名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本庄八郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本庄八郎のプロフィール

本庄八郎、ほんじょう・はちろう。日本の経営者。「伊藤園」社長。兵庫県出身。早稲田大学第一法学部卒業。兄・正則とともに「フロンティア製茶(のちの伊藤園)」を設立。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

本庄八郎の名言 一覧

モノのサービスには限界があるけれども、心のサービスには限界がない。


真面目にコツコツやる。派手さは要らない、愚直にやれ。


お客様、従業員、取引先、ステークホルダーすべてがウィン・ウィンの関係でなければ仕事は長続きしない。


時代に合わさなくてもいい基本の原理原則は守らなければならない。


額に汗しないと絶対に駄目だ。


伸びる人は一所懸命な人。これしかない。頭がいいとか悪いとか、いい大学を出たとか、そんなことは関係ない。本当に一所懸命、自分の仕事をしっかりやっている人は伸びていく。


使命感が先にあるのではなく、一所懸命、死に物狂いで目の前の仕事をこなし、自分の頭で考えるようになると、「これは自分の生涯の仕事だ」と使命感を感じるようになってくる。


つなぐことはものすごく重要。つながらないと会社も存続しませんからね。基本の考え方は絶対につないでいく。


物ごとの原理原則を守っていこう。


お客様第一主義が伊藤園経営の中核。お客様とは、商品を買っていただく消費者だけでなく、原材料の購買先、地域社会と私たちと取引や関係のある企業や人たちすべて。


会社は、社員の失敗では絶対に潰れません。潰すのは社長の失敗です。ですから、社員は若い頃から縮こまらず、新しいことに挑戦し続けてほしい。


何をするにしても、国も企業も肚を括らなければ、何もできない。


みんなが反対するものほど売れる。


伊藤園の基本は、ものまねはしないということ。


自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけない。


取引先とは共存共栄で一緒に大きくなっていく。一方で、苦しいときは苦しいときで互いに応援し合う。


当社が缶入り緑茶を作ったとき、今まで誰も作ったことがないものでしたが、様々な企業さんからアイデアを出していただきました。


どの国でも、海外へ出ていく時は肚を括らなければいけない。投資したカネがなくなってもいい、というぐらいの覚悟が必要。


メーカーであり、小売りもやりますから、粗利も大きくなる。


セールスの基本は、自分を売り込むこと。では、自分の何を売り込むのかというと、信用、誠実さ、真面目さです。あいつは誠実だと思われれば、何でも売れるんです。


頭の良かった兄(本庄正則)と違い、できが悪かった私は、徹底して足で稼ぎました。伊藤園は、兄貴の頭と私の足で上手くいったんです。


絶対に相手の農家さんが儲かる農業をやりなさい。農家が儲からない農業をやったら絶対に潰れる。

【覚え書き|宮崎県で茶産地育成事業を開始したときの言葉】


ボーナスは最初から出したんです。額は少ないですよ。少ないけれども気持ちだと言って出しました。利益が出たら、どんどん出すと約束したんです。社員がまたよく働いてくれて。今年は臨時ボーナスまで出しました。

【覚え書き|ボーナスが出せない状態まで低迷していたチチヤスを買収したときを振り返って】


私は常日頃から「人の真似をするな」と言い続けてきました。これも全員に浸透していると思います。商品でも徹底して当社は他の物真似をしていません。これは「独自のものを創れ」と言い続けてきたからこその結果ではないかと思うのです。


兄(本庄正則)の決めたことで失敗することもありました。でも兄が失敗したら、その分自分が営業で頑張って取り返せばいいというふうに考えていました。失敗は全て自分が引き受ける、という覚悟をしていましたね。兄も、「自分が失敗しても、弟がどうにかしてくれる」と(笑)。


新しい技術が登場し、技術革新はどんどん進んでいく時代にあって、それは我々も時代に合わせていきます。しかし、時代に合わせなくていいというか、時代が変わっても変えてはいけない基本の原理原則は、絶対につなぐというのが私どもの考えです。


私は営業には「商品を売るな」と言っています。その代わり、「自分を売り込みなさい」と。これが営業マンの原理原則です。自分を売り込み、次に誠実さを売り込む。誠実さとは、約束を守ること、時間を守るといったことです。これはグループ会社の社員にもしっかり伝えています。


やはりお客様に支持される商品でないと、問屋さんや小売店さんも売ってくれませんし、最終消費者のお客様も買ってくれません。一目惚れするようなデザインの商品だと感じて初めて買ってみたお客様が「おいしい」と言って、また買ってくださる。


兄(本庄正則)のすごいところは、人の育て方でした。年齢に関係なく、能力を見て思い切って権限を委譲する。そうやって人を育ててきました。


当社の事業のメインは国内になります。国内の事業をしっかり維持していかないと絶対に海外ではできません。国内が安定的な成長をするために、しっかり国内を固めてさらに強固にしていく。母体がしっかりしないと、海外に出ることはできませんからね。


小川(八重子)さんが新聞のコラムに「ゴクゴク飲めるお茶(常茶)がいい」という随筆を書いていらしたので会いに行ったんです。これがその後の烏龍茶の普及につながったので、事業は人の縁だとつくづく感じます。


我々は「味」で勝負です。中国のメーカーは値段で勝負してくると思いますが、我々にとっては関係ありません。今でも他の商品に比べて高い値段で売っていますので、現地では一切安売りはしません。


最先端のイメージにすることは若者の就業を増やすためにも重要です。最先端と昔からの技術をうまく現代風にアレンジすれば、生産性の高い農業が可能ですし、若者があこがれる農業も実現できます。


子会社を再建するときは、トップは伊藤園から送り出しますが、役員は内部からどんどん引き上げていくというやり方です。現場の社員のやる気を出して、全体を盛り上げていくことが重要です。


再建を頼まれたことが始まりでしたが、引き受けた以上、きちんと再生させようと、我々のナンバー2を送り込みました。営業の総責任者を務めた人物で、彼がまずやったのは問題点の洗い出しでした。
【覚え書き|タリーズを連結子会社化した当時を振り返っての発言】


研究しなければ、お茶の基本が分からない。香りは何でできているのか、味は何でできているのか、細かい分析が必要です。そうやってお茶を知り尽くすことで、もっと良いお茶ができる。


営業のコツは自分を売り込むこと。最初は商品を売り込んでもダメ。毎日通って、誠意と誠実さ、一所懸命さ、つまり自分を売り込むしかない。それができてやっと商品の話を聞いてもらえます。


伊藤園はこれまで、世の中になかった商品をいくつも生み出してきました。それは営業が聞いてきたお客様の不満に耳を傾け、現場が失敗を恐れずに課題の解決に挑んできたからです。


直販の営業体制を作ってきたのも、兄と一緒に培った「誠実を売る」というセールスマンとしての鉄則を守るためです。問屋に頼るメーカーからは、我々の売り方はゲリラ戦に見えるでしょうね。広告をさほど打たずに、全国約200の支店で営業員が商品を足で売り込みヒットさせるのですから。


私たちの社是の冒頭には、「お客様を第一とし、誠実を売り」とあります。それは我々が守るべき一番大切なこと。そのため、新入社員の教育だけは今も私が前面に出ます。


お客様は買ってくれる消費者や小売店さん、問屋さんだけではない。お金を貸してくれる金融機関や地域社会、原料を売ってくれる仕入れ先も我々のお客様なんです。当社は、この定義を徹底的に社内教育でしっかり社員に植え付けています。そうしておかないと、中には勘違いをして消費者と買ってくれる小売店さんと問屋さんだけがお客様であると思ってしまいかねないからです。


本人も不退転の決意だったと思います。でも、そのくらいの覚悟がないとアメリカでやってはいけない。孤軍奮闘で誰も応援してくれないと思いますが、アメリカで人間関係を築くことができれば変わると思います。正直に言えば「よくやった」と。だけど本人の前では言わないです(笑)。

【覚え書き|米国籍を取得してまでアメリカでのお茶の普及に尽力した甥の本庄洋介取締役に対して】


私が社長として経営を主導してはいましたが、後ろから支えてくれる人がいなくなってしまった。支えてくれる人がいるのといないとでは、天と地ほどの差があります。だから、兄が亡くなってからの1~2年は何となく不安という状況が続きました。自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけないと思いましたね。


スーパーなど小売りサイドでも、湿気の問題に悩んでいました。シャッターを下ろした閉店後に、本当に湿気を吸って駄目だと。何か方法はないかと相談も受けました。そこで、ラミネートの袋にして湿気の侵入を防ごうという新しい販売方法を考えだした。これがお客様に大変喜ばれました。この問題解決を一緒にやってくれたのが、今でも取引関係のある千代田グラビヤさんです。我々にはそういう技術はないですから、取引先にお願いするわけですが、千代田グラビヤさんは大変協力してくれました。取引先の技術を活用させてもらって、今日の伊藤園があります。


伊藤園として、日本茶事業をとことん突き詰めていくのが基本姿勢。その結果、創業5年で日本茶トップの会社になりました。けれども時が経つにつれて市場が成熟化してきて、これ以上売り上げを強化すると、経費ばかりが上がってしまうという状況になってきたんです。そこで企業再構築に踏み切りました。日本茶の伊藤園から考え方を変えて、総合飲料の伊藤園にしていこうと。ただ総合飲料だからといって何でもありではない。伊藤園の存在価値として、「自然・健康・安全・良いデザイン・おいしい」、この5つの製品開発コンセプトは守るようにしました。


本庄八郎の経歴・略歴

本庄八郎、ほんじょう・はちろう。日本の経営者。「伊藤園」社長。兵庫県出身。早稲田大学第一法学部卒業。兄・正則とともに「フロンティア製茶(のちの伊藤園)」を設立。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。