名言DB

9413 人 / 110706 名言

本城武則の名言

twitter Facebook はてブ

本城武則のプロフィール

本城武則、ほんじょう・たけのり。日本の英会話コーチ。福岡県出身。26歳でパイロットになるために渡米。ノルウェー人教官に非ネイティブのための英会話学習法を習い、短期間のうちに英会話が上達。1年で現地の飛行機教官になる。帰国後、ANAで通訳を務めたのち、故郷の福岡で英会話スクールを開校。福岡を皮切りに大阪、名古屋、東京、シンガポールへと教室を増やした。著書に『英語はまず日本語で考えろ!』『EQ英会話 暗記なし!努力不要!たった3ヶ月のレッスンで5,000人の生徒を英語ペラペラにした』『なぜか3カ月で英語が話せるぺらぺらエクササイズ』ほか。

本城武則の名言 一覧

日本語をシンプルに変えていけば、実は英作文は簡単です。いきなり英語で書こうとせず、まずは日本語で言いたいことをまとめてみてください。その際、主語と述語をはっきりさせると訳しやすいです。


英会話教室は、実力よりさらに上のしゃべり方を身につけるところです。そのため、間違う度に細かく直されます。しゃべるたびに注意されるのでは、話す気がなくなるのは当然です。楽しいと思えないと知識は身につきません。それよりも、ジョークのひとつやふたつを覚えたほうが、コミュニケーションには役立ちます。


極端な話、英語が出てこなければ日本語で返してもいいのです。相手が何を言っているのかわからない場合は、「はっ?」と、尋ね返すだけでいい。逆に伝わらない場合も同じです。何度でも繰り返し伝える厚かましさを持ちましょう。


辞書で調べる前に、まず意味を推測してみましょう。これはスピーキングの訓練に通じることですが、会話中にはわからない単語がよく出てきます。その際、調べている時間などありません。流れを止めずに、文脈から意味を想像してみましょう。


興味がある分野や、仕事に関わる専門用語を、まずは100語程度覚えましょう。ビジネス英語の場合、カタカナ語として浸透している言葉も多く、新しく出合う専門用語はそれほど多くないはずです。AからZまですべての単語を覚えることは不可能です。それよりも、自分が学びたい分野に絞ると、何を学ばなくてもいいのかが見えてくるはずです。


テストのリスニング環境は特殊です。どのようなテーマが話されるかがわからない状況など、日常ではまずありません。そのため私のレッスンでは、リスニングの前に予想をする訓練をしています。たとえば「日本の印象」というテーマでネイティブが会話するなら、どんな内容が話されるかを思い浮かべてみます。その予想をもとに耳を傾けると、的中することもあります。一方、ビジネスシーンであればもっと簡単です。問題点が予め明らかになっています。専門用語を抑えておけば聴き取れるでしょう。


英語を話せるようになるには、メンタル力が必要です。日本人は正解を求め、間違えることを怖がります。でも、私たちはネイティブではありません。間違えてもいいのです。それよりも、想像力を駆使してあなたのベストを尽くせるように模索することが大切です。正しくなくとも、通じさえすればいいのです。


日本人がなぜ英会話や英作文ができないのか。それは、完璧さを求めるから。日本の英語教育は、言わばネイティブと同等を目指しています。しかし、日本語で育ってきた私たちが今からネイティブと同じだけの知識を身につけることは不可能です。むしろ、意思疎通だけなら中学生程度の英語力でもできます。やるべきことは、今ある自分の英語力を最大限に使って、コミュニケーションを取る方法を訓練することです。


もうこれ以上、勉強しなくていいのです。日本人の英語の知識量は実は豊富です。今すぐにでも、実践的に使える知識をすでに蓄えています。


本城武則の経歴・略歴

本城武則、ほんじょう・たけのり。日本の英会話コーチ。福岡県出身。26歳でパイロットになるために渡米。ノルウェー人教官に非ネイティブのための英会話学習法を習い、短期間のうちに英会話が上達。1年で現地の飛行機教官になる。帰国後、ANAで通訳を務めたのち、故郷の福岡で英会話スクールを開校。福岡を皮切りに大阪、名古屋、東京、シンガポールへと教室を増やした。著書に『英語はまず日本語で考えろ!』『EQ英会話 暗記なし!努力不要!たった3ヶ月のレッスンで5,000人の生徒を英語ペラペラにした』『なぜか3カ月で英語が話せるぺらぺらエクササイズ』ほか。

他の記事も読んでみる

塚田健雄

私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


中野ジェームズ修一

たとえば「痩せたい」という動因(動機)の場合、「3か月後に5kg痩せたい」という具体的な動因にしたほうが、ランニングを1日どれくらい、ウエイトをどれくらいと、具体的な方法を出しやすい。動因を達成するための手段や方法を誘因と呼びますが、一流選手ほど動因と誘因をしっかり把握しています。


平塚常次郎

人間は難関に立つと、何かと心配するものだが、心配だけでものごとが解決するものではない。経験では、人間努力さえすれば、それができなくても何か報われるもので、現に日魯(ニチロ)は戦争で素っ裸になったが、新しい北洋公海漁業では過去の実績から政府も好意を持ってくれ、昔ほどでなくても、大勢の職員を養っている。


山本真司

すでに部下がいるという人でも、与えられた仕事を部下に指示してやるだけではマネージャーです。経営人材になるためには、ビジョンを描き、戦略を組み立てて周囲を巻き込むリーダーに変化する必要があります。


伊集院静

若い人には、自分の将来を安易に「こうだ」と立てるな、と言いたい。一つの道をみつけ、20年、30年やり通せるのは5%以下の幸運な人で、残りの人はみな一緒。明日がどうなるかわからないところで生きていく。だからこそ、安易に「自分とはこうではないか」「自分にはもうできない」と思わないこと。


寺尾玄

自分の可能性に気づいて、それを使え。可能性というものは使うモノ。我々の持ち物の中で最もや貴重なモノ。それこそが「可能性」。せっかく持っているのに、使わなければ価値がない。


椎名武雄

日本のように調和を重んじる社会風土で、社外取締役にどれだけ発言力があるか疑問に思う人もいるだろう。しかし私の経験から言うと、門外漢が自由な立場から発言すると、意外に効き目があるものだ。会社の業務は執行部が行うので、社外取締役は業務に精通している必要はないのだ。健全な経営には社外取締役のようなチェック機能が必要だ。


奥田務

日本では長い低迷期を経て、あらゆる業界で企業の統合再編が進みました。スムーズに統合を終えた企業がある一方で、矛盾やいびつな構造を抱えたままの企業も多く見受けられます。失敗の大きな要因が、スピードの欠如だったのではないでしょうか。


竹内規彦

与えられた指示に対して「はい」としか言わない部下に、上司は「本当にわかっているのか」と疑念を抱きます。与えられた指示を単にこなすだけでなく、具体的な対処法や根拠を示す。そうしたロジカルな対応が、「こいつには任せられる」という評価につながる。


篠原欣子

組織には女性も男性も必要。女性は小さく始め、男性は計画を立ててから始める。その両方があるかあらこそ着実に成長できる。


早川種三

今の世の中、自由の意味をはき違えているような言動が目立つ。本来自由とは自分だけのものではなく、相手や他人様の自由を認めることによって成り立っているわけで、一人だけの完全な自由というものはあり得ません。自分自身の自由とは、他との関係によって制約されるものなのです。「自由は不自由の間にあって存す」自由というものの本質を突いた福沢諭吉先生の言葉です。


松下幸之助

一心不乱でやる、そうするとまわりもただ見てばかりはいないものです。一心不乱という本当に真剣な姿を見ていると、そこには必ず何か教えられるものが出てくる。まわりの人々は、いちいち言わんでも、手伝うし、働く。


小池龍之介(小池龍照)

人は常に強い刺激を求めます。しかし「快」の刺激を与えすぎると脳のレセプターに耐性がついて気持ちよくなくなります。快感を本当に味わいたければ、回数を減らして一回一回をもっとじっくり味わうほうがいい。単純でしょ(笑)。食べる量、ネットに接続する時間を「減らす」んです。とくにいまは快楽にたどり着くスピードが早い、情報過食気味なんだから情報断食するしかないんです。そして意識して五感を研ぎ澄ましてみましょう。静かな雨音、爽快な風、優しい夏の夕方の香り……。私たちが鈍感になっただけで、世の中には五感で得られる情報が溢れています。わざわざどこかから強い刺激を脳内に持ってくる必要などない。むしろ五感による能動的感覚を忘れたせいで、たとえば目の前の誰かが表情や声のトーンや気から発している「心地悪そうな感情」や「好意を抱いている様子」などを見逃すこともある。無くした集中力と相まって仕事がデキない人を作る元凶だったりもするんです。


竹中平蔵

何かを成し遂げるために必要なもののひとつはパッション。あふれ出るような情熱。そういうものがなければ、周りの人を説得することはできない。


橘玲

自分は意志が弱いと悲観する必要はありません。誘惑には誰もが弱いのです。大事なことは何に対して流されず意志を貫くか。優先順位と選択を明確にすること。ある部分はいい加減でだらしない、でも、肝心な時は別人のようになって集中するそんなメリハリがあったほうがいい。