名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木村英文(木村飲料)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村英文(木村飲料)のプロフィール

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

木村英文(木村飲料)の名言 一覧

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。


40代までは私も「正解は外にある」と思っていました。でも、答えは自分の中にあるのです。子どもの頃のいたずら、今まで出合った世界の飲料、先祖や親の苦労。すべてがノウハウとして私の身に入っている。そこに光を当てると、誰にも真似できないアイデアが次々と生まれてきます。


「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


うちの工場内が遊び場でしたから、子供の頃、調合室に弟と忍び込み、変なサイダーやラムネを作るいたずらをしていました。でもね、本来、清涼飲料は遊びながら作るものだと思うんですよ。


うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


モンドセレクション金賞を受賞した「元祖ビー玉ラムネ」が売上を落とした原因はわかりませんでした。デザインもいいし、味もおいしいのに……。宣伝費をかけられない中小企業は大手に勝てないのだと本当にガックリしました。いいものを作れば売れると思っていたのが間違いだったのです。


子どもの頃から寿司屋で出てくるコーラに不満でした。こげ茶色のコーラは日本食に合わないからです。日本人はやはり緑茶でしょう。いま、うちの「しずおかコーラ(お茶を加えた緑色のコーラ)」は日本食ブームにのってシンガポールやマレーシア、オーストラリアなどにも輸出されています。


私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。


木村英文(木村飲料)の経歴・略歴

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

柳井正

企業のバイタリティーは新陳代謝を活性化する政策からしか出てこない。


落合寛司

頑張っている人に共通するのは、前向きにトライしていることですね。課題に対して自責で取り組む。この自責というのは自分の責任という意味です。もちろん、うまくいかないことは変革期においてはたくさんあります。あるいは、今までと違ったコンサルをやると失敗するケースもあります。そのうまくいかないときに、世の中が悪いんだとか、金融を取り巻く環境が悪いと他に責任を転嫁する人は伸びていきませんね。


宮内義彦

オリックスが何とかやってこられたのは、バブル崩壊時に日本の会社でいち早く、91~92年から不良債権を償却し始めていたからです。日本の金融市場が崩壊したのは97年ですが、翌98年にオリックスはニューヨーク証券取引所に上場しているんです。「日本の金融はぐじゃぐじゃになっているのに、おまえのところは何で好業績なんだ?」と驚かれましたよ。


貝沼由久

成功はうれしいが、とらわれてはいけない。


マーラ・ヤマウチ

いつもと同じ力を発揮できたから、幸いにも6位に入賞できたけれど、優勝するには、実力に加えてプラスアルファの何かが必要だと思います。それが何かは言い表すのが難しいです。そのパワーは焦ったら必ず出るというものではないと思います。毎日、着々と準備を重ねて、勝負の瞬間、フッとプラスアルファの力が出てくるようにと願うしかないでしょう。


家入一真

ウェブサイトで自分の絵を発表していたのですが、たくさんの人がコメントをくれて感動しました。だったら、もっと多くの人が気軽にホームページを持って表現ができるように、格安でレンタルサーバーを提供する会社を設立しました。創業当時、会社は自宅、社員は自分1人、初期費用は10万円だけ。クチコミでユーザーが増えました。


佐々木常夫

まず上司自身が、部下の心を動かすだけの高い志を持っているかどうか。志とは、自分の中にある世のため人のためという思いのこと。


石橋博良

俺にはわからないことが多いから、間違っていたら言ってくれ。
【覚書き|海洋気象情報会社オーシャンルーツ米国本社で副社長を務めていたときの発言】


有働由美子

方言って便利なんですよ。共通語より柔らかい感じがするでしょ。ですから、会議で言いにくいことを発言するときなど、意図的に関西弁を混ぜるようにしているんです。


伊藤洋志

企業に入って1つの仕事を専業で生涯続け、人によっては自分の健康とお金を交換することもある。このような現代の働き方はおかしい。僕はいろいろな仕事を作って、仕事に多様性を取り戻したい。


安永竜夫

既に7月は海外3つ、国内2つの出張が入っていましたからスケジュールが空いていたのは海の日の3連休だけでした。土曜に出て海の日の月曜日に帰ってくる強行軍でした。社長の人使いが荒いほうが普通なのですが、当社は社長使いが荒い(笑)。


木村尚敬

部下は黙って有益な情報を上げてくれるほどお人好しではない。有益な情報を知りたければ、自分からアプローチする姿勢が必要だ。情報を引き出す際は、ストレートに尋ねるより、「いま報告しておかないとヤバいかも」と気づかせる質問を投げかけたい。部下が自ら報告したかのように体裁を整えたほうが、よりレアな情報を吸い上げられるだろう。