを経て、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社のマーケティングPR部門が独立して出来た「ブルーカレント・ジャパン」に移り、社長を務めた。著書に『戦略PR』『ソーシャルインフルエンス』『その1人が30万人を動かす!』『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

ポテンシャルをもっている若い人をきちっと指導することが大切です。入社5年目から10年目ぐらいのあいだに、ひとつの仕事を最初から最後までやり遂げる経験を積ませることが非常に大切です。


野村克也

高い理想を求めていたからこそ、勝利にこだわり、自分を磨いてこられた。


安藤広大

部下を背中で引っ張るなとは「率先垂範」の否定です。上司は自分が「ベストプレーヤー」である必要はありません。それをやると本来最も重要な、「管理する機能」を放棄することになるからです。部下を成長させるのに必要なのは、「不足の指摘」です。足りない要素を的確に指摘し、埋まったかどうかを確認する。「背中を見て学べ」というのは、部下の育成を放棄しているとも言えます。


川上善郎

悪い噂への最も賢い対処法は「無視戦略」と言える。つまり、悪い噂が流れてもダンマリを決め込む。とにかく、時間が経って落ち着くのを待つ。賢明な戦略と言えるでしょう。


鬼塚喜八郎

31歳で創業して55年。転んでは起き上がる苦闘の繰り返しでした。倒産寸前の危機に直面したことも何度かあります。


島村琢哉

新分野に進出するようなとっぴな買収はやらない。あくまで今あるコア事業を地道に伸ばしていく。既に3000億円を超える買収案件のリストはできている。


パク・ジョアン・スックチャ

「自分がしてほしいことを人にもしてあげよう」と考える人が多いと思いますが、ダイバーシティにおいては、一歩進んで「相手がしてほしいことをしてあげる」のがプラチナルール。それには相手とよく会話し、理解なければ始まりません。


小早川智明

私は昨年、小売り部門のトップになって、まさか1年でホールディングスの社長になるとは思いませんでした。指名委員会の皆様から「非常に困難な道のりだと思うが、若い力で頑張ってほしい」とお声掛け頂いて、非常に身の引き締まる思いでした。やはり、人間として生まれたからには、使命をやり遂げるしかない。大きな覚悟が必要だと思って、社長という大役をお引き受けいたしました。


金川千尋

手に入れた情報が正しかったかどうかは、結果にすぐ表れます。間違っていたら修正し、新たな判断を加えればいいのです。中長期的には良い方向へ収斂していきます。前回行った判断が100点満点で60点だったら、問題を検討し、次は120点の判断を目指す。これを繰り返し、ならして100点に近づけていくという判断の技術が必要です。


古川一夫

情報が変質する中で、コンピュータは省力化マシンから、価値を生むシステム、マシンへと変わってきているんです。我々はメインフレームがバリバリの時代を経てきましたが、その後、ユビキタス時代の到来など、いろんな環境の変化に応じてコンピュータシステムそのものが省力化マシンから、バリュー・クリエイション・マシンになっています。こうした変化を我々は事業の中で本質的にとらえていかなければいけないと思っているんです。


クロード・モネ

人は私の作品について議論し、まるで理解する必要があるかのように理解したふりをする。私の作品はただ愛するだけでよいのに。


入山章栄

弱い結びつきを大事にすると、人脈は幅広く繋がり遠くに伸びます。すると、その先から自分の知らない「情報=知」が流れてきて様々な組み合わせが試せる。