名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

木瀬照雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木瀬照雄のプロフィール

木瀬照雄、きせ・てるお。日本の経営者。TOTO会長。福岡出身。京都大学教育学部卒業後、東陶機器(のちのTOTO)に入社。営業本部営業企画部長、取締役経営戦略室長、上席常務執行役員マーケティング本部長、専務執行役員販売推進グループ長などを経て社長・会長。九州経済連合会副会長、社団法人日本建材・住宅設備産業協会会長なども務めた経営者。

木瀬照雄の名言 一覧

どんなに迷うような決断も、お客様の立場から考えれば間違えることはまずありません。


経営理念は個人の仕事観と共鳴できてこそ価値がある。


常に自分の仕事の目的を考えていないと、すべてが「やらされ仕事」になっていく。


2ランク上の立場から自分の仕事を見ることが大切です。課長なら役員、部長なら社長の立場で自分の仕事を見るのです。自分が社長だったらと考えることで日常の仕事が違って見えます。


10年後自分はどうなっていたいのか、次に5年後は。そのためには今から3年間はどうすればいいのか。現在から未来を見るのではなく、未来から今を見る。逆算で考えることが大切。


ウォシュレットという商品は市場の成長の中で思考を重ね、商品の未来を見据える努力をしました。いま、以前なら到底不可能と考えられていた夢の機能がいくつも実現しています。


クレームに対応する形で機能を改良するのは一種の対症療法であり、過去の成功体験の延長線上にものごとを考えているにすぎません。しかし、そもそも商品が何のために存在するのかと発想できれば、思考は具体的な未来へとつながっていきます。


事業を革新したり、企業理念を考えるうえで私が重要だと思うのは、こうありたいという未来から逆算してものごとを見ることです。そのためには人間の普遍的な思いや心の機微を理解することが必要です。


大手住宅メーカー相手の営業からエンドユーザーに近い部署に異動したのは、ちょうどウォシュレットが発売される前年でした。いまでは誰もが知る商品ですが、当初はまったく新しい文化で、多くの人にいかに認知し理解してもらうか、現場の苦労は尽きませんでした。まず、実際に利用してくれた人たちの声を繰り返し聞くことから始めました。


社会においても、企業という組織においても、まずは人に関心を持ち、一人一人が持っている良い部分を認めていくことが大切です。


若いころは、人と話をするのが大嫌いで、会社に入ってからも営業だけはできませんと宣言していたほどでした。結局、営業の最前線を歩き続けることになり、いまでは人と会って話をするのが大好きになりました。


肌の色も国も言葉も関係ない。日本発のトイレという生活文化がその国に根付き、喜んでもらえること。これこそが創業者の描いた夢であり、私にとっても理想の未来像なのです。


日本人にはいま、変なプライドばかりが目立ちます。たとえば仕事を選ぶにしても、これは嫌だとか、あの仕事がいいとか。少なくとも僕らの時代は、一人前になるまでは「何でもしますよ」というのが普通でした。


日本で売れているモノが、必ずしも中国人にとって魅力的なわけではない。だから、基本的な技術開発の部隊などは日本に置きつつ、中国で好まれるデザインや型は現地で作ることが重要です。トイレも文化ですから。


TOTOが新興国市場を攻めるときには、まず主要都市に大規模なショールームをつくります。同時に、空港などシンボリックな場所に商品を出していく。我々が狙っているのはハイエンドな消費者。そこをターゲットに、最先端のものをなるべく早く持ち込もうとしています。TOTOはハイエンドの領域に絞って、ブランドイメージを引き上げていきました。


本当に消費者が求めているものは何なのか。そこにきちんと意識を向ければ、我々が役に立てることはまだまだ結構あるんじゃないでしょうか。


TOTOは中国全土に向けてアフターサービスの仕組みを整えているんです。全国ネットでユーザーが使っていて壊れたらすぐに無料で駆けつける。こうした体制を用意しているのはうちくらいしかいないでしょう。


何のために仕事をするのか常に考えて欲しい。そのときは3つの見方で見るといい。ひとつは「未来から見る」こと。2つ目は「2ランク上の立場(役職)から見る」こと。そして3つめは「お客様の立場で見る」こと。


私たちはいったい何のために仕事をするのでしょうか。仕事の目的には、そのまた目的があります。さらに「目的の目的」にも目的がある。3回問い詰めていくと真の目的が見えてきます。


社長に就任し、最初に取り組んだのが経営理念の再編成でした。事業は多岐にわたり、世界各国、グループ全体で1万7000人以上が働いていました。次の時代に何を大事にしていくのか。TOTOらしさという暗黙知の世界を明確に言語化しなければならなくなっていたのです。


木瀬照雄の経歴・略歴

木瀬照雄、きせ・てるお。日本の経営者。TOTO会長。福岡出身。京都大学教育学部卒業後、東陶機器(のちのTOTO)に入社。営業本部営業企画部長、取締役経営戦略室長、上席常務執行役員マーケティング本部長、専務執行役員販売推進グループ長などを経て社長・会長。九州経済連合会副会長、社団法人日本建材・住宅設備産業協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

服部真二

メカニカル、すなわち機械式時計の技術というのは、顕微鏡でしか見えないような細かな作業を職人が手で行います。そうした匠の技術と、もうひとつがエレクトロニクスですね。GPSシグナルを受信するようなハイテク技術。我々は「メカトロニクス」と呼んでいますが、メカニカルの技術とエレクトロニクスの融合。それがセイコーのひとつの武器でもあります。


杉山博孝

単にオフィスがある、ビルがあるだけではいけません。街ににぎわいを持たせるタウンマネジメントが必要です。それが街の強みになる。


熊谷正寿

初めてインターネットに巡り合ったとき、その成長性を感じてワクワクしました。今、同じ高揚感を「仮想通貨」の可能性に感じています。仮想通貨の誕生から広がり方、業界を覆う空気感がインターネット黎明期と似ている。ただ、私は予言者ではありません。既存の通貨と仮想通貨のどちらが本当に便利かは利用者が決めること。


河田重

独房で呻吟したり、満州や北支のドサまわりをやったりしているうちに、私は本社の重役になる時期が遅れてしまった。ところが、人生のことは、何がどうなるかわからない。ちょうど私より上の人たちが、いっぺんにパージ(公職追放)にひっかかった。そのとき私は常務で鶴見造船所の所長をしていたが、あのときはみんな大いに慌てたものだ。結局、私が社長になることになった。
【覚書き|太平洋戦争終結直後を振り返っての発言】


天坊昭彦

「大家族主義」で公私とも深く関わりながらも、仕事は完全に任せるのが出光流です。店主(創業者・出光佐三)は「独立自治」という言葉を使います。社員一人ひとりが経営者であるという考え方です。その事業をやっている人が一番よく知っているのだから、すべての判断を任せます。


森泉知行

決断を求められるときというのは、大きいことから日々のことまでいろいろあります。もちろん、経営上、会社の屋台骨を左右するような重要な事柄は、あらゆる角度から検討し、材料を集め、慎重に考えますが、日々のことについては、まず決めて、やってみて、万が一、失敗しそうになったら素早く修正すればいい。その繰り返しです。


篠辺修

技術系は合理性だ。常に結論に至るロジックを考える。複雑なことでも、簡単なものの足し算であるという考え方だ。人間関係なら複雑なことも多いだろうが、技術の世界では、複雑に見えても単純なことをひとつひとつ解決すれば道は拓ける。


梶村尚史

朝スッキリ気持ちよく目覚められる身体になるには、「睡眠時間のリズム」をきっちり決めておくことが大切です。そうすることで、睡眠のタイミングと生理機能のリズムが一致して、「ぐっすり眠って、スッキリ起きる」サイクルが恒常化していきます。


安達一彦

企業を存続させるためには、人を大事にし、その人の能力を引き出していくことが大事。


ピーター・ドラッカー

成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる。


田浦秀幸

毎日できれば2時間、無理なら20分でも英語に触れてください。適切なトレーニングをコツコツ積み上げていけば、ビジネスや日常生活に困らないくらいまでには十分にスキルアップが可能です。


横山信弘

業績が悪化している会社ほど、会議が増える傾向があります。部下がきちんと仕事をしているか疑心暗鬼になった社長や専務が、とにかく部下を集めて叱りつけたいのです。部下は会議に縛りつけられるため、実務に携われる時間が減り、ますます業績は悪化します。