名言DB

9425 人 / 110833 名言

末木紳也の名言

twitter Facebook はてブ

末木紳也のプロフィール

末木紳也、すえき・しんや。日本の資格コンサルタント。横浜出身。立教大学社会学部観光学科卒業後、サラリーマンをしながら資格取得の勉強を続け、31歳で中小企業診断士を取得。通産省出資のコンサルティング会社に転職し、在籍中に数多くの資格を取得する。その後独立し、資格やキャリアアップについてのコンサルティングを行っている。著書に『プロが教える資格のリアル』『サバイバル資格活用術 30歳からの人生を資格で一発逆転する法』『間違いだらけの資格取得術 あなたが資格試験で失敗しないために』ほか。

末木紳也の名言 一覧

資格は本来、自分がどんなキャリアを目指すか、どういう仕事をしたいかで決まるものです。仕事の周辺にあり、さらにその延長線上におぼろげな自分のキャリアイメージが見えるものこそ、取るべき資格であるといえます。


専門性の高い能力を持つ人材を企業は簡単に手放すことはできない。


資格は、あくまでそれ自体に価値があるわけではないのです。資格取得はあくまでスタートラインにすぎないことを忘れてはなりません。


会計・法律・販売の専門知識なしに仕事をすることは難しい。専門知識がないのであれば、今からでも遅くはないので勉強してみてはいかがでしょうか。


弁護士や公認会計士のようなプラチナ資格も、最近は仕事に困るようになってしまいました。稼げる資格というのは、その時によって、様々に変わっていくのです。


資格の勉強で理論を得て、現場の実務で実践を積む。これは車の両輪のようなもので、どちらが欠けてもダメ。2つが揃うことで、ビジネススキルはグンと向上します。


まず将来独立するのか、会社の中でキャリアを積むのか、自分がこうなりたいというイメージを持つことが大切です。そうすればどの資格が必要なのか、おのずとわかってきます。


30代後半から40代で資格を持っていない人はこの際、キャリアの棚卸しを行ってみてはどうでしょうか。キャリアの棚卸しは、自分を客観視して、強みと弱みを分析するものです。長所を伸ばして短所を補強するためにも自己投資が不可欠になります。


本来資格はどんな資格であっても取ってすぐに活用できるものではなく、現場で実際に活用するためにはある程度の助走期間が必要となります。若いうちにベーシックな資格(簿記検定2級、ビジネス実務法務検定2級、販売士検定2級など)を取得しておくと、後々高レベルの視覚にスムーズに移行することも可能となります。無理なく難易度の高い資格を目指せるパターンをつくりだすことで成功をつかみとることができます。


キャリアの両輪を形成するのは、日々の仕事で行っている実務と、自分で会得する体系的・専門的知識やロジック(論理)です。日常業務で実務経験を重ね、必要な知識は資格の勉強を通じて学ぶ。これを続けることで、スムーズにキャリアアップをはかることができるのです。


ビジネスパーソンがキャリアアップするためには、自己投資が不可欠です。目指す資格を選ぶときには、注意が必要です。それは雑誌などに掲載されている人気ランキングなどは参考程度にとどめ、現在の仕事に直結した資格か、興味ある資格に絞り込むことです。


40代に差しかかると、必ずしも資格を取ることが絶対有利とは限りません。誰しも資格はなくても、長年培ったキャリアや専門分野、ノウハウ、スキルなどがあるはずですから、それらを前面に打ち出して勝負すべき時期なのです。


30代後半からの年代は中間管理職となり、仕事でマネジメント能力を求められる機会が多いものです。資格でいえばコンサルティングが身につく中小企業診断士や人事・労務のエキスパートになれる社会保険労務士あたりが最適です。


まずは、ベーシックな資格取得をお勧めします。それは会計・法律・販売(マーケティング)の三分野の資格です。どんな仕事でも会社の基本的な仕組みを理解することが大切。これらの知識はビジネスマンの総合力を高めてくれるので役立ちます。できれば、「日商簿記(二級)」「ビジネス実務法務検定」「販売士(二級)」程度を20代で取得するのが望ましい。


スペシャリストというのはさまざまな経験を通じ、仕事の専門性を身につけているだけではなく、その分野を論理的に語れる知識も持つ人です。本来、スペシャリストはコンサルタント的視点も持っています。企業はその視点を求めているのです。


MBAについては30年前から箔がつくと人気でしたが、ビジネススクールが乱立し、供給過多気味に。たとえMBAを持っていても結局は何ができるかを問われるため、企業はあまり重視していないようです。日本の企業文化にも根付きませんでした。


特に、独立を考える資格取得者はより明確なビジョンが必要です。司法試験や公認会計士などの難関資格受験者は近年、減少傾向にあります。資格士業の需給バランスが崩れ、供給過多となり、資格取得後も仕事のない人がいるからです。もし、米国のように自由経済社会ならば、資格士業でも競争市場は成り立ちます。しかし、日本には、昔からのれん分け制度があり、新参者は参入するのが困難といった側面があります。資格取得後の活用戦略こそが、シビアに問われます。


末木紳也の経歴・略歴

末木紳也、すえき・しんや。日本の資格コンサルタント。横浜出身。立教大学社会学部観光学科卒業後、サラリーマンをしながら資格取得の勉強を続け、31歳で中小企業診断士を取得。通産省出資のコンサルティング会社に転職し、在籍中に数多くの資格を取得する。その後独立し、資格やキャリアアップについてのコンサルティングを行っている。著書に『プロが教える資格のリアル』『サバイバル資格活用術 30歳からの人生を資格で一発逆転する法』『間違いだらけの資格取得術 あなたが資格試験で失敗しないために』ほか。

他の記事も読んでみる

平本あきお

世間や上司、あるいは親などを思い浮かべてください。彼らはあなたの人生に責任をとりません。自分に責任を持てるのは、自分自身以外にはいない。


小山昇

そもそも現場の社員が数字を読むのは何のためか。それは自分の成績をあげるためでしょう?自分の仕事の数字を放っておいて、会社全体の数字を読んだところで自分の成績は変わりません。まずは、目の前にある自分の仕事や部署の数字を読むことが先決です。


前田新造

商売にはタイミングが重要です。100%の安全性を求めると、商機を逸してしまいます。だから、60%OKと判断したら、間髪を入れずに実行に移します。不都合なことが生じたら、軌道修正していけばよいのです。朝令暮改は大いに結構というマインドで、ともかく前に進んでいくのです。


米津玄師

作品を発表することで責任が生じることは確かなわけで。そういう意味で、音楽家は音楽だけをやっていればいい、自分の気持ちのいいことばかりやっていれば成立する、という時代でもないと思うんですね。音楽は文化の一部だし、文化の一部、社会の一員として、自分も何かやっていかなければならない。自分や身近な人達がいまよりいい形で生きていくためには、どうしたらいいだろうってことはよく考えます。


川村隆

大組織の中で専門分野だけをやってきた人には、トップは務まりません。これからの人材育成では、若いうちに一度社外に出て、外の世界から自分の会社を眺め、30代後半から40代半ばにかけて、グループ内の小企業の社長を数年経験させることが必要。


セネカ

大事な時間を雑事で浪費するな。


山下茂(経営者)

工夫ひとつで活路は開ける。


石川康晴

当社では新入社員を大きく3つに分類して、特性に合わせて育てる試みを始めました。1つは、猛烈に頑張るタイプの社員。「スピードキャリア」と呼んでいます。自己啓発しながら先輩から貪欲に学び、上を目指す社員です。次が「スローキャリア」、今は自分のキャリアを明確に考えられないけれど、「5~6年先に店長になれるといい」と思っている社員です。最後が「サポーター」、上司や先輩をサポートすることにやりがいを感じるタイプです。この3タイプは、「総合職」「一般職」などと人事制度で明確に区分けするものではありません。社員には、働き方の「モデルケース」として伝えています。組織には全タイプが必要で、それぞれ2対6対2くらいになるのが1つの目安になると考えています。最初の3年間は、自分の能力や適性に合った働き方はどれかを考えてもらう。新入社員は実際に現場を経験しないと、本当の意味での「今後のキャリア」は考えられません。働くうちに目指す方向が見えてきます。そこで目標を変えてもいい。


折木良一

平時の組織管理は性悪説で、有事の実行は性善説で臨む。平時の訓練は高い目標を定め、それを達成すべく厳しく管理する必要がある。そうでないと組織や人は安きに流れる。


柴田励司

日本人は言語技術でハンデがあるからこそ、会議では明確な意思決定を心がけるべき。それだけで仕事の生産性は格段に上がるはずです。