本庄正則の名言

本庄正則のプロフィール

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

本庄正則の名言 一覧

下から悪い情報が上がってこない組織というのは、絶対にダメになる。だから、情報がどれだけ上に上がってくるかが大事なんだ。


最後に頼りとなるのは神の与えてくれた運と縦横の人間関係しかない。


加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しないし、降格もしない。


人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


経営者の仕事はリスクを計算して決断することです。リスクを考えるうえで、悪い情報というのは、貴重な材料です。経営者に悪い情報が上がってこなくなったら、その組織は健全に機能していない。そう考えていいのではないでしょうか。


私はオーナー経営者ですから、悪い情報には人一倍敏感に反応して、すぐに手を打とうとします。しかし、サラリーマンは違います。まずは、組織の中でいかに生き残るかという「保身」に走りがちなんです。これは人間の本性であり、無意識のうちにやっていることを責めても仕方がない。逆に、経営者はそのところをしっかりと見極めて、マイナスの情報を意識して収集する努力が必要なのだと思います。


これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


上がってきた問題点は、専門の委員会を作り、解決の易しい順にABCDの4種類に分けて、改善に取り組むことにしました。直せるものは、その年度にできるだけ直す。残ったら翌年の課題にして取り組む。それを3年間繰り返して、ずいぶん体質改善ができたと思います。


一昨年、ある実験をしました。部長クラス全員に、自分の部署の問題点を書きださせたのです。問題点を多く書いてきた者ほどプラスに評価し、少ないところは減点すると付け加えました。出てきた問題点については、一切叱らないと明言したところ、大から小から様々な問題が出て来る出て来る。最終的には2600件にもなりました。このプロジェクトに参加した管理職は250人くらいいましたから、一人平均10件の問題点を指摘したことになります。


事業が拡大するにつれ、組織も肥大化し、風通しが悪くなるのは、企業の宿命だと思っています。企業の構成員の大半は、サラリーマンです。自分の人事考課が悪くなるような情報は上に上げたくないのが人情。その気持ちはよくわかります。しかし、本当に大事な情報がトップのところに届かなくなり、経営判断を誤ってしまうようでは困ってしまいます。


13年前、実弟(本庄八郎)に社長を譲ってから、日々の経営に口を出すことは、まずありません。いまの私の立場は「君臨すれども統治せず」。いろいろな病気をして、体力も衰えました。私が伊藤園の経営に関われるのも、あとせいぜい15年というところでしょう。少しずつ、会社との距離を置くように心がけていますが、その前にぜひやっておきたいと思っているのが、風通しのいい企業風土をつくっておくことです。
【覚書き|会長時の発言】


本庄正則の経歴・略歴

本庄正則、ほんじょう・まさのり。お茶・清涼飲料水メーカー大手の伊藤園創業者。早稲田大学を卒業後、伊藤園を創業。日本初の缶入りウーロン茶、缶入り緑茶を発売。これが大ヒットとなり伊藤園を日本を代表する清涼飲料水メーカーへと飛躍させた経営者。

他の記事も読んでみる

山岡孫吉

自分でものをつくって、誰はばかるところなく値段をつけ、「この値段で嫌なら買ってくれなくても結構です」と言えるような、自信のある仕事がしたい。メーカーになろう。それも百姓生まれの私にふさわしい、この農業用の石油エンジンメーカーに。こう決心した。
【覚書き|ガスエンジンブローカーから石油エンジン製造に事業を切り替えたときを振り返っての発言】


西岡喬

原点となるのはお客様です。ものづくりの再生も、その原点に立ち返ることでしか成し遂げられません。


ピーター(池畑慎之介)

長く続けていくためには、無理なブームに乗らず、定番を地道に磨き続けることが大切なんじゃないでしょうか。


川原礫

スティーヴン・キングは、小説を「鉱脈」にたとえています。どこかに埋まっているものであり、それを掘り当てた人が書いている、という考え方ですね。実は、僕も同じような感覚。『SAO』という世界がどこかにあり、それを覗き見る権利を偶然手に入れたのが僕だった。僕は切り口だけを考え、この世界をみなさんにお届けする。そんなイメージなんです。


岩崎裕美子

仕事環境を整えるため、弊社では改善提案制度を導入しています。ホームページ改善、書籍代負担など、改善提案をした社員には1件につき500円を支給する制度です。昨年は600件寄せられました。もちろん、何でも採用するわけではありません。少しでも迷いが生じる提案には期間を設けて試験的に実施していますし、反響がない制度は随時廃止しています。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。


駒崎弘樹

何か変えようとするなら、その対象に触れないといけないはずです。でも、典型的知識人にはそれが足りなくて、概念としての日本を語って満足しているように見えます。それは企業人も同じ。


西田公昭

プレゼンでも、固有名詞や数字、確率を盛り込むことで、リアリティを演出することができます。それはやろうと思えば、ウソをつかずに受け手を錯覚させることもできるでしょう。プレゼンの受け手としては無駄な情報にとらわれず、フラットな判断を心がけたいところです。


丸山忠(経営者)

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。


三宅義信

夢から遠く離れすぎると、人は元気をなくします。日本全体がいまそうなっている。すると夢を持つ子供も育たなくなります。小さいことでかまわない。夢を持ちましょう。持たない夢は、つかむことができないのですから。


福岡伸一

生命は常に揺らいでいます。押せば押し返しますし、引っ張れば逆に引っ張りかえそうとします。情報とエネルギーを投入し、あるとき効率がアップしたとしても、別の個所でダウンしてしまいます。


石田衣良

常に何か面白いことはないかと考える、これをずっと続けていかないといけない。それが無意識のうちにできるようになると、アイデアを探そうとは考えなくなる。探そうと思っているうちは、なかなか見つからない。アイデアを探すことが習慣にならないといけない。


熊谷正寿

我々のビジネスの基本は、すべてを自分たちでつくり、自分たちで売ること。そのためパートナー(従業員)の約半数がエンジニアやクリエーターです。彼らがナンバーワンのプロダクトを生み出すためには、日頃から本物のアートに触れて感性を磨くことも大事です。


田村公正

新しいことにチャレンジしていく創業期からの社風を今一度、喚起したい。


酒巻久

偏差値が高い大学を出ていて、「学校での勉強は、きっとできていたんだろうな」という人にかぎって、大事な仕事や決断を後回しにする傾向が強いように思います。


ページの先頭へ