名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木村達央の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村達央のプロフィール

木村達央、きむら・たつお。日本の経営者。アパレルメーカーのジャパンイマジネーション会長。東京出身。学習院大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。その後、デリカ(のちのジャパンイマジネーション)に移り、営業部長、取締役などを務めたのち社長・会長を務めた経営者。

木村達央の名言 一覧

私は数年で変わる顧客の彼女たちの姿をとらえきれませんでした。ですから私は社長時代、早々に白旗をあげたんです。「わからないことはわからない。だったらわかる人に任せよう」。それが社長時代の私の経営哲学でした。


ターゲットに一番近い人に任せる経営が何よりも重要です。


我々の感覚が世間の潮流とズレていないかを見定めることが、経営者の務めです。現場に仕事を任せられるか。成否を分かつカギはここにあるといまも確信しています。


私はいまでもファッションビルやショッピングセンターに頻繁に足を運んでいます。屋上から最下層のフロアまで、ファッションだけでなく、飲食店や雑貨店などもすべて見て回るのです。行き来する来店客の様子をじっと観察すれば、細かな流行の差異はわからなくても、時代の方向性は感じられます。


当時、東京・渋谷の街頭では、バブル期のようにブランド品をありがたがって着ている女性はほとんどいませんでした。であれば、より彼女たちの価値観を理解した人間に、ブランド運営を任せるべきだ。そう判断し、当時まだ20代後半の青年に託しました。顧客に最も近い社員にブランドを任せたからこそ、20年以上若者を相手に商売ができたのだと実感しています。


「若者のニーズがわからない」最近は様々な業界でこんな悩みを耳にします。ですが、ここで語られる「若者」とは一体誰を指すのでしょうか。いま、この瞬間に店頭で買い物をしている彼女たちが何を求めているかが重要です。ここで大雑把に「若者」と括ってしまうと、真の姿を見誤る危険性があります。


木村達央の経歴・略歴

木村達央、きむら・たつお。日本の経営者。アパレルメーカーのジャパンイマジネーション会長。東京出身。学習院大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。その後、デリカ(のちのジャパンイマジネーション)に移り、営業部長、取締役などを務めたのち社長・会長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

子どもは、目に見えない間接的しつけが8割影響するといわれていますから、子どものけんかの模範が夫婦喧嘩になっていると、大人のようなけんかを子どもがするようになります。夫婦でお互い伝えたいことを伝え合い、率先して謝る姿勢を見せること、そして、万が一、けんかをした場合にも、仲直りするところまで見せることが重要。


野口実(ABCマート)

(途上国での生産は)難しいです。最初はできがよくない。やっぱりトライ&エラーをしながら、品質を上げていきます。


アルバート・アインシュタイン

私はいま孤独の中に生きています。若者には苦痛ですが、成熟した人間にとっては、甘美な孤独の中に。


山口悟郎

ミスしたと正直に言えないのは、怒られるのが怖いからでしょう。言い方や指導方法は考える必要がありますが、ミスを犯したら怒られるのは、当たり前です。ですから若い人には、怒られる勇気を持てと言いたいですね。


佐藤琢磨

僕には競技場でのレース経験が足りなかったから、真っ向勝負では歯が立たないかもしれない。だから、分析に分析を重ねて作戦を練って、後は思い切りアタックする。それしかなかった。


伊藤邦雄

グローバル化というのは現地にどう根づくか、現地の消費者の行動をよく調べることが重要。


桜田厚(櫻田厚)

リアルな世界では状況が違えば、ふさわしい答えも違う。その都度、自分の頭で考えて正解を作っていくしかない。


岩片和行

現場にいれば、問題発生とその解決を膨大な数で経験できます。この経験はより大きな問題に接した場合でも、必ず活きてきます。


中川和宏

元々、脳の中に情報がない状態では、イマジネーションは働きません。そのためには、常日頃から、何かあたまに想い描いたら、それをちゃんと映像化して、脳に残すことです。それがちゃんとできているかがとても重要。


津賀一宏

事業にも終わりがあります。その終わりを事業部がみずから判断するのは非常に難しい。そのために本社やカンパニーがあると考えています。これは、事業の立ち上げの時も同じですけれども。


野村和史(経営者)

中小企業でも大企業に負けない情熱と結束力で勝負すればいい。


青木擴憲

当社もファッションでスタートしましたが、企業としての継続性を考えた時にファッションだけでは今後どうなるのか分からない。そこで、結婚式場をつくったり、カラオケや複合カフェのようなエンターテイメント分野に進出したり、いまは3つの分野で事業を展開しています。3つの業態を持っていれば、どこがどういう状況になっても補え、継続性が維持できるというポートフォリオ経営です。