名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

木皿泉(妻鹿年季子)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木皿泉(妻鹿年季子)のプロフィール

妻鹿年季子、めが・ときこ。脚本家。和泉務とともに木皿泉(きざら・いずみ)の名で活躍。主な脚本作品に『すいか』『野ブタ。をプロデュース』『セクシーボイスアンドロボ』『Q10』ほか。兵庫県出身。短大卒業後、商社勤務を経てシナリオライターとなる。『やっぱり猫が好き』の脚本を機に和泉務とペアを組み、共同ペンネーム木皿泉として活動を開始。主な受賞に『すいか』で向田邦子賞、『野ブタ。をプロデュース』でザテレビジョン誌ドラマアカデミー賞最優秀賞作品等6部門制覇ほか。木皿泉(和泉務)についてはこちらを参照。

木皿泉(妻鹿年季子)の名言 一覧

実感と考えが一致するまで考える。生きてるって感じとか、オリジナリティってそういうことじゃないかな。


ある日、テレビを観ていたら、宇宙が終わる話をしていたんです。専門家の間ではそれが主流らしい。でもずっと考えていたら、やっぱりあるんじゃないの、永遠って。ないと思ったらないけど、自分であると思えばある。そんなふうに自分の中で考え続けることが好きなんです。


自分の中の「こうあらねば」を崩すのが本当に大変だったんだと思う。当時はトレンディドラマが主流で、私たちが出る隙はなかったから、ふたりが機嫌よく暮らすのが基本で、仕事はそのためにある。あの頃は書くよりふたりでしゃべっていた。


マンガを読み出したのはもう結構な大人になってから。当時のマンガの終わり方って、素晴らしいんですよ。普通のドラマの終わり方じゃないんです。人生にはこういう解答もあるんですよという終わり方で。そこが面白くて、影響を受けてると思います。


若い時は日常なんて退屈で大嫌いでした。


『すいか』は流行りものを極力入れず、いつの話かわからない感じに。それでバブル世代も若い人も支持してくれるのかな。何十年経っても、人は同じことで悩んでるんだなって。


脚本の制約については、あったほうがいいと思いますよ。何でもありなんて、ロクなことがないです。ドラマなんてもとは誰かの妄想なんですから。


いまの映画には、映像の力はすごくあって、エピソードはちゃんと作ってあるのに、並べているだけで最後まで解放感が得られないものがけっこうある。世界を組みたてるという作業を忘れている、そんな映画も興行的に成功したりするけど、そういうやり方って、今たまたま受けいれられているだけで、あとの人に何も残さないと思う。私はあとの人につながらないものは書きたくない。


好きなものだけで書いています。いやだと思うものは何ひとつ入れません。本でも映画でも人の話でも、いいなと思ったものはぜんぶ覚えていて、それがうまくつながっていってお話になるんだと思います。ただ、気をつけなければいけないのは、好きなものを並べただけではドラマにならないということ。それらのものが有機的に結びついていかないと、カタログみたいになってしまうんです。


私が書きたいテーマは、たぶんほかのいろいろな作家がすでに書いてきたり、あるいはこれから誰かが書いていったりするようなことだと思うんですよ。私が書かなくても、ほかの人が書いてくれる。私にしか書けないテーマはこの世にはない。でも、私たちにしかできないやり方はあるんだろうなと思うわけです。それは日々改良を重ねてきた工夫だったり、ふたりで作ってきた言語感覚だったり、そういうものは教えたくても教えられないものとして私たちの体に残っていっている。それが個性なのかなと思うんです。


私たちが神戸にいるのは、何者でもない自分でいられるからですよ。東京へ出て、わかりやすいキャラクターを作って、見た目をよくして露出して、顔を覚えてもらったら売上がアップするだろうなとは思います。でも、「それだけ」なんですよ。アップするのはお金だけ。あとは消費されておしまいです。だから、大切なのは、芸能界で仕事をする人がそれについて心を砕くように、いかに遅く消費されるかどうか。


『すいか』をやる前の2002年は価値観が変わった年で、強いと思われていた恋愛ドラマの数字が取れなくなっていて、放送局は何を作っていいのか目標を失っていた時期だったんです。そのドサクサに紛れて『すいか』みたいな地味な企画が通ったんでしょう。ほんとはほかの作家と共同で書くはずだったけど、私たちが書いた1話目があまりにもヘンだったからほかの人は無理だろうと、結局、マイナー作家の私たちがメインで書くことになって。あの時、最初から決めていたのは、せっかく書かせてもらえるんだから、ほかのドラマにはないもの、現実にはあるのにドラマではやらないことを書こうということでしたね。それは制約でできないんじゃなくて、おもしろくないと思いこまれていた。


私は、お客さんにバレなければいいと思っているんです。ドラマを観る人の気持ちが止まってしまうウソは絶対にダメだから、まずいなというところはうまくごまかしながら最後まで書き上げます。女って、そういうところは厚かましいんですね。今も昔も、仕事量は少ないですけど。


私たち、自分の書いたものに執着がないので、平気でそういうこと(ひとつのワープロで共同執筆すること)ができるんです。それに自分の書いたものって飽きるじゃないですか。でも人の手が入ると言葉の使い方とかギャグとかが新鮮で。おもしろいと先が書けるんですね。彼はここがおもしろくなるとか言って、わずか数行にものすごく時間をかけるんですよ。言葉をとても大切に選んでいく。笑いってこういう地道で繊細な作業がないと生まれないんだ、とかなりびっくりしました。


いつも、セリフで説明はしないということについては……「言わなとって、格好良いと思うんですけどね。今の人って、自分のことをどれぐらいわかってくれているかが、親友や恋人の親しさのバロメーターみたいになっていますが、私はそれは違うと思うんです。それなら、わかってくれない人は「敵」になってしまって、ここでもなぜか情報量が重視されてしまうことになるから。でも、わかってくれなくても世間話を楽しめたりもできる。知ってるとか知らないとか、そんなに大したことなのかなぁと思うんです。会って楽しければそれで良いし、その楽しい場みたいなものが一番描きたいので、その時だけ成立していた場みたいなものが描けたら、セリフは、かえって余計なものになってしまうんです。


今って、これ買わなきゃいけない、こういう仕事しなきゃいけない、こういうものを目指さなきゃいけないって全部外から決められてることが山のようにあるから、みんな振り回され過ぎてるんじゃないですか。世の中に「いい」と言われてるものに自分を合わせようとすると、それは苦しいですよ。幸せって、本当は自分のオリジナルでいい。今日は何もなかったけど、本当にちょっとしたことが楽しかったみたいな。


木皿泉(妻鹿年季子)の経歴・略歴

妻鹿年季子、めが・ときこ。脚本家。和泉務とともに木皿泉(きざら・いずみ)の名で活躍。主な脚本作品に『すいか』『野ブタ。をプロデュース』『セクシーボイスアンドロボ』『Q10』ほか。兵庫県出身。短大卒業後、商社勤務を経てシナリオライターとなる。『やっぱり猫が好き』の脚本を機に和泉務とペアを組み、共同ペンネーム木皿泉として活動を開始。主な受賞に『すいか』で向田邦子賞、『野ブタ。をプロデュース』でザテレビジョン誌ドラマアカデミー賞最優秀賞作品等6部門制覇ほか。木皿泉(和泉務)についてはこちらを参照。

他の記事も読んでみる

深野康彦

一番大切なのは、自分で考えて少額から投資してみること。そして、売買の一連の流れを体験してみることです。投資には多種多様な対象やスタイルがあり、万人向けの必勝法はありません。まずは自分が興味ある金融商品から始めて勉強し、徐々に自分に合った投資スタイルを身につけていくと良いと思います。


見波利幸

いくら長時間労働でも、仕事にやりがいを感じたり、仕事を通して自分の成長を実感したり、将来への希望があればメンタル不調にはなりません。もちろん、上司のサポートも不可欠です。上司に言われるままやらされ感で仕事をするのではなく、自分のキャリアを見据えながら、いかに仕事の価値を創造するかという視点で仕事に取り組むことが大切です。


上原明

人がしっかりとした価値観を持ち、社会に対する責任や貢献など、基軸を持って日々の仕事に取り組むこと、特に経営者は、何のために企業を経営していくのか、しっかりとした価値観、基軸を持つことが重要だと考えています。


田中仁(経営者)

私の責務は、現場がすぐ動けるように、意思決定を早くすること。社員にも会議や資料作成に費やす時間は徹底して削ることを求め、前倒しできる仕事は次々と進める。時間を最大限に捻出して、本当に重要な案件の検討に全力を注ぎます。


佐藤優

「雑談が苦手だ」という人が増えている。仕事以外の共通の話題に関する教養が浅いからだ。


松下幸之助

商店の主人公が、みずからの価値というものを正しく判断しない場合は、おおむね失敗します。まわりの店が店舗を改造した、人を増やした、だから俺のところもやってやろうと、こういうような考えをする場合もあるでしょうが、しかしそれだけでは失敗する場合が多い。


茂木健一郎

仕事柄、いろいろな方にお目にかかる。経営者やベテランのビジネスパーソンの場合もあるし、若い社会人や、学生さんとも会うことがある。そんな中、「できる人」と、「できない人」を比較したときに、見分けるための一つの指標になることがある。「できる人」の特徴。それはずばり、自分の目標をやたらと人に言わないこと。逆に言えば、「私はこれを目指しています」「ぼくはこんなことをしたい」と言い続けている人は、結果が出ていないことが多いのである。どうやら、目標を言うことで、すでに満足してしまっているようなのだ。


朝山あつこ

徹底的に現場の声にこだわりました。学校の先生や親はもちろん、大学生、企業人など、いろんな立場の有志が集まって「子供のために、今現場で必要なものは何か」を考え抜き、体系化していったのです。子供が楽しめる、チームで取り組む、大人がかかわる。この3つを絶対ルールにして到達したのが、現在の「夢!自分!発見プログラム」。ここにしっかりしたベースがあるので、提供先に合わせたカスタマイズもできるのです。


高原真由美(髙原真由美)

片づけの目的はあくまで、自分にとって快適な環境を作り、仕事の効率をアップすること。「片づける」と決意した直後、大半の方は頑張りすぎる傾向がありますが、あまり厳しいルールを課すと、実行できなかったときにかえってストレスを抱えることになります。


上田研二

いくつになっても生きていることが楽しくなくてはおかしい。


松村誠一(経営者)

半年、ナイトクラブに通って、現地の言葉を学びました。なるべく日本語は使わない環境をつくるために日本人とはできるだけ付き合わないようにしました。
【覚書き|シンガポール駐在員時代を振り返っての発言】


桂歌丸

いろんな人に言われます。70を過ぎてまで、どうして苦労して新しい噺を覚えるのかって。そりゃあ、覚えも悪くなっていくし、挑戦し続けるのはしんどい。お客さんの期待に応えられなかったら、なんて考えるだけでおっかない。でも、最期に目をつむったときに楽な気持ちでありたいんです。「ああ、あの噺もできたのに」なんて後悔しても遅いでしょ。