名言DB

9419 人 / 110788 名言

本庄正則の名言

twitter Facebook はてブ

本庄正則のプロフィール

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

本庄正則の名言 一覧

下から悪い情報が上がってこない組織というのは、絶対にダメになる。だから、情報がどれだけ上に上がってくるかが大事なんだ。


最後に頼りとなるのは神の与えてくれた運と縦横の人間関係しかない。


加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しないし、降格もしない。


人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


経営者の仕事はリスクを計算して決断することです。リスクを考えるうえで、悪い情報というのは、貴重な材料です。経営者に悪い情報が上がってこなくなったら、その組織は健全に機能していない。そう考えていいのではないでしょうか。


私はオーナー経営者ですから、悪い情報には人一倍敏感に反応して、すぐに手を打とうとします。しかし、サラリーマンは違います。まずは、組織の中でいかに生き残るかという「保身」に走りがちなんです。これは人間の本性であり、無意識のうちにやっていることを責めても仕方がない。逆に、経営者はそのところをしっかりと見極めて、マイナスの情報を意識して収集する努力が必要なのだと思います。


これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


上がってきた問題点は、専門の委員会を作り、解決の易しい順にABCDの4種類に分けて、改善に取り組むことにしました。直せるものは、その年度にできるだけ直す。残ったら翌年の課題にして取り組む。それを3年間繰り返して、ずいぶん体質改善ができたと思います。


一昨年、ある実験をしました。部長クラス全員に、自分の部署の問題点を書きださせたのです。問題点を多く書いてきた者ほどプラスに評価し、少ないところは減点すると付け加えました。出てきた問題点については、一切叱らないと明言したところ、大から小から様々な問題が出て来る出て来る。最終的には2600件にもなりました。このプロジェクトに参加した管理職は250人くらいいましたから、一人平均10件の問題点を指摘したことになります。


事業が拡大するにつれ、組織も肥大化し、風通しが悪くなるのは、企業の宿命だと思っています。企業の構成員の大半は、サラリーマンです。自分の人事考課が悪くなるような情報は上に上げたくないのが人情。その気持ちはよくわかります。しかし、本当に大事な情報がトップのところに届かなくなり、経営判断を誤ってしまうようでは困ってしまいます。


13年前、実弟(本庄八郎)に社長を譲ってから、日々の経営に口を出すことは、まずありません。いまの私の立場は「君臨すれども統治せず」。いろいろな病気をして、体力も衰えました。私が伊藤園の経営に関われるのも、あとせいぜい15年というところでしょう。少しずつ、会社との距離を置くように心がけていますが、その前にぜひやっておきたいと思っているのが、風通しのいい企業風土をつくっておくことです。
【覚書き|会長時の発言】


本庄正則の経歴・略歴

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

他の記事も読んでみる

平井一夫

ストレートに人員を削減することもあれば、ケミカル事業を売却するなど、雇用を確保する前提で事業譲渡することもあります。グループ全体で選択と集中を進めるので、コア事業に必要な人材を持つ会社とは提携するし、他社へ譲渡する場合もあります。そういう意味では、さらなる構造改革の可能性は否定しません。


三枝匡

スモール・イズ・ビューティフルの組織は、各チームがあたかも中小企業のように「創って・作って・売る」という商売のワンセットを持っていますから、経営者の育成には非常に向いています。事業チームのリーダーであるディレクターの上には、ディレクターを束ねる事業部長がおり、さらにその中に執行役員や取締役がいて、その上に社長の私がいます。ステップを上がる度に経営者として大きな組織の運営の仕方が身に付いてきます。このように経営者としての現場での経験も大変必要ですが、経営に関する知識も勉強もしなければなりませ。


和田裕美

いままで、ビジネス書や絵本、手帳、歌など、本当に様々な商品をこの世に生み出してきました。本を読んだり、手帳を使ったりしてくれる皆さんに、元気になってほしいと思いながら、いつも全力で作っているので、作り終えるとヘトヘトになります。でも、出来上がった商品を見ると、私も元気になれる。これからも熱い思いを持って、モノを作っていきたいと思っています。


角野卓造

ひとり居酒屋、ひとり旅を楽しむようになったのは、地方公演が多かったのもきっかけです。地方に出かけると、舞台に限らず移動から食事までそれこそ寝食を共にします。昔はビジネスホテルなんてありませんから、6畳に3人寝ることも当たり前で、いやが上にも一人になりたくなるんです。若い頃は、ひとりの時間を楽しむためにジャズ喫茶に出かけていました。


森永卓郎

売れなくなったモノを、リバイバルヒットさせるには、時代背景を踏まえ、消費者の嗜好の変化に応じたひと工夫を施す必要があります。その際にポイントとなるのが、「変えていい部分」と「変えてはいけない部分」を見定めること。変えてもいいのは技術的な面や不便な点。変えてはいけないのはコンセプトです。そして、「不便さや不満の解消」がリバイバルの際には重要な要素になります。


亀井静香

いままでの政治は政治家同士の関係ばかりを気にしていた。だからこの国は混乱してしまったんだよ。オレは「交友関係」なんて知ったこっちゃない。政治は国のため、国民のためにしているんだから、能力のある人が上に立つべきだし、派閥なんて関係ない。


佐藤綾子(心理学者)

打たれ弱いタイプに「君のやり方はまずい」と正面から言ったり、あまりに大きな案件を期限付きで指示したりすると、それを重荷に感じてストレスとなり、つぶれてしまいます。やんわりと言葉をかけましょう。


有本均

好印象を残せる人ほど、個性を消す自己紹介をしています。そもそも、第一印象が悪くなるのは相手と自分とのトーンの高さが違うときなんです。だから、誰に対しても元気に挨拶しなければならないと思っている人は、自己紹介で失敗しやすい。自分のことに精一杯で、相手の様子にまで気を配れない人が多い気がします。


東英弥

社会の一翼を担わないと、事業というものは成立しない。


喜多村円

技術的に一番手を走り続けるのは正直キツいです。研究開発にはコストがかかりますし、最先端技術を搭載した商品でも、ヒットするかどうか確信を持てません。二番手は、新技術が評価されたかを確認してから商品を出せばいいので、先行投資はいりません。