木部智之の名言

木部智之のプロフィール

木部智之、きべ・ともゆき。横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。日本IBMシニア・プロジェクト・マネージャーなどを務めた。著書に『仕事が速い人は見えないところで何をしているのか?』。

木部智之の名言 一覧

関心をもったジャンルに対して、最低3冊は関連書を読みます。3冊の共通しない点は、それぞれの独自の見解なので玉石混交。一方、共通する部分はエッセンスです。


本を読んだあと、さらにその内容を実践してみると、よしあしがわかります。本に書いてあった通りではなく、実践しながらエッセンスを抽出することを心がけています。


プレゼン資料や提案書の作成で、いきなりパワーポイントを立ち上げる人がいますが、パワポは清書するためのツールです。私の場合は、構想のために8割を費やし、パワポの作業は最後の2割だけ。


私はセミナーにはほとんど行きません。スキルや知識を学ぶのはもっぱら読書です。読書はコストが安くて効率的。そのときの自分の関心にあわせて自由に選びます。ただし速読や乱読はしません。どんな本にも学びになる箇所があると考えているからです。


出張のときは「仕事をしない時間」もまた重要です。たとえば私は、同僚や取引先と食事を楽しんだり、観光や街歩きをする時間をなるべく取るようにしています。現地の同僚や取引先と食事をすることで、有益な情報を得やすくなり、商談がまとまりやすくなる。また、街歩きを通じ、現地の様子を知り、知見を深めることもできる。これは、出張先だからこそできる立派な「仕事」です。


テーマに沿って、頭の中にあることを書き出し、エッセンスを抽出、構成、構造するといった作業はアナログなので、手書きメモを使った方が効率がいい。手書きで最後の最後まで煮詰めて完成した資料をパワーポイントで作成します。パワポの段階では清書するだけの単純作業であることが理想です。


出張準備の時間が十分に取れず、慌てて準備をしたために忘れ物をしてしまった……。こうしたミスを防ぐために、私は普段からノートやスケジュール帳、ペンといった仕事に必要な道具はすべて「インナーバッグ」に入れ、それをカバンの中に入れて持ち歩いています。出張時は、インナーバッグをまるごと出張用のキャリーバッグの中に移すだけ。こうすれば、中身を一つひとつ入れ直さなくてもよいので時間短縮になり、かつ、忘れ物を防ぐことができます。出張ごとに何を持っていくかをいちいち考えるのは時間と労力のムダです。なるべくパターン化することで、準備にかける時間のロスを最小限にしましょう。


出張帰りの移動中には、出張中の仕事をすることをお勧めします。たとえば私は帰りの移動時間で、出張先での会議の議事録作成などを行なっています。なるべく早く片づけることで翌日に持ち越したくない、ということもありますが、何より、時間が経てば経つほど、出張先で話した内容を思い出せなくなるからです。「鉄は熱いうちに打て」です。もちろん、仕事が終わった直後にカフェやホテルなどに飛び込み、必要な作業をすべて済ませてから新幹線や飛行機に乗るというのも一つの手。移動中にのんびりと過ごす時間を確保できます。


時々、新幹線や飛行機の中で、出張先で必要となる提出物や書類を準備している人がいます。これは時間を有効活用しているように見えて、実は絶対にやってはいけないこと。移動中の乗り物の中での作業は、どうしても生産性が落ちるからです。仮に移動中に資料が完成したとしても、先方のプリンターの調子が悪く、うまくプリントアウトできなかったりするリスクも。そんな状態で仕事がうまくいくわけがありません。そこで私は、出張準備は必ず前日の夜までに終わらせなければ家に帰れないというルールを徹底しています。結局、それが一番時間のロスが少ないのです。


木部智之の経歴・略歴

木部智之、きべ・ともゆき。横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。日本IBMシニア・プロジェクト・マネージャーなどを務めた。著書に『仕事が速い人は見えないところで何をしているのか?』。

他の記事も読んでみる

高橋銀次郎

リーダーの条件は危険察知能力。これは危ないと、わからない経営者はダメです。つまらないことで騒いだり、大事なことに気づかなかったりしたらダメ。


朝井リョウ

今後は、自分の中にたぎるメッセージを伝える作品と、読者や出版社など外部からの様々なニーズに応える作品と、バランスよく両方書いていきたい。


宮田孝一

グローバル化が進む中で、自分の国の歴史や文化、価値観を理解できていなければ、異文化の人々の立場を的確に認識できないと思います。


似鳥昭雄

テレビCMなどで当社は「お、ねだん以上。ニトリ」というキャッチコピーを使わせてもらっています。扱っている商品のひとつひとつが、品質・機能のすべてにおいてお値段以上の価値がある。つまり、価格は安いけれど品質はチープではないという意味です。そしてそのことについて、お客様が「お、」と小さな驚きを感じてくださる。「なぜニトリは売れるのですか?」という質問を最近よくいただきますが、答えはこのことに尽きると思います。


フィリップ・コトラー

いまだに販売(セールス)とマーケティングを混同している経営者がいるのには驚かされます。マーケティングとは、製品やサービスに意味を与える仕事です。製造部門がつくった製品に、意味を与えて世の中に送り出すのがマーケティングの役割なのです。


天沼聰

退社前に社員と握手してから帰るようにしています。この握手の時に、気になっていたことや小さな疑問について聞くことができ、課題の吸い上げにつながっています。


コリン・アングル

我々はロボットがもたらす「未来」について長期的なビジョンを持っており、それに沿って新製品を開発しています。家庭用のロボットは、人の手を煩わさず、大半の作業を自ら判断して行えるようになるべきだというのが我々の考えです。


中村利江

失敗し、苦労を重ねても、それを乗り越えたら、ひと回り大きな人間に成長できる。


田口弘

生産者の論理ではなく消費者の論理で行動するというミスミの経営理念は一貫しています。経営は自分がどう考えるかではなく、市場をどう捉えるかで決まります。


宮崎駿

自分が善良な人間だから、善良な映画をつくるんじゃないですよ。自分がくだらない人間だと思ってるから、善良な映画をつくりたいと思うんです。善良なことが自分の中じゃなくても、どっかにそういうものがあるんじゃないかと思う気持ちがなかったら、とても作品をつくれないわけです。


永守重信

若者も中高年もわくわくして生きよう。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

資格をこれだけたくさん取っていると、「よくそんなに覚えられますね」と言われますが、特に記憶力に秀でているわけではありません。私も覚えたことはよく忘れます。「忘れること」を前提に、工夫しているだけです。


柳井正

我々は、もっと冷静に、相対的に日本を見るべきです。もちろん、日本にはたくさん素晴らしいところがあります。しかし、長所は別の角度から見れば短所でもある。


小池真理子

起承転結がきちんとしていて、すっきりした結末が用意されている物語は、確かに面白いものです。でも、「ああ、面白かった」だけでは、記憶に残りづらいのではないでしょうか。それに比べ、不条理な物語は心に何かしらの爪痕を残します。そして、すべてがわからないままに進んでいく世界の中に身をおくことによって、これまで見えなかった何かが見えてくる可能性は大いにある。


ロバート・キヨサキ

「それを買うお金はない」と言ってしまうと、私たちの頭脳は電源がオフになり眠ってしまう。「どうすれば買うことが出来るだろう」と問うと、頭脳にスイッチが入り働き始める。


ページの先頭へ