名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木造信之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木造信之のプロフィール

木造信之、きづくり・のぶゆき。日本の経営者。「伊藤忠都市開発」社長。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発部門企画統轄課長代行、建設部長、建設・不動産部門長、執行役員、常務執行役員などを経て伊藤忠都市開発社長に就任。

木造信之の名言 一覧

世の中が激しく変化するなか、日々の挑戦を怠っていれば時代に遅れをとってしまう。今後も引き続き業務内での新たな挑戦を奨励していく。


優れたパートナーと協力しながら、最適な方法で活動の幅を広げていくという発想は有用。ただ、活動の幅が広がるほど、自分の側にも確固たる基軸が必要になる。


社員一人一人には「フォー・ザ・マーケット、フォー・ザ・カンパニー」という考えを大事にして欲しい。常に視点を社会とお客様に向け、そのニーズと変化をとらえ、それにお応えすべく果敢にチャレンジする。そして自らはチームワークを意識して、あくまでも組織の一員として行動するということ。


木造信之の経歴・略歴

木造信之、きづくり・のぶゆき。日本の経営者。「伊藤忠都市開発」社長。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発部門企画統轄課長代行、建設部長、建設・不動産部門長、執行役員、常務執行役員などを経て伊藤忠都市開発社長に就任。

他の記事も読んでみる

横田英毅

会社は社員の幸せを一番に考えなくてはなりません。人に感謝でき、利他を一所懸命考えられる人が集まれば、コミュニケーションやチームワークがよくなります。最終的に業績を上げられるのは、幸せな人の集団です。


是枝裕和

三作目の『DISTANCE』でも、テレビのやり方に近づけるために現場で働く人数をギリギリまで減らして、テレビ的な横の連携で映画をつくってみたんです。たとえば録音の人も音だけを聞きながら「このセリフのニュアンスは違うんじゃないか」などと演出と脚本にも意見を言ってくれる。担当のセクションを越えて意見が言い合える環境が理想的だと思っています。


高橋興三(経営者)

ちょっと酷い言い方になりますが、チャレンジしても、おカネに結びつかなければ「趣味」で終わってしまう。事業にするには、ビジネスとして成り立つことを考えなくてはならない。


山﨑潤一(山崎潤一)

橘丸は先代の橘丸にも使われていたイエローオーカー色を基調としていて、非常に鮮やかな船になっています。そこにオリーブ色を織り交ぜたツートーンのカラーリングが入っているのも今までにない色合いだと思います。ですから、遠くからでもすぐ分かります。非常に目立つんですね。斬新かつ画期的な色使いにしたのも、ネーミングが古いからです。古い名前でもデザインで人の目を引くと。その意味では話題性があると思います。


落合務

僕が初めてシェフを任されたグラナータがオープンした当時、僕が現地で学んできたイタリア料理はまったく受け入れてもらえませんでした。オーナーは「いつかわかってもらえる」と方針を曲げませんでした。「外国の料理なんだから、日本のものと違って当然だ」と言ってくれたのです。とはいえ、お客さんが入らなくてはどうしようもない。つらくて胃潰瘍を数回患いました。「もう辞めよう」と1日に100回は思っていました。でも辞めなかったのは、オーナーに対する恩義がひとつ。それとここで辞めてしまったら、きっと自分が駄目になってしまうと思ったからです。


大友啓史

映画制作といえば撮影をイメージする人が多いでしょうが、脚本を書いたり、予算やスケジュールを決めたり、ロケハンをしたりといった、撮影に入る前の準備のほうが重要なんです。準備をきちんとしておけば、撮影に入ってから現場が自然と動くようになり、より仕事に集中できますから。


安本隆晴

潰れない会社を作るためには、事業プランを自分で考えた上で実行することです。自ら考えることで、予定と現状の違いが分かる。他人に任せていたのなら、それが分かりません。


水上力

いまでは和菓子職人として生計を立てられる人はごくわずかです。洋菓子が日常のものとして浸透し、和菓子が非日常のものになってしまったからです。今は和菓子をより身近に感じてもらえるよう、「伝統の発信」を心がけています。古来より、日本には72の季節に合わせ、和菓子を楽しんできた文化があるのです。


小路明善

私はごく普通の精神力の持ち主なんじゃないでしょうか。ただ、30年に渡ってビジネス経験を重ねるうちに、ストレスをコントロールする力は身につけてきたように思います。ストレスというのは、ビジネスパーソンであれば誰もが大なり小なり感じるもの。そのストレスを発散することと溜めないこと。この二つがうまくできることが組織のトップに立つ者には必要ですし、ほかの経営者の方々をみても、みなさんストレスコントロールが上手だと感じます。


和田裕美

意見や思いには、心の中に確かにあっても、言葉以前のぼんやりとしたものである段階があると思います。それに真逆の主張をぶつけることで、鮮明なコントラストが生まれ、思いを明確な言葉にできることもある。


荻田伍

経営者はこの会社を駅伝ランナーのように次世代に確実に手渡さなくてはなりません。下から来る世代に、どうやってこの会社を引き継いでいくのか。それをきっちりと考えながら経営しなければならないわけです。


矢島里佳

0から6歳までを対象に、伝統を生かした日用品を職人さんとつくって販売しています。大人向けの伝統産業品はあるのに、幼少期から使える商品は圧倒的に少ない。それで年齢層を絞りました。