名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

末吉興一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

末吉興一のプロフィール

末吉興一、すえよし・こういち。日本の政治家、官僚(国土交通)。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、建設省(のちの国土交通省)に入省。松原・下筌ダム用地課長、国土庁土地局長などを務めたのち退官。北九州市長を5期20年務めた。

末吉興一の名言 一覧

政策は公約を掲げて、不退転の決意で取り組むことが大事。そのうえ今は行政も国際競争の時代ですから、スピード感がさらに求められる。


私は現場主義に徹してきたつもりです。現行制度の中でギリギリできるところまで努力してきました。


栄枯盛衰はどの町にもあります。国際化すればなおさらです。だからこそ、リーダーと人材を、地域でどう育てるかが大事。


最も大事なのは人材育成ではないでしょうか。今は、世界の中で自治体も競争をしています。


公務員になった以上は国のために仕事をするという思い、そこが「天職」だと思ってやってきました。


廣瀬神社は、竹田の旧市街地を見下ろす場所にあり、天下を取ったような気持ちになったことを思い出します。物事を判断する時に大切なことは、全てを「烏の目」で眺めることだということを学んだのも、この神社ですね。


私が常に意識してきた人生訓は、竹田高校の校歌にある「清きを誓い、気を練れと」という一節からです。「清きを誓い」は国家公務員になった私にはスーッと胸に落ち実行してきましたが、「気を練れ」は「人間の練成」だと思い自分なりに答えを出して生きてきたつもりです。


末吉興一の経歴・略歴

末吉興一、すえよし・こういち。日本の政治家、官僚(国土交通)。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、建設省(のちの国土交通省)に入省。松原・下筌ダム用地課長、国土庁土地局長などを務めたのち退官。北九州市長を5期20年務めた。

他の記事も読んでみる

藤井佐和子

たとえば、A君、B君二人の目的は、「自分がこんなにいい企画を立てたのだと上司に知ってもらい、評価してもらう」ことだとします。そこでB君は、上司に「直接相談」します。A君は「メール」でしたが、どちらが相手に意思が伝わりやすいかは、いうまでもありません。目的に焦点を合わせ、それを達成するにはどういう方法がふさわしいかを考えて、それを実行に移すのが、「上手な発信」といえます。そしてその結果、本人にも上司にとってもよい成果を導き、モチベーションも高く保つことができるのです。


山口周

まずは、残業を減らして浮いた時間を使って、自分がしたいことを見つけること。時間とは何にでも利用できるかけがえのない資本であり、投資の源泉です。時間とお金は同じ性質を持っていて、余剰時間をつくるという行為は貯金と同義。貯金も欲しいものややりたいことがなければ有意義に使えないように、余った時間もそれを費やすに値することを見つけなければ、無意味に浪費するだけ。


中山マコト

30秒で自分を語る練習をしましょう。名刺交換など、初対面の場で何分も話すことはできないときは、手短に自分を印象づけるための自己紹介をするのが効果的。5人に1人は後から「詳しい話を聞かせてください」と言ってきます。


川田達男

何か失敗すると現場が叱られる。しかし、なぜ失敗したのか、トップや責任者と現場の問で問題、状況をいかに共有できているかがカギです。


中野雅至

サラリーマンをしていると、自分の希望通りにならないことのほうが多いもの。でもやりかた次第ではも相手を必ず「YES!」と言わせるこども可能です。それが、「陣地前取り作戦」です。大ざっぱにいえば、はじめに絶対無理な要求を相手に突きつけ、その後徐々にハードルを下げることで錯覚を起こさせ、最終的にYESと言わせる方法。私は元官僚なので、省庁間の利権争い=陣地の奪い合いは日常茶飯事でした。この方法は官僚流根回し術なのです。


犬塚尚美(悠木そのま)

私はデスクワークの日には、午後2時頃に昼食をとります。正午過ぎが最も企画分析力が高まるから。考えごとはこの時間帯に限ります。


施崇棠(ジョニー・シー)

美しさの象徴であるモナリザと、発明家のダ・ヴィンチを融合したような斬新な考え方が大事。


白井一幸

長期にわたる仕事では、情報の共有化が欠かせない。


高岡浩三

良くも悪くも、何事も思いついたら、とりあえずやってみるのが自分の信条です。人生はずっと42歳までと本気で思っていたから、「あとでやればいい」という選択肢がもともとないんです。


山田賢治(経営者)

ビール市場を好転させるには、本来のビールのおいしさを体験していただくのか一番だと考えている。冷たさやさわやかさは他の酒類でも味わえるが、ビール固有のベネフィットは泡だ。泡の魅力を知ってもらう。これが一番だと思う。


永守重信

M&Aをするときに絶対に必要なのは技術があるかどうかです。技術とは蓄積なのでどうしても最低、10年はかかります。建物や設備はお金を掛ければできますし、社員の意識改革も1年あれば十分です。大事なのはやはり技術ですね。


安田周

「満足は成長の最大の敵」という言葉のように、現状に甘んじることなく変化を起こしていきたい。