名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本村健太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本村健太郎のプロフィール

本村健太郎、もとむら・けんたろう。日本の弁護士、タレント、俳優。佐賀県出身。東京大学法学部卒業。学生時代から演劇に打込む。大学在学中にテレビ朝日のドラマ『イッキ!イッキ!東大へ』のオーディションに合格し、俳優デビュー。また、大学在学中に司法試験に合格。卒業後は弁護士として活動しながら、テレビ出演やドラマの法律監修を担当した。

本村健太郎の名言 一覧

自分の容量以上の仕事は引き受けないということは心がけています。仕事を振られたら、できる限りほかの人と分担する。容量オーバーになるといい加減な仕事をすることになりますから。


仕事が速くなる裏技はない!少なくとも私は、必死に頑張るだけです。


スピードが必要なときでも「最近、仕事が雑になってきているんじゃないか?」「自分は完璧な仕事ができているだろうか?」という葛藤だけは失ってはいけません。正確さにこだわる方がプロとして美しい姿だと思いませんか?


弁護士でも、仕事は速いけど「うっかり」も多いという人は結構います。たとえ資料をつくるのが速くても、あとからチェックや修正に時間がかかったり、全部やり直しということになったら帰って時間がかかることになります。基本的にはミスのないものをつくることが一番。スピードは二の次です。


仕事は速ければいいってもんじゃないというのが私の考えです。速くできても内容が雑だったら意味がない。これは好みの問題もあると思いますが。


誰でも自分のキャパシティはわかっているんですよ。だから無理だと思ったら「できません」と上司や周りの人に相談したほうがいいと思います。「この仕事量はまずいな」と気づいているのに、断わり切れずに受けるのはかえって無責任です。早い段階で相談することで、組織全体で一番いい結果を出せる状態をつくる。その方が誠実だと思います。


共演者の方と雑談するくらいで、テレビ収録の待ち時間などで仕事はしていません。時間が空くとすかさずノートパソコンを取り出す文化人の方もいらっしゃいますが。弁護士の仕事は事務所のデスクでしかやらないと決めているんですよ。外には持ち出しません。逆に事務所での勤務時間中にドラマの台本を覚えるといったこともしません。また、家には仕事は一切持ち込みません。


作業のスピードという意味では、人によってそんなに早い遅いの差はないんじゃないでしょうか?実際に仕事をしている時間以外のところで差がついているんじゃないかな。


あまり手帳のページは埋まっていないです。もちろん、締め切りがハッキリしている重要な仕事とか、人と会う約束とか、絶対忘れてはいけないものだけはメモします。でもそれ以外は目についたものからやっていくという感じです。細かい仕事も多いので、いちいちメモっている時間が無駄だと感じてしまうんです。


テレビの仕事の方はマネージャーに把握してもらっていますが、弁護士業も含めた全体は自分で管理しています。本当は全部面倒を見てくれる秘書がいてくれればいいんですけど。といっても、特別なことは何もしていないですね。いまは便利なスケジュール管理ツールもあるんでしょうけど、基本的にはデジタルは苦手で活用していないし……手帳を使うぐらいですね。


高校で演劇に目覚めて以来、僕の一番得意なことは役者の仕事だと思っています。いま、テレビで求められているのはタレント弁護士としての自分。でも、将来的には役者で成功したい。最終目標は米アカデミー賞の助演男優賞です。最短で15年後ぐらいかな。地道に頑張った先に大きなターニングポイントがあると信じています。


本村健太郎の経歴・略歴

本村健太郎、もとむら・けんたろう。日本の弁護士、タレント、俳優。佐賀県出身。東京大学法学部卒業。学生時代から演劇に打込む。大学在学中にテレビ朝日のドラマ『イッキ!イッキ!東大へ』のオーディションに合格し、俳優デビュー。また、大学在学中に司法試験に合格。卒業後は弁護士として活動しながら、テレビ出演やドラマの法律監修を担当した。

他の記事も読んでみる

横山光昭

なぜお金を貯めようとするのか。最終的に何を目的にしているのか。まずそれを自分に問いかけてみてください。そこからお金の使い方に対する軸がだんだん見えてくるはずです。


横田南嶺

人の存在は、たとえるなら大海に浮かぶ泡のように、はかなくあやういもの。しかし、泡は海と一体であり、果ては大気になります。自然はすべてつながり、一体となって切り離せないものです。そのつながりの一部に自分が存在しています。頭で考えて自分を守ろうとするから、心に不安と動揺が生まれます。全体の中の一部として、与えられた役割を精一杯務めることが大切でしょう。


小路明善

商品を通して、社会貢献につながる活動に取り組み、かつそれが事業としての価値を生み、利益を生み出すというように、成長を遂げていかなければいけない。


堀紘一(コンサルタント)

世の中には「時間がない、時間がない」という人がいる。しかし僕の経験では、歴代総理や大会社の社長はいずれも会見を頼んだら一週間以内に時間をくれた。ところがそこそこの会社の役員クラスは、「忙しいから」といってなかなかスケジュールを固めてくれなかったりするのだ。そういうとき僕は、「なるほど、その程度の人物なんだな」と納得するようにしている。時間の使い方ができていないということだ。


佐藤隆(臨床心理士)

暴飲暴食ではストレスは解消されないことが研究で明らかになっています。効果があるのは腹式呼吸や瞑想法です。


中田敦彦

ご存じのとおり、彼(相方・藤森慎吾)は「チャラ男」キャラ。これは一見、軽薄で薄っぺらいという短所ですが、裏を返せば社交的で柔軟性が高い、という長所です。彼はそれを最大限に生かしています。


川村隆

間違い自体は大変よくないことだが、その経験は今後色々役に立つはず。


新浪剛史

私がこの業界に来たとき、数字のうえでは「顧客の平均滞在時間は約3分」と把握していました。ところが、自分の目で店を見てみると、必ずしも3分以内で帰ってしまうお客さんばかりではありません。中には長い時間滞留されているお客さんもいます。そうした方々には、従来のコンビニとは違うアプローチが有効ではないでしょうか。ひとつは店内放送です。全国のローソンには1日約900万人の来店があります。子会社のローソンエンターメディアでは、レコード会社と協業して、店内放送で新曲を宣伝するという事業を進めています。


丸山茂樹(プロゴルファー)

練習に明け暮れ、小中高大と友達と遊んだ覚えがないし、電話番号も知らない。努力したことだけは胸を張れるし、44ストロークの大差で初試合を優勝したことで、「努力すれば負けない」という自信を得ました。その勘違いにも近い自信が僕を練習場に向かわせ、小学校から大学までのアマチュアの全タイトルを獲得することができた。


山下徹

営業利益率10%の目標は、お客様満足度が高まれば、結果として達成できるでしょう。


加賀見俊夫

できるだけ若い人にやらせてみて、その結果、彼らがどう判断をするかが大事だと思うのです。私が若い人たちに求めたいのは、上司から言われた仕事の中で判断を必要とする業務があった場合、「どうしますか?」ではなく、「私はこうしたいと思うのですが、これでよいですね」という意見なのです。


中山秀征

僕自身まだまだ目標を目指した山登りの途中。最終的にどんな景色が見えるのかは、登りきってみないとわからない。50代、60代が楽しみです。