名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本庄正則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本庄正則のプロフィール

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

本庄正則の名言 一覧

下から悪い情報が上がってこない組織というのは、絶対にダメになる。だから、情報がどれだけ上に上がってくるかが大事なんだ。


最後に頼りとなるのは神の与えてくれた運と縦横の人間関係しかない。


加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しないし、降格もしない。


人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


経営者の仕事はリスクを計算して決断することです。リスクを考えるうえで、悪い情報というのは、貴重な材料です。経営者に悪い情報が上がってこなくなったら、その組織は健全に機能していない。そう考えていいのではないでしょうか。


私はオーナー経営者ですから、悪い情報には人一倍敏感に反応して、すぐに手を打とうとします。しかし、サラリーマンは違います。まずは、組織の中でいかに生き残るかという「保身」に走りがちなんです。これは人間の本性であり、無意識のうちにやっていることを責めても仕方がない。逆に、経営者はそのところをしっかりと見極めて、マイナスの情報を意識して収集する努力が必要なのだと思います。


これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


上がってきた問題点は、専門の委員会を作り、解決の易しい順にABCDの4種類に分けて、改善に取り組むことにしました。直せるものは、その年度にできるだけ直す。残ったら翌年の課題にして取り組む。それを3年間繰り返して、ずいぶん体質改善ができたと思います。


一昨年、ある実験をしました。部長クラス全員に、自分の部署の問題点を書きださせたのです。問題点を多く書いてきた者ほどプラスに評価し、少ないところは減点すると付け加えました。出てきた問題点については、一切叱らないと明言したところ、大から小から様々な問題が出て来る出て来る。最終的には2600件にもなりました。このプロジェクトに参加した管理職は250人くらいいましたから、一人平均10件の問題点を指摘したことになります。


事業が拡大するにつれ、組織も肥大化し、風通しが悪くなるのは、企業の宿命だと思っています。企業の構成員の大半は、サラリーマンです。自分の人事考課が悪くなるような情報は上に上げたくないのが人情。その気持ちはよくわかります。しかし、本当に大事な情報がトップのところに届かなくなり、経営判断を誤ってしまうようでは困ってしまいます。


13年前、実弟(本庄八郎)に社長を譲ってから、日々の経営に口を出すことは、まずありません。いまの私の立場は「君臨すれども統治せず」。いろいろな病気をして、体力も衰えました。私が伊藤園の経営に関われるのも、あとせいぜい15年というところでしょう。少しずつ、会社との距離を置くように心がけていますが、その前にぜひやっておきたいと思っているのが、風通しのいい企業風土をつくっておくことです。
【覚書き|会長時の発言】


本庄正則の経歴・略歴

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

他の記事も読んでみる

重永忠

社員全員の顔と名前を覚えるのは、人を大切にする企業であることを、社員に伝えたいから。社員と同様、一人ひとり違った背景と要望を持つお客様に、マニュアルどおりの一律な対応をしてほしくない。その想いを伝えるためにはやはり、トップ自らが実践することが重要だと思います。私の行動を通して、心のこもった接客の重要性を知ってほしい。


山田隆持

我々は成長期には純増数(新規契約数-解約数)だけで業績を評価していました。しかし成熟期に大切なのは、純増数、解約率、ARPU(顧客一人あたりの月間平均売上高)という3つの指標のバランスなのです。


小坂敬

小さい頃から、色々な病気を患ってきましたが、病気をしたことで、何事も諦めず、前向きに生きることの大切さを勉強させてもらったような気がします。


織田大蔵

事件は起きないに越したことはない。しかし、事業をやっていれば、大なり小なり、いろいろな事件が起きる。それを、ひとつひとつ乗り切ることによって、事業家としての成功がある。楽は苦の種、苦は楽の種だ。


マリリン・ファーガソン

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。


樋口廣太郎

先に作ったからと言って二番手三番手に負けたら、それはうちのビールの味が悪いのだからしょうがないじゃないか。そんなものにぐじぐじ言っていてはだめだ。一番手に作ったものがうまいと思ってんだから、これは売れるはずだから信念を持て。【覚書|スーパードライ開発後、他社がこぞって同じような商品を発売した。そんな中で社員に対しての激励の言葉】


大坪清

世の中がその姿を刻々と変える中で、勇気をもって変化に立ち向かう年にしたいと思う。幸い日本経済は、世界的な経済の好調と安定した政治体制に支えられ本格的に強さを発揮しつつある。正社員の有効求人倍率が過去最高を更新する中で、働き方改革に本気で取り組まない企業は、恐らく生き残ってはいけないだろう。この好機を生かし、働き方改革を大きく前進させる年にしたい。


松澤大之

アウトプットに不可欠なのが「暗記」というステップです。頭でわかっていても、重要な用語や数字を暗記していなければ、学習内容を解答用紙に再現することができません。それでは当然合格もできない。暗記さえすればすべての問題に解答できるわけではありませんが、暗記して再現することが、正解に近づく確実な方法であることは間違いありません。私のいう暗記とは、いわゆる丸暗記のことではありません。ここでいう暗記は、「なるほど、そういうことなのか」という理解を伴った暗記のことです。


田川博己

旅行会社はもはやチケットを売ればいいという時代ではなくなったのです。いま私たちが築いてきたビジネスモデルが問われています。ですから人材も当然「単に旅行が好き」という人ではなく、「自分で考えを提案し、お客様に喜んでもらう仕事が好き」という人でないと務まりません。


阿部寛

最近は、他の俳優やスタッフとのコミュニケーションの重要性を痛感しています。きっかけは、「コースト・オブ・ユートピア」という舞台を経験したこと。9時間にも及ぶ上演時間で、稽古の時から追い込まれました。もう限界だと感じたある日の昼休みに、ふと自分の楽屋を出て、気分転換に他の役者やスタッフが集まる部屋に行ってみたんです。そのまま雑談をしながら、一緒に昼ご飯を食べました。すると、悩んでいた気持ちが少しラクになったんです。それから、毎日皆でご飯を食べて、時間を共有するようにしました。段々と、自分だけで抱えていたプレッシャーが軽くなったし、皆のサポートも以前より増してきました。おかげで過酷な舞台も乗り切れたんです。「自分を豊かにしてくれるのは、皆と一緒にやっているからだ」と強く思いました。恥ずかしながら、40代になってから気付きました(笑)。


深谷純子

必要なのは壊れない強い心ではなく、へこんでも元に戻る回復力のある心。


パトリツィオ・ディ・マルコ

利益をあげたいなら頭を使って効率を高め、サプライヤーと協力すればいいのです。国内から出なくてもそれはできるでしょう。実際、我々はそうしているのですから。