名言DB

9412 人 / 110637 名言

本庶佑の名言

twitter Facebook はてブ

本庶佑のプロフィール

本庶佑、ほんじょ・たすく。日本の医師、医学博士。京都大学大学院医学研究科教授。京都出身。京都大学医学部医学科卒業、京都大学大学院医学研究科生理系博士課程修了。京都大学医学部副手・助手、大阪大学医学部教授などを経て京都大学医学部教授に就任。そのほか、日本学術振興会学術システム研究センター所長、静岡県公立大学法人理事長などを務めた。ノーベル生理学・医学賞を受賞。

本庶佑の名言 一覧

自分が何を知りたいか、はっきりしていないと研究というものはブレてしまう。何ができるかでなく、何が知りたいかであって、できることばかりやっていると目標を見失う。常に何が知りたいか問いかけながら研究をやってきた。


教科書がすべて正しかったら科学の進歩はないわけで、教科書に書いてあることが間違っていることはたくさんある。人が言っていることや教科書に書いてあることをすべて信じてはいけない。「なぜか」と疑っていくことが大事だと思っている。


少なくとも、メディアで少々叩かれたくらいで引っ込むようでは、先の道筋はつけられません。


科学技術というのは一般に問題を見つけるのが一番難しい。問題を現実的にアプローチ可能な課題として提示できれば、答えは半分以上出たようなもの。


基礎研究というのは一般的に地味で、直接患者さんを治療をするわけではありません。ただ、医者として治療できる人数は何百人か何千人ですが、基礎研究で、このような結果が出たときは何百万人という人を救えるし、自分が死んだ後も続くわけですから、そういう意味では基礎研究はすばらしいと思う。


私は日本は外に開国すると同時に内側にも開国してくれと言いたい。日本の中のタコツボを全部壊して、業界だの部課だのの枠に閉じこもらず、全部ガラガラポンで、率直にやろうじゃないですか。


超高齢化社会というのは、世界中で日本が最初に経験する特異な社会です。逆に言うと、それは新しいビジネスチャンスになる。


本庶佑の経歴・略歴

本庶佑、ほんじょ・たすく。日本の医師、医学博士。京都大学大学院医学研究科教授。京都出身。京都大学医学部医学科卒業、京都大学大学院医学研究科生理系博士課程修了。京都大学医学部副手・助手、大阪大学医学部教授などを経て京都大学医学部教授に就任。そのほか、日本学術振興会学術システム研究センター所長、静岡県公立大学法人理事長などを務めた。ノーベル生理学・医学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

牧野正幸

その世界のトップに昇り詰めた人間は、充実していて楽しい人生を送っているというイメージを周囲に与えることが大事だと思います。憧れを抱かせるからこそ、後に続く者が現れるのです。そこに至る道の厳しさを教えるのは、憧れの後でよいのです。


池上秀徳

グローバル人材育成が話題ですが、語学力だけではなく「主体性積極性、チャレンジ精神」「異文化に対する理解」が重要だと思っています。


塩原研治

私は不器用なタイプなのですけど、時計の修理においてはそれもひとつの個性と捉えて、直観でパッと仕事を進めるのではなく、あらゆる方法を試してから最善の方法を見つけるという手順を追求することにしたんです。


猪瀬直樹

先入観を持たず、素直に「あっ、面白そう」と思えたかどうか。その感性が大事。


小宮一慶

10時半には寝たいので、会食があっても一次会しか行かず、8時過ぎには切り上げてもらうようにしています。また、肩や腰などが痛くなくても、定期的に鍼治療に通っています。痛くなってからでは遅い。仕事のクオリティを常に一定に保つためには、体調管理も重要。


前澤友作

僕自身は、どんな仕事でも楽しめるという自信があります。高校時代、建築現場の作業やスーパーのレジ打ちなど、学生がするようなアルバイトは一通り経験しましたが、僕はどれも楽しむことができました。荷物をひたすら積み上げる単純作業だって、頭の中で歌を歌いながらリズムに合わせて動くようにすれば、きっと楽しくなる。どうせ仕事をするなら、楽しむ方法をその都度考えれば楽しくなるし、時間もあっという間に過ぎていきます。自発性があれば仕事は楽しめます。


竹内一郎

発信力を支えているのは受信力。人に伝達する能力が高い人は、情報を受け取る感度や観察力も高く、学んだことを常に活かしている。


田中仁(経営者)

ヨーロッパで成功している「無印良品」さんの成功理由を考えた時、思うのは、企業のDNAや企業姿勢をきちんと消費者にコミュニケートできているのだと思います。我々のDNAは何で、どんなことをメッセージとして発信していくべきかという「ブランドビジョン」をあらためてブラッシュアップしなければならない時期にきていると思います。米国に進出し成功を収めるには、そこまで準備を整えることが必要です。


本多均

事業が衰退期に入るときには、全営業所の前月対比が一店舗だけマイナスになるなど、何かしらの兆候があります。


樫尾幸雄

敗戦で欧米から「日本人は劣っている」と見られたでしょう。「ものまねはできるが独創性はない」とね。その悔しさが、モノ作りの原動力の一つでした。「日本人はそんなんじゃない、欧米に負けないものを作りたい」とね。


進藤孝生

海外には既に197社の合弁会社がありますが、現地パートナーと事業を伸ばしていくつもりです。敵対的買収はしない方針ですから、お互い納得した上で手を組んで、ともに成長を目指します。


ジョン・レノン

はじめに作った歌詞カードには「マスターベーション」て言葉があった。だけど僕の曲はあっちこっちでもう何度も禁止されて……出すレコードはみんな何かの理由で禁止なんだ。なにしろ「アイム・ザ・ウォルラス」だって、中にズロースという言葉が出てくるんで一時BBCは禁止していたんだからね。つまり、あんまり何度も禁止ばかりくらっていたから、その時はちょっとひよってマスターベーションをマスティケーション(咀嚼)に変えたのさ。マスターベーションという言葉ひとつにこだわるよりは、曲そのものが世に出ることの方が大事なんだ。


猪瀬直樹

ビジネスにも畏れの感覚が不可欠。畏れを失うと、あとで必ずしっぺ返しがきます。食品の偽装問題がいい例。詐欺や不正でウマイ汁を吸えるのはほんの一時のこと。発覚したとたん、何十年もかけて築いた信頼が一瞬で崩れ去ります。いくら競争が厳しく、追い詰められた状況に陥っても、「自分に誇れる仕事をする」という意識だけは忘れてはいけません。


一戸明美

顧客本位にとことん徹しています。「ある程度満足してもらえればそれでよし」なんて絶対ダメ。お客さまの喜ぶ顔を見たいから、私をはじめスタッフ全員が常に全力投球です。


岩崎裕美子

残業をしないための仕組みとして行ったことは4つ。(1)全社員に定時退社を徹底する、(2)業務の棚卸と選別、(3)業務のシステム化、(4)アウトソーシング活用です。