名言DB

9413 人 / 110706 名言

木村英文(木村飲料)の名言

twitter Facebook はてブ

木村英文(木村飲料)のプロフィール

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

木村英文(木村飲料)の名言 一覧

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。


40代までは私も「正解は外にある」と思っていました。でも、答えは自分の中にあるのです。子どもの頃のいたずら、今まで出合った世界の飲料、先祖や親の苦労。すべてがノウハウとして私の身に入っている。そこに光を当てると、誰にも真似できないアイデアが次々と生まれてきます。


「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


うちの工場内が遊び場でしたから、子供の頃、調合室に弟と忍び込み、変なサイダーやラムネを作るいたずらをしていました。でもね、本来、清涼飲料は遊びながら作るものだと思うんですよ。


うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


モンドセレクション金賞を受賞した「元祖ビー玉ラムネ」が売上を落とした原因はわかりませんでした。デザインもいいし、味もおいしいのに……。宣伝費をかけられない中小企業は大手に勝てないのだと本当にガックリしました。いいものを作れば売れると思っていたのが間違いだったのです。


子どもの頃から寿司屋で出てくるコーラに不満でした。こげ茶色のコーラは日本食に合わないからです。日本人はやはり緑茶でしょう。いま、うちの「しずおかコーラ(お茶を加えた緑色のコーラ)」は日本食ブームにのってシンガポールやマレーシア、オーストラリアなどにも輸出されています。


私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。


木村英文(木村飲料)の経歴・略歴

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

橘田尚彦

ケンコーコムは新しいことにチャレンジする会社です。私はこうした「自由な雰囲気」と、小売業の「組織の規律」を両立させることが、eコマースの経営において、一つの重要なテーマだと考えています。


倉本聰

僕は常々「海抜ゼロメートル」と言っています。海抜ゼロメートルから富士山を見ると、周囲を含めて多様な姿を捉えることができます。それがいざ登山を始め5合目、7合目と上がっていくと、頂上は近づいても、視界は狭くなり、上に登る選択肢も限られていきます。海抜ゼロメートルとは登り続けながら、登山を始めた原点に立ち返ることなのです。


宮嶌裕二

「選択と集中」で位置ゲームに特化した開発を進めることで「位置ゲームならモバファク」というイメージが定着、固定ファンの獲得に成功しました。捨てる恐怖はありましたが、恋愛ゲームの新規開発を止めたからこそ、今があります。


本田宗一郎

人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろうか。そして、そういう人間を育てようとする精神なのではないだろうか。


保坂隆(精神科医)

いつもイライラしている人というのは、交感神経がオンになっている時間が長くなります。すると血管が収縮し、血圧が高くなり、動脈硬化が進んで「心筋梗塞」や「くも膜下出血」などのリスクが高まります。一方で平穏な人というのは、自律神経のバランスがいい。日中は交感神経が働いて活動的になりますが、夕方には副交感神経のスイッチが入って、食事、入浴を経てとてもリラックスし、いい眠りにつきます。当然、病気にかかりにくくなります。


泉谷直木

海外で聞いた話ですが、消費者は店の中で三つの通貨を使うといいます。お金と時間とストレスです。ストレスというのは、商品を選ぶとかキャッシャーで支払いをするときのストレスです。


大前研一

情報の達人を目指すなら、最初の一歩はひとつの整理棚をつくることである。私が学生に対し指導しているのは、毎日土曜日に3時間ほど時間をつくり、自分が関心のあることについてGoogleでネットサーフィンすること。3時間サーフィンしただけでは時間の無駄だが、その結果を、つまり「要はどういうことなんだ」と「それなら私はこう考える」をレポートにまとめる。面白い写真やデータを見つけたら、それもレポートに添付する。こうして作ったレポートが最初の棚になる。


芦沢央

人ってどうしても見えるところだけで考えたり、自分の意図が通ったかどうかで判断しがちですよね。通らなければ、失敗したとか、意味がなかったとか思ってしまう。でも自分からは見えないバック・ステージでは実を結んでいるかもしれない。自分のしたことが、知らない誰かに影響を与えているかもって想像すると、素敵だなって。世界はけっこう捨てたもんじゃないなと思えてくるんです。


川口淳一郎

先生に言われた通りに頑張る。教科書通りの勉強ばかりする。そうした良い子からは新しいことに挑む挑戦者は生まれない。世界初は生まれない。「学ぶプロ」になっちゃダメ。


新田信昭

人件費を削って外部テナントを入れて集客しようという動きもありますが、我々は人をコストではなく財産と見なしています。高付加価値路線を追求したいと思っています。


渡辺謙

自分を成長させるために大切なことがあるとすれば、人生で何かアクシデントに遭遇しても、逃げずにきちんと向き合うことではないでしょうか。嵐が通り過ぎるように受け流すのではなく、「残念だ」「悔しい」という気持ちをきちんと受け止めて整理して次につなげる。そういう生き方が、知らず知らずのうちに仕事の勘や生きる知恵に昇華されていく。何か特別なスキルを身につけて実力が一足に飛び上がるなんてなかなかないんじゃないでしょうか。


奥島孝康

ユートピアは誰の心の中にもある。だからこそ、人々にその想いが強ければ実現できるはずではないのか。


村田昭治

ホテルや百貨店などの飲食を中心に不祥事が続いた。このニュースを聞いて、わたしは哲学が足りないのだなあと思った。専門性を磨くことは、いくらでもやる。しかし何が基本か、何がフェアーか、何がジャスティスか、そのことを私たちみんなが哲学・道徳として、こころに宿していなければならないはずだ。


谷原誠

私の経験から思うに、強引に主張してくるタイプの人は、ひとつの物事に対して使えるエネルギー量が決まっています。ですから、話す機会を何回かに分けることで、こちらが耐えられる範囲でエネルギーを消費させることができるのです。


寺尾玄

仕事の場合、好きな仕事ができていないのは、自分で仕事が作れていないからかもしれません。上司から振られた仕事をこなすだけの日々では、好きな仕事をするのは難しいでしょう。主体的に動き、自分で仕事を作っていって初めて好きな仕事を手に入れられるのではないでしょうか。どうしても好きな仕事ができないなら、転職するなり、起業すればいい。好きなことをするには、そのぐらいの覚悟は必要です。