名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

本多均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

本多均のプロフィール

本多均、ほんだ・ひとし。日本の経営者。「ジャスト」社長。中央大学卒業後、東京証券(のちの東海東京証券)、赤木屋証券、衆議院議員事務所勤務などを経てジャストに入社。取締役などを経て社長に就任。

本多均の名言 一覧

他社と差別化できない企業は淘汰される。


絶えず新たな事業に挑戦していかない限り、企業は生き延びられない。


創業時から今も心がけているのは、会社を楽しくすること。社員の幸せを最優先して、社員の能力と意欲を高める手助けをする。これが会社に好循環を生む秘訣だと思っています。


事業が衰退期に入るときには、全営業所の前月対比が一店舗だけマイナスになるなど、何かしらの兆候があります。


モチベーションが低い人に研修を受けさせても、能力は上がりません。一方、モチベーションが高ければ学習意欲も高まるため、必然的に能力もついてくるものです。


私は、人間の元からの能力には大差がないと考えています。だからこそ、重要視すべきはモチベーションなのです。


私は以前は証券会社に勤務して、さまざまな企業の実情を見てきました。そこでわかったことは、どれほど素晴らしい事業でも必ず、「成長→安定→成熟→衰退」という道をたどること。


当社が順調に成長できた理由は2つ。ひとつは衰退期に事業転換を実行できたこと。もうひとつはモチベーションの高い社員が会社を支え、成長させてくれたことです。


高まったモチベーションを維持する工夫もしています。役職はローテーション制で、多くの社員にチャンスを与える仕組みです。また、そのために机の並びは役職に関係なく全員同列です。同時に、社員のモチベーションを下げる要因を知ることも大切です。社員が不安視している要因を一つずつ取り除き、下地を作ることで初めて、モチベーションは上がるからです。


実は何度も失敗を重ねています。多くの失敗から改めて学んだことは、当社の強みはやはり「人材」だということ。他社と差別化できない企業は淘汰されますが、当社がこれまで扱ってきた商品は、玄関マットや文房具など、他社とは差別化できないラインナップです。ならば、どこで差別化を図るか。人材しかないと痛感したのです。


2週間ないし4週間おきの定期訪問が基本の当社は、営業マンが取引先へこまめに顔を出す、都度の名刺交換が不要の営業スタイルで信頼関係を築いています。そのため、カタログを渡すだけで、「あなたが勧めるなら使ってみる」というお客様が多かったことが、新規事業の結果を生みました。


本多均の経歴・略歴

本多均、ほんだ・ひとし。日本の経営者。「ジャスト」社長。中央大学卒業後、東京証券(のちの東海東京証券)、赤木屋証券、衆議院議員事務所勤務などを経てジャストに入社。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

上昌広

言い古された表現だが、「組織はトップ次第」だ。トップに人望がなければ、部下や共同研究者はついてこない。だからこそ、トップの人事は大切だ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

想いをみんなに切り出すことは大事だ。しかし、その想いを実現していく実行力なしに、どうしてリーダーが務まるのだ?立場や経験など関係ない。あなたがリーダーになるなら、ゴールに向かうまでのイメージをまず自分自身で描くことが大切だ。(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


鈴木敏文

おいしいものほど続けて食べれば飽きる。だから、飽きられる前により味をよくしたものを投入する。顧客は味が変わったことに気づかないかもしません。飽きずにおいしいと感じてもらえればそれでいいのです。


永持孝之進

自ら熟慮して、その寸法に合わせて夢を持つ。大言壮語はしない。社会悪に連なるようなことでなければ、自らの考えで、望みを控えめにしても事業を成就する事が出来るものです。


伊庭正康

部下の話を聞くと、「Aさんを外してください。一緒にやっていられません」というような「文句」を言うことが、よくあります。上司は、心の中では、「それは君の一方的な意見だろう」と思うでしょう。しかし、その場では、「色々と教えてくれてありがとう」とお礼を言うこと。そして、今度はAさんをランチに誘って、「こういう意見があるんだけど」という話をします。こうして双方の言い分を聞いたうえで、必要であれば、しかるべき対応を取りましょう。一方の意見だけを聞いて判断してはいけません。


三枝利行

企業はあらゆることに決裁が必要な世界ですから、何かを変えようと思うと「なぜ変える必要があるのか」というロジックを要求されます。その要求がきついと、前に進みたくてもなかなか進めないのです。そこで僕は、社長に就任するとき「もう鎖はないんだ」と言ったのです。不動産業界はバブル崩壊後の20年間、鎖に繋がれた象だったけれどもう鎖はないんだよと。


土井健資

一歩一歩の積み重ねが暖簾(のれん)を守り、会社の歴史をつくっていく。


宗次徳二

名古屋は喫茶店の競合ひしめき合う地域で、最初は苦戦しました。他店はコーヒー1杯にお菓子やトーストなどをつけていましたが、うちは一切そのような「おまけ」を付けませんでしたし。それでも、お客様が笑顔になる最高の接客を徹底したことで、少しずつ常連が増えていきました。


江幡哲也

部下に対して、自分がどのような視点で情報を集めているのかを伝えなくては、部下は与えられた仕事について、サービス精神を発揮しようがありません。情報収集のネット偏重の傾向は、必ずしも部下だけの責任とは言えないのではないでしょうか。上司の指示の出し方にも問題があるのかもしれないと私は考えています。


松下幸之助

みなが共存し、みなが繁栄する社会生活を生み出すためには、それぞれの好みを尊重し、また自らの持ち味を発揮して、各自が繁栄していく必要がある。社会性に反した無思慮な方法で競争が行なわれると、その結果、業界全体が収拾のつかない混乱に陥ることは、過去何回も体験してきたところである。


小笹芳央

ミドル層の育成は、どの組織でも抱えている悩みのひとつです。社内で育てることが困難な場合は、優秀な人材を中途採用することも必要です。そのくらいミドル層は重要なポジションなのです。


倉重英樹

声を荒げるのが叱ることではありません。しばらく何も言わないのも立派な叱り方です。部下が失敗をしてしまった瞬間には何も言わず、1週間ほどたって「あのとき、こうしていればよかったね」とさりげなく指摘する。これは効きます。失敗を受け入れ、十分反省して立ち直ろうという瞬間に、グサッとやるのです。落ち込んでいる最中なら「わかっているよ!」と怒鳴りたくもなりますが、十分反省したタイミングでは反発できず、「おっしゃる通りです」と自然に頭が下がってしまいます。叱るというより、同じ失敗を繰り返さないために指針を与えるのです。