名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

本多孝光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本多孝光のプロフィール

本多孝光、ほんだ・たかみつ。日本の経営者、クリエイティブディレクター。愛知県出身。英国Lord Ashcroft International Business SchoolでMBAを取得。本多プラスに入社。経営企画室長、営業本部長、専務などを経て社長に就任。

本多孝光の名言 一覧

誰かが考えたものを言われるままの条件で作っているだけでは生き残れない。


我が社のモットーは、「自分で考え、自分で作り、自分で売る」。技術と感性を融合したクリエイター型メーカーを目指している。


本多孝光の経歴・略歴

本多孝光、ほんだ・たかみつ。日本の経営者、クリエイティブディレクター。愛知県出身。英国Lord Ashcroft International Business SchoolでMBAを取得。本多プラスに入社。経営企画室長、営業本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

貝原益軒

老後一日楽しまずして、虚しく過ごすは惜しむべし。老後の一日、千金にあたるべし。


山本真司

私の場合は、仕事を楽しむために自分なりの目標設定を工夫します。たとえば同じようなプロジェクトに取り組むとき、前回は3か月で終わったから、今回は1か月半でやろうなどと目標を設定します。すると、やる気も湧いてきます。もちろん1か月半で終わらせれば、自分の成長にもつながります。ものごとは多面的に見ると、必ず熱中できる部分があるものです。努力は楽しめるものなのです。


吉村久夫

江戸時代後期の儒学者、佐藤一斎はその著『言志四録』の中で、それぞれの年代での勉学の勧めを述べた後で、最後に「老いて学べば死して朽ちず」と書いています。江戸の昔から生涯教育の教えはあったのです。政府も百歳時代の教育の在り方を考えなければならなくなりました。


酒井誠(経営者)

自動車メーカーでは、なかなか継続的に続けられない仕事を当社は地道に積み上げている。


柳弘之

企業経営モデルとして「選択と集中」という言葉があります。我々は、あまりこだわることなく多様性を持ちたいと考えています。それぞれが個性と独創性を持ちながら、キラリと光らせたいというのが我々の会社の考え方です。事業はいろいろ広がりが出てくるものですが、緩やかな枠決めはしつつも多様性と個性を追求していきたい。


櫻田慧(桜田慧)

目上の人にはとにかく可愛がられろ。目下の人からは慕われないとダメだ。


捧賢一

今期、上場以来17年連続の増収増益を見込んでいますが、この間、経営で大事にしてきたのは、人の動きです。昔から「給料の3倍働けよ」というでしょ。ですから、労働分配率33%を目標に、どう合理化するか大変な戦いをやっています。もちろん、仕組みについてですよ。配送センターでできる作業は集中的にやろうとか、いま、労働分配率は35%です。もうひとつの目標は総資本経常利益率。現在、8.5%で、これを10%へ引き上げたい。


瀬島龍三

撤収作戦の重要な要素は2つ。ひとつは「タイミングを失わない」こと。もうひとつは、「撤収こそトップが決断せよ」ということ。


野木森雅郁

現場の意見を無視して決めてはいけない。


秦郁彦

歴史家の仕事にはジレンマがあり、つらい時もあります。満州事変を主導した石原莞爾の評伝を書いた時のこと。遺族に話を聞きに行くと、私が石原を高く評価していることが伝わったのでしょう、秘蔵文書を提供してくださいました。しかし私は著書の中で「日本を破滅の道へ追いやった責任者」と石原を厳しく結論づけた。つらいことではありますが、好きな人物であってもこの点はゆるがせにできません。遺族の方は不満だったと聞いています。「借り」ができるから、当事者のヒアリングはしないと割り切っている人もいるくらいです。


櫻田武(桜田武)

自分がこの会社を繁栄させたなどと考える社長は思い上がりの最たるもの。預かりの精神のない社長は失格。会社というのは所詮預かりものなんだよ。もし自分以外の人間が社長になっていたらもっと会社は繁栄していたかもしれないとは考えないものだろうか。自分が社長になったのは会社を取り仕切るためじゃない。4年なり6年の間、会社をお預かりして業績を上げ、次の社長にバトンタッチするためなんだ。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

再建にあたり、まずは現場を見て回りました。当時は紙の台帳しかなく、まずはそれらを全てエクセルに入力する作業から開始しました。各部屋の稼働率などを1~2週間かけてまずは独自に分析しました。分析開始から2ヶ月後には採算の合わないレストランを閉鎖し、また、部屋食を廃止しレストランに集約するなど新しい経営方針を打ち出しました。設備投資は出来ないので今あるものを使いながら変えていきました。