名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

木村英文(木村飲料)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村英文(木村飲料)のプロフィール

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

木村英文(木村飲料)の名言 一覧

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。


40代までは私も「正解は外にある」と思っていました。でも、答えは自分の中にあるのです。子どもの頃のいたずら、今まで出合った世界の飲料、先祖や親の苦労。すべてがノウハウとして私の身に入っている。そこに光を当てると、誰にも真似できないアイデアが次々と生まれてきます。


「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


うちの工場内が遊び場でしたから、子供の頃、調合室に弟と忍び込み、変なサイダーやラムネを作るいたずらをしていました。でもね、本来、清涼飲料は遊びながら作るものだと思うんですよ。


うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


モンドセレクション金賞を受賞した「元祖ビー玉ラムネ」が売上を落とした原因はわかりませんでした。デザインもいいし、味もおいしいのに……。宣伝費をかけられない中小企業は大手に勝てないのだと本当にガックリしました。いいものを作れば売れると思っていたのが間違いだったのです。


子どもの頃から寿司屋で出てくるコーラに不満でした。こげ茶色のコーラは日本食に合わないからです。日本人はやはり緑茶でしょう。いま、うちの「しずおかコーラ(お茶を加えた緑色のコーラ)」は日本食ブームにのってシンガポールやマレーシア、オーストラリアなどにも輸出されています。


私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。


木村英文(木村飲料)の経歴・略歴

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

クリスティン・エドマン

当社では長期休暇が最低でも通常年1回、休暇は2週間連続で取れます。それでも、仕事はちゃんと回っています。やろうと思えば、できるんですね。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

海外展開などで持続的成長を目指していくには、人事、組織、コスト、働き方の全てを改革する必要がある。


箭内道彦

俺の才能をいつか誰かが見つけてくれるだろうと思っていても、見つける側はそんなにヒマじゃない。だから、チャンスが来たときにちゃんと手を挙げないと、絶対次の段階に行けない。


村上憲郎

リストラされることや会社がなくなることを普通のこととして受け入れ、転社しても通用するプロとして独自にキャリアを積み重ねていく。ビジネスパーソン一人一人がそうした覚悟を持つことで、日本の会社は変わり、日本経済に光が見えてくるのではないかと思います。


川田修(ライフプランナー)

初回訪問の目的は、自分や自分の会社に興味を持ってもらうこと。それをせずにいきなりヒアリングや商品の提案をしても、お客様が「この営業マンから買おう」と思うことはまずありません。


大塚玲奈

昔から根がガキ大将なんです。それに寂しがり屋。小学校から前職まで、全ステージの友達と付き合いがあります。一度できたつながりは断ちたくないですから。


樋口一葉

利欲にはしれる浮き世の人あさましく、厭わしく、これゆえにかく狂えるかと見れば、金銀はほとんど塵芥の様にぞ覚えし。


義家弘介(ヤンキー先生)

いまは子供ときちんと向き合えない大人が多すぎます。どれだけ子供に手をかけるかという意味での意識格差が広がっていると思います。


谷口祥子

「I(自分)」を主語にして褒めると、素直に受け止めてもらえ、効果が上がります。「すごい資格をお持ちですね」と評価を伝えるだけでは「いえいえ」と謙遜されてしまいがちですが、「この資格をお持ちだなんて、尊敬します」と言えば、それはこちらの感じ方なので否定しようがありません。「ありがとうございます」とストレートに喜んでもらえて、会話も盛り上がりやすくなります。


午堂登紀雄

ビジネスのテーマになり得るダイヤの原石は、妻との日常会話から発見することがほとんどです。コツは、「子供の頃は何に夢中だったの?」「どんな映画や小説が好きなの?」、あるいは買い物に行ったときに「なんでそれを買うの?」といったように、妻の趣味嗜好を引き出す問いかけです。


佐藤優

必要以上にビビらないようにするためには、やはり経験と場数を踏むしかない。ただし個人が積める経験は限られています。そこでいつも僕が言うのは代理経験を積むこと。怖い経験をした人、ビビるような経験をした人からたくさん話を聞くことです。本人からでなくても本や映画からでもいい。経験と情報があればいろんなことが起きたときでも、「この人は前に会ったあの人に似ているな」とか、「いまの状況は前に失敗したときの状況にそっくりだな」という風に、対象を分類化することができるでしょう。類比、英語で言うとアナロジー。これができるようになると、たいていのことをシミュレーションできるようになり、ビビらなくなる。


野志克仁

地元の方には「うちのまちには何もない」と言う方がいらっしゃるのですが、松山には、現存十二天守の松山城があり、国の重要文化財でミシュランのガイドブックで最高位の三ツ星をいただいている道後温泉本館もあります。また、松山には道後温泉以外にも10近い温泉があるんです。それから、松山には路面電車が通っていますが、路面電車が走っている都市は日本に17しかありません。ですので、これも松山の宝の一つです。