名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

本庄正則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本庄正則のプロフィール

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

本庄正則の名言 一覧

下から悪い情報が上がってこない組織というのは、絶対にダメになる。だから、情報がどれだけ上に上がってくるかが大事なんだ。


最後に頼りとなるのは神の与えてくれた運と縦横の人間関係しかない。


加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しないし、降格もしない。


人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


経営者の仕事はリスクを計算して決断することです。リスクを考えるうえで、悪い情報というのは、貴重な材料です。経営者に悪い情報が上がってこなくなったら、その組織は健全に機能していない。そう考えていいのではないでしょうか。


私はオーナー経営者ですから、悪い情報には人一倍敏感に反応して、すぐに手を打とうとします。しかし、サラリーマンは違います。まずは、組織の中でいかに生き残るかという「保身」に走りがちなんです。これは人間の本性であり、無意識のうちにやっていることを責めても仕方がない。逆に、経営者はそのところをしっかりと見極めて、マイナスの情報を意識して収集する努力が必要なのだと思います。


これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


上がってきた問題点は、専門の委員会を作り、解決の易しい順にABCDの4種類に分けて、改善に取り組むことにしました。直せるものは、その年度にできるだけ直す。残ったら翌年の課題にして取り組む。それを3年間繰り返して、ずいぶん体質改善ができたと思います。


一昨年、ある実験をしました。部長クラス全員に、自分の部署の問題点を書きださせたのです。問題点を多く書いてきた者ほどプラスに評価し、少ないところは減点すると付け加えました。出てきた問題点については、一切叱らないと明言したところ、大から小から様々な問題が出て来る出て来る。最終的には2600件にもなりました。このプロジェクトに参加した管理職は250人くらいいましたから、一人平均10件の問題点を指摘したことになります。


事業が拡大するにつれ、組織も肥大化し、風通しが悪くなるのは、企業の宿命だと思っています。企業の構成員の大半は、サラリーマンです。自分の人事考課が悪くなるような情報は上に上げたくないのが人情。その気持ちはよくわかります。しかし、本当に大事な情報がトップのところに届かなくなり、経営判断を誤ってしまうようでは困ってしまいます。


13年前、実弟(本庄八郎)に社長を譲ってから、日々の経営に口を出すことは、まずありません。いまの私の立場は「君臨すれども統治せず」。いろいろな病気をして、体力も衰えました。私が伊藤園の経営に関われるのも、あとせいぜい15年というところでしょう。少しずつ、会社との距離を置くように心がけていますが、その前にぜひやっておきたいと思っているのが、風通しのいい企業風土をつくっておくことです。
【覚書き|会長時の発言】


本庄正則の経歴・略歴

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

他の記事も読んでみる

松井道夫

先代(松井武)は1人で経営をして、1人で決めてきた人でした。私にも「あなたの責任でおやんなさい」ですから、社長というのは自分で決断して行動するものだと思っています。多数決で決める、相談して決めるというのでは、リーダーではない。


冨田和成

自宅選びといえば「賃貸か分譲か」は常に論争の的になります。若い経営者のほとんどは賃貸です。今後、家族が増える可能性もありますし、いつ海外にビジネス拠点を移すかも分かりません。将来が不確定なら賃貸を選ぶ方が合理的といえます。


秋山利輝

丁稚としての卒業制作では、家族のための家具を一人でつくり上げるのですが、誰のためにどんな家具をつくろうかと考えることも、一つの具体的な目標になると考えています。


有森裕子

私は高校、大学と大きな実績を残していません。エリート選手ではなく、「追いかけられる」立場になったことはほぼなかったので、比較対象は「対自分」でした。常に挑戦者の立場だったので諦めるという概念があまりなかったのです。


安部徹也

自分の価値観ではなく、他人の価値観に影響を受けて目標を定めている人は意外と多いのではないでしょうか。当然ながら、自分の価値観に合わない目標で、モチベーションを保てるはずがありません。自分の願望よりも世間体を気にした目標を立てている人、会社の目標をそのまま自分の目標にしている人にも、同じことが言えます。


盛田昭夫

自分の正しいと思ったことはどんどんやれ。間違っていたら変えればいいだけだ。


坂本光司

一つ忘れてはならないのは、制度だけでなく組織風土の改革にも目を向けることです。言うまでもなく、どんな優れた制度も使われなければ意味がありません。経営者の中には、「うちの社員は、有給を取れと言っても休まない。仕事が好きなんです」という人がいます。本当にそうでしょうか。多くの場合、単に「休みづらい空気」が社内に漂っているだけです。制度をいかに実効性のあるものにするか。その雰囲気づくりもリーダーの重要な役割です。


安田佳生

値上げの依頼状など書く必要はありません。新商品の提案書を作るべきなのです。大きく値上げする代わりに、ワンランク上の顧客を納得させるだけのメリットを示す。そこにこそ、将来に向け、本当の商機が生まれてくるはずです。


坂根正弘

学びの成果を「できない理由、ダメな理由」を考え発信するのではなく、「本質に向かって何ができるか」を考え行動する人になってほしい。


程近智

謙虚に、道を究めるのが日本の強み。今は型がぶれている状況。型が決まりさえすれば、日本の強さが発揮できる。


猪瀬直樹

似たような種類の仕事はひとかたまりにしてスケジュールを組むと、集中力が持続して効率的に予定をこなせる。


佐藤達哉(サトウタツヤ)

アドラーを「誤読」している人はかなりいます。原著を読んだわけではなく、都合のいいところを抜き出してきて、それが全てだと信じ込んでいる人が多いように感じます。