名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本多孝光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本多孝光のプロフィール

本多孝光、ほんだ・たかみつ。日本の経営者、クリエイティブディレクター。愛知県出身。英国Lord Ashcroft International Business SchoolでMBAを取得。本多プラスに入社。経営企画室長、営業本部長、専務などを経て社長に就任。

本多孝光の名言 一覧

誰かが考えたものを言われるままの条件で作っているだけでは生き残れない。


我が社のモットーは、「自分で考え、自分で作り、自分で売る」。技術と感性を融合したクリエイター型メーカーを目指している。


本多孝光の経歴・略歴

本多孝光、ほんだ・たかみつ。日本の経営者、クリエイティブディレクター。愛知県出身。英国Lord Ashcroft International Business SchoolでMBAを取得。本多プラスに入社。経営企画室長、営業本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

新田龍

転職先として知名度が低い優良企業を探すときに簡単でおすすめなのが、各省庁が公表している優良企業のデータを利用すること。政府の中小支援の一環なのですが、各省庁のホームページで様々な優良企業が紹介されているので、参考にしてください。そして次が「就職四季報 優良・中堅企業版」です。こちらでも優良企業が調べられます。この2つで当たりをつけたら、その会社のホームページで事業内容などをじっくりと調べてみましょう。


米山公啓

低い目標をクリアしても達成感は小さいし、高すぎる目標ではやる気を失ってしまいます。自分の能力から判断して、成功確率が50%くらいの目標に挑戦することが、脳にとってもっともいい刺激になるんです。


捧賢一

今期、上場以来17年連続の増収増益を見込んでいますが、この間、経営で大事にしてきたのは、人の動きです。昔から「給料の3倍働けよ」というでしょ。ですから、労働分配率33%を目標に、どう合理化するか大変な戦いをやっています。もちろん、仕組みについてですよ。配送センターでできる作業は集中的にやろうとか、いま、労働分配率は35%です。もうひとつの目標は総資本経常利益率。現在、8.5%で、これを10%へ引き上げたい。


ピーター・ドラッカー

経営者は、その企業の将来について、もっと時間と思索を割くべきである。


築山節

歩けば、いやが上にも脳の働きは活性化します。私は数年前から、朝と昼食の前後に計2万歩が日課です。


香山リカ(精神科医)

私は人間がわりと苦手です。人前で話をするのも話を聞くのも、本当はあまり好きではありません。しかし、医者として仕事を始めたその日から、「仕方ない……『人間大好きのお医者さん』ってことで、いっちょやってみるか」と腹をくくり、白衣を着たときは、「元気な医者モード」にスイッチを切り替えることにしました。すると、これまではやったことのない「社交的な自分」を演じるのは、なかなか新鮮なものでした。周りの反応もこれまでと全然違ってくるので、それはそれで面白いのです。


中西勝則

私が頭取時代、静岡銀行は5年間で中小企業などに対して128億円の債権を放棄しました。これにより過去からの累計で1万8000人の雇用を守ることができた計算になります。もし、仮にこれらの企業が破産した場合の損失額は7170億円。そのうち静岡銀行が失う経済的対価は204億円に達していたと試算できますから、債権放棄は十分に経済合理性を確保していますし、それ以上に社会的損失を回避するために大きな意味を持つものだったといえます。


五郎丸歩

自分のチームを好きにならないと、力は湧いてきません。企業もスポーツと同じで、所属する企業や組織を好きになれば、モチベーションは高まります。


入山章栄

多くの歴史ある企業では、創業者や中興の祖の掲げたビジョンが、歴史とともに風化してしまっていることが多い。しかし、それは「そもそもこの会社は何のためにあるのか」という会社のDNAそのものであり、それを咀嚼して現代風に蘇らせれば、周囲に「腹落ち感」を与え、組織やステーク・ホルダーからの求心力が高まる。


木造信之

優れたパートナーと協力しながら、最適な方法で活動の幅を広げていくという発想は有用。ただ、活動の幅が広がるほど、自分の側にも確固たる基軸が必要になる。


安本隆晴

会社がどのような規模であってもその時点で組織図をきっちり作れば、どの機能がどの程度足りないかが分かります。


鬼頭政人

詰め込み型だと、私のように柔軟な発想が苦手になる傾向があるため、ディスカッション形式の授業も必要だと感じます。私自身、柔軟な発想ができるよう、日々、ニュースの裏にあることは何かを考えながら新聞を読むなど、努力を続けています。