名言DB

9425 人 / 110833 名言

本多孝光の名言

twitter Facebook はてブ

本多孝光のプロフィール

本多孝光、ほんだ・たかみつ。日本の経営者、クリエイティブディレクター。愛知県出身。英国Lord Ashcroft International Business SchoolでMBAを取得。本多プラスに入社。経営企画室長、営業本部長、専務などを経て社長に就任。

本多孝光の名言 一覧

誰かが考えたものを言われるままの条件で作っているだけでは生き残れない。


我が社のモットーは、「自分で考え、自分で作り、自分で売る」。技術と感性を融合したクリエイター型メーカーを目指している。


本多孝光の経歴・略歴

本多孝光、ほんだ・たかみつ。日本の経営者、クリエイティブディレクター。愛知県出身。英国Lord Ashcroft International Business SchoolでMBAを取得。本多プラスに入社。経営企画室長、営業本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山口ひろみ(経営者)

より優れたスペックを追求するため、新たな技術には常にアンテナを張り巡らせています。技術の進歩により、かつては不可能だった企画が実現できるようになったケースも少なくありません。


三船久蔵

小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある。


藍澤彌八

店を閉めようとしたら50万円の借金が見つかった。結局私一人が借金を背負った形となって、このあと悪戦苦闘をする。そして立て直しに成功する。いい取引先を見つけたことと思惑をやらなかったせいである。
【覚書き:藍澤証券の前身である港屋商店を経営再建したきっかけについての言葉。思惑とは思惑売買のことで、自分の思惑でもって金融商品の売買をする投機的投資のこと】


家入一真

一番大事なのは、何かに依存して生きるのをやめることです。会社や上司に依存するから、身動きがとれなくなる。「上司に恩があるから、あと3年はこの会社で頑張る」といった考え方もしなくていいと思います。僕は、会社はもちろん、友人や仕事相手との人間関係にも依存したくないし、もっと大きなことをいえば、国や社会にも依存したくないと考えている。だから自由に生きられるのです。


深田和範

幸い30代は、頑張れば実力も一番伸びるときです。踏ん張りもききます。成功する独立のためには、自分がやりたいこと、できることを徹底的に考えることです。そして、成功の基準を定める。あとはタイミングを間違わず、諦めないことです。


藤井孝一

休日の使い方で着目したいのは、個人の時間をどれくらい持つことができているかです。よく仕事と家庭のバランスが言われますが、それに個人の時間をプラスしたバランスが、これからのビジネスマンには必要です。会社が定年まで面倒を見てくれると思っている人は、もはやいないでしょう。個人の時間を意図して設けることは、そのまま人生の目的を考え、自分と向き合うだけではなく、自身を棚卸する時間にもつながります。


久野康成

仕事を教えることによって、今まで自分が気付かなかったことを学ぶことができる。さらに、後輩に自分の仕事を譲ることにより、新たな仕事に挑戦することができるようになる。仕事を教えることができる人は、やがて管理職になり、経営者になっていく。


早川徳次

事業経営は不況のときに伸びよといわれている。それは不景気のときに屈することなく、次に来る好機に伸びていく準備をすることだと思う。景気の波に乗ることは誰しも可能である。しかしそのときにすでに危険をはらんでいることも忘れてはならない。


坂野尚子

女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


澤村諭

近年、人類のサステナビリティにかかわる地球規模の社会問題が相次いで浮上してきました。その多くは、従来の考え方や過去の技術の延長では簡単に解決することはできません。こうした状況の中で、企業が果たすべき役割も変わるべきだと思っています。半導体・電子部品メーカーのロームは、「省エネルギー」や「小型化」の技術を追求しながら、様々な形で社会に貢献するつもりです。