木造信之の名言

木造信之のプロフィール

木造信之、きづくり・のぶゆき。日本の経営者。「伊藤忠都市開発」社長。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発部門企画統轄課長代行、建設部長、建設・不動産部門長、執行役員、常務執行役員などを経て伊藤忠都市開発社長に就任。

木造信之の名言 一覧

世の中が激しく変化するなか、日々の挑戦を怠っていれば時代に遅れをとってしまう。今後も引き続き業務内での新たな挑戦を奨励していく。


優れたパートナーと協力しながら、最適な方法で活動の幅を広げていくという発想は有用。ただ、活動の幅が広がるほど、自分の側にも確固たる基軸が必要になる。


社員一人一人には「フォー・ザ・マーケット、フォー・ザ・カンパニー」という考えを大事にして欲しい。常に視点を社会とお客様に向け、そのニーズと変化をとらえ、それにお応えすべく果敢にチャレンジする。そして自らはチームワークを意識して、あくまでも組織の一員として行動するということ。


木造信之の経歴・略歴

木造信之、きづくり・のぶゆき。日本の経営者。「伊藤忠都市開発」社長。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発部門企画統轄課長代行、建設部長、建設・不動産部門長、執行役員、常務執行役員などを経て伊藤忠都市開発社長に就任。

他の記事も読んでみる

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

まずお勧めしたいのが、資産残高推移表を作ること。やり方は簡単で、複数の口座がある場合は、全ての資産残高を毎月1回一覧表にまとめて集計するだけです。数か月続けていると、「前月と比べて今月は赤字だった」「住宅ローンの繰り上げ返済をする余裕がない」「支出を減らすには、毎月一定額だけを引き出すようにした方がよさそうだ」といった気付きがあるので、それらを書き留めておきましょう。これだけで「今日の資産合計」と「今月の収支差額」を把握できるのでお金が貯まり始めます。


平田進也

じつは、小学生までは引っ込み思案な子供でした。中学校に入ったとき奮起して学級委員長になったんですが、当然上手にはしゃべれませんでした。そこで、先生のモノマネをやったらウケたんです。それが快感になって、それ以来、人を楽しませることだけを徹底的に追究してきました。


和田秀樹

皆にウケることをやろうと思っても売れない。ネットの世界では対象を絞ればその分野にはお金を出してもいいという人があちこちに点在する。


坂尾晃司

相手の人間関係にも目を配りましょう。会社には、明確化されている「公式な組織」のほかに、「非公式な組織」があります。それは、A部長とB部長は仲がいい、上司Cは部下Dをかわいがっている、といった関係の濃淡のこと。そこを踏まえれば、「この件は自分から報告するより、部下Dから伝えてもらおう」といった工夫もできます。


山西健一郎

当社は指名委員会等設置会社の中でも、取締役会と執行役の機能を徹底的に分離しています。取締役会は、社長をクビにすることはできますが、経営の執行は社長に任せています。会長は次期社長にバトンを渡した以上、経営に口を挟むことを厳に慎んできました。こうした互いを信頼した役割の徹底分離を代々のトップが守ってきたことが、風通しのいい経営陣をつくり、これまでの業績につながったのだと思います。


林總

モノの動きと時間の流れを「金額」という数字で整理していくのが会計。そうした発想を頭のなかに常に持っていれば、ビジネスの現場や日常生活のなかで論理的に物事を判断できるようになり、数字のセンスも高まる。


山岡勇二

「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


井ノ上陽一

収入源が1つしかないから、失うことに怯えてしまう。収入減を複線化して、太くしなくてはと思った。

【覚え書き|独立当初を振り返って】


松井忠三

企業風土改革のために行なったのが、しくみ作りです。人で勝負して負けるのであれば、しくみで勝負しようという考えです。


吉田秀雄

頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。


山崎将志

キャリアは「社長・役員を目指す」「部課長レベルで満足する」「会社を辞めて独立する」の3択で考えるといい。目指す役職に応じて高める知識やスキルが違うので、それに早く気づき、準備をしておくことが大切。


秋元久雄

工程のほとんどすべてを内製化して、ゼロから職人を育てるような手間がかかることは、大手の会社は絶対にやろうとしない。また育成コストがかかるので、中小企業も簡単には真似できない。すると組織の中でロボットや歯車として働くことに疑問を感じていて、本物の大工や職人になりたいという思いを持った若者が、自分の希望を実現できそうな会社はうちしかないわけ。だから意欲のある人材が集まってくる。これがうちの一番の強みだよね。


恩田昭子

意識や態度は声に乗って相手に伝わります。隣の席にかかってきた電話を面倒くさそうに取った場合、第一声にその気持ちが乗ります。だからこそ、ある程度の緊張感を持って電話に出なければなりません。


チェーホフ

人生は苦しい。人生は多くの人々に、陰惨な、希望のないものと思われています。しかし、それにしても、だんだん明るくなり、楽になってゆくのは、認めないわけにはいきません。そしてどうやらまったく明るくなってしまうときも、そう遠くはないらしい。


熊切直美

社長室のドアは、いつも開けっ放しです。社員の「アポなし来訪」が常態化しています。もちろん来客中は閉めますが、それ以外はいつも開かれた状態です。とにかく「風通しのいい組織」にしたい。


ページの先頭へ