名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

本庄正則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本庄正則のプロフィール

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

本庄正則の名言 一覧

下から悪い情報が上がってこない組織というのは、絶対にダメになる。だから、情報がどれだけ上に上がってくるかが大事なんだ。


最後に頼りとなるのは神の与えてくれた運と縦横の人間関係しかない。


加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しないし、降格もしない。


人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


経営者の仕事はリスクを計算して決断することです。リスクを考えるうえで、悪い情報というのは、貴重な材料です。経営者に悪い情報が上がってこなくなったら、その組織は健全に機能していない。そう考えていいのではないでしょうか。


私はオーナー経営者ですから、悪い情報には人一倍敏感に反応して、すぐに手を打とうとします。しかし、サラリーマンは違います。まずは、組織の中でいかに生き残るかという「保身」に走りがちなんです。これは人間の本性であり、無意識のうちにやっていることを責めても仕方がない。逆に、経営者はそのところをしっかりと見極めて、マイナスの情報を意識して収集する努力が必要なのだと思います。


これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


上がってきた問題点は、専門の委員会を作り、解決の易しい順にABCDの4種類に分けて、改善に取り組むことにしました。直せるものは、その年度にできるだけ直す。残ったら翌年の課題にして取り組む。それを3年間繰り返して、ずいぶん体質改善ができたと思います。


一昨年、ある実験をしました。部長クラス全員に、自分の部署の問題点を書きださせたのです。問題点を多く書いてきた者ほどプラスに評価し、少ないところは減点すると付け加えました。出てきた問題点については、一切叱らないと明言したところ、大から小から様々な問題が出て来る出て来る。最終的には2600件にもなりました。このプロジェクトに参加した管理職は250人くらいいましたから、一人平均10件の問題点を指摘したことになります。


事業が拡大するにつれ、組織も肥大化し、風通しが悪くなるのは、企業の宿命だと思っています。企業の構成員の大半は、サラリーマンです。自分の人事考課が悪くなるような情報は上に上げたくないのが人情。その気持ちはよくわかります。しかし、本当に大事な情報がトップのところに届かなくなり、経営判断を誤ってしまうようでは困ってしまいます。


13年前、実弟(本庄八郎)に社長を譲ってから、日々の経営に口を出すことは、まずありません。いまの私の立場は「君臨すれども統治せず」。いろいろな病気をして、体力も衰えました。私が伊藤園の経営に関われるのも、あとせいぜい15年というところでしょう。少しずつ、会社との距離を置くように心がけていますが、その前にぜひやっておきたいと思っているのが、風通しのいい企業風土をつくっておくことです。
【覚書き|会長時の発言】


本庄正則の経歴・略歴

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

他の記事も読んでみる

寺尾玄

自分を変えるためには、まずは自分の「コア」を知ることです。コアとは自分の核となるもので、「芯」や「軸」と言い換えられる「譲れない大事もの」です。大人であればコアを持っていない人はいませんが、そのコアに気づいていない人も少なくありません。自分のコアが分かっていない人は、自分を変えようとしてもうまくいきません。そういう人は、「夢や目標に共通性がなく、他人から信用されない」「同じ失敗を何度も繰り返す」「常に文句を言いながら生きている」といった傾向がある。だから、闇雲に変わろうとしても駄目なんです。


内藤忍

資産とは、「貯める」ものではなく、配分を「デザインする」もの。


小川仁志

哲学は、「自然哲学」「政治哲学」「教育哲学」「公共価学」「法哲学」というように、扱う対象で分類できるので、対象を絞って学ぶことも可能です。ですが、どの哲学を学ぶにしても「基礎となる哲学」は知っておいた方がいいと思います。おすすめは時系列を追って理解していく「哲学史で学ぶ手法」です。哲学は「新しい思想→批判→新しい思想」の繰り返しで発展してきましたから、流れを把握するのは有効です。


小宮一慶

自分を認めてくれる人がいないことを気に病む必要はありません。認められるだけのことをしようと努める人こそが立派な人なのです。


吉永泰之

私は若い頃から、「部長が課長の仕事をするのはおかしい」と思い続けていました。課長は課長の仕事を、部長は部長の仕事を残さずやってほしい。そのためには、部長が課長の仕事をやってはいけないんです。


野口吉昭

ビジネスの現場では論理的思考にも限界があることを知っておいた方がいいでしょう。論理的に思考した結果、売上を伸ばすための施策が10個浮かび上がってきたとします。しかし、これらの施策をひとつひとつすべて試して妥当性を検証するのは困難です


成田和幸

営業の現場では、いくら見栄えの良いカタログで説明してもダメで、各営業マンの手作り感が重要です。


横山光昭

何よりもまず現状の把握。当社を訪れた相談者で、元々家計簿を付けていたという方は2割程度。自分の年金受給予定額を知らない、夫婦で相手の収入や貯金を知らないという方もいる。相手に貯金があると思っていたら借金だった、では仕方ありませんね。現状から目を背けていないで、書き出して共有することが大切。


ダニエル・ウェブスター

信頼は強制によって作られるものではない。人間に信頼を強いることはできない。


藤井清孝(経営者)

転職をした際は、責任のある仕事うんぬんという前に、新天地で自分の「何」が買われたのかをまず理解することです。


藤原洋

ビッグデータが注目されているのは、AIと密接な関係があるからです。AIの精度は、ビッグデータの量にかかっています。データが蓄積されるほど、自らどんどん改良していくディープラーニングによって、チェス、将棋、囲碁の世界ではAIがプロに勝ってしまいました。沢山のインプットをして、経験を積んだ人ほど価値が高いわけですが、この「経験を積む」という行為を瞬時にして行うディープラーニングの勝利は、人間もうかうかしているとAIに職を奪われることを暗示しています。ディープラーニングで学習した方が高効率な単純作業の仕事は当然ながら、法律や会計基準に乗っ取って行う弁護士、公認会計士の仕事も置き換えられるかもしれません。


枡野俊明

過去の失敗がトラウマとなり、新しい仕事に踏み出せない人がいます。しかし過去は過去、悔やんだところで何も変わるはずはないのですから、放っておけばいいのです。