名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

末廣由岐夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

末廣由岐夫のプロフィール

末廣由岐夫、すえひろ・ゆきお。日本の経営者。「嘉穂」社長。

末廣由岐夫の名言 一覧

世の中は諸行無常。ビジネスにおいては毎日常に危機意識を持って臨んでいます。


私の仕事は駅弁の企画・開発。発想が勝負ですから、常に新しいものを生み出していかなければ取り残されてしまう。


歩いたり走ったりすると、頭の中が整理され、考えをまとめることができたり、ふとアイデアが浮かんでくる。


末廣由岐夫の経歴・略歴

末廣由岐夫、すえひろ・ゆきお。日本の経営者。「嘉穂」社長。

他の記事も読んでみる

江村林香

企画の中身に経営者の視点は必要です。いくら具体性があっても、会社の台所事情を無視した初期投資はできませんから。その場合は、先にお客さんを見つけてプールしておけば、会社も予算化しやすいと思います。たとえば、以前手掛けた新規事業を例にとると、まだ事務所も用意されていない段階でホームページをつくって業務を始めたのです。それで依頼が来たら、いま予約がいっぱいなのでとしばらく待っていただく。そうやって予約がある程度まとまったら、それを担保にして上司と交渉すれば、予算を引き出すのはそれほど難しくはないという具合です。


塚本勲

会社がしんどいときは、給与の減額は仕方がないとしても、人減らしはできるだけ避ける。そうして、社員全員で耐えきることが大切です。いずれ景気は回復します。そのときに、時間をかけて育てた人材がいるのといないのとでは、成長力が違ってきます。ここは踏ん張りどころではないでしょうか。


桜井一紀

部下から「どうしたらいいですか」と聞かれたとき、「こうしろ」とすぐに答えてしまうと、自発的な成長は望めない。そのときは「どうしたらいいと思う?」と問いかけて、相手が自分で考え、答えるのを待つこと。


石渡美奈

新しい宣伝の可能性を探し続けたところ、目に留まったものがありました。車体を広告にしたラッピングバスです。さっそく、ホッピーの物流トラックを走る広告塔「ホピトラ」に変えたところ、マスコミでも話題となり、ホッピーへの興味を高めることに成功しました。


金田一秀穂

残る言葉と残らない言葉。その差はどこにあるのでしょう。流行語が、その後、一般的な言葉として残るときは、それが「言葉の欠落を埋めた」とき。言葉で言い表せないビミョーな感情。それを言い表す日本語を持ち合わせていない状態があるわけです。その言葉の欠落を埋めるような表現が生まれたとき、隙間を埋めるパズルのピースのように、新しい言葉が今後も使われる表現として残る可能性が高い。「ずっと表現したかったけれど、いい言い回しがなかったんだよ!」とスッキリしますからね。


ソクラテス

賢者は複雑なことをシンプルに考える。


橋本治

同世代ばかりを見ていると、人間ってちゃんと歳をとれないんですよね。私はある時期に、10歳ぐらい年下の人たちの「これがわからない」という問いに答えていくことで人はひとつずつ大人になるんだ、と実感したぐらいです。


サミュエル・スマイルズ

強く期待する気持ちがあれば、それだけで可能性は現実に転化する。強い願望はわれわれが何かを成し遂げるための先触れとなる。


鈴木貴博(コンサルタント)

私がコンサルティングファームで働いていた当時は、「知識よりも思考力こそが重要だ」と言われていました。しかし、実際は、事例をたくさん知っている人ほど思考力が高かった。社員の研修プログラムを作る立場だったことを利用して、ビジネスの知識を問うクイズ大会を行なってみたところ、知識とコンサルタントとしての能力には高い相関があることがわかったのです。事例をたくさん知るということは、思考の可動域を広げるということです。


廣内武

体幹を支える筋肉群を鍛えるトレーニングを、毎朝30分行っています。健康であれば頭がよく働くし、やる気が湧いてきます。


岡藤正広

うまくいかないのは、緩んでいるからですわ。緩みっぱなしでは業績は伸びない。問題が大きくなってからでは遅いわな。夜の残業もそうでしょう。家で食事を用意してもらえない管理職が一杯飲んで帰ろうと、夜の8時、9時まで職場におる。それに若い者まで巻き込んでしまっている。だから、朝型勤務を奨励したんです。朝早く来たら、残業代を5割増しにするよと。「朝は奥さんが子供の世話を優先しないとあかんのに大変だ」という意見が出たから、だったら朝食は会社で用意しましょうとやった。この前、久しぶりに見に行ったら、ものすごく豪華なんだよね。おにぎりなんて、200円を超えるような肉巻きとか高いやつが3種類くらい出ている。それだけいいものが用意されていれば、早く会社に来ようというインセンティブになる。


近藤淳也

相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。