木村英文(木村飲料)の名言

木村英文(木村飲料)のプロフィール

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

木村英文(木村飲料)の名言 一覧

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。


40代までは私も「正解は外にある」と思っていました。でも、答えは自分の中にあるのです。子どもの頃のいたずら、今まで出合った世界の飲料、先祖や親の苦労。すべてがノウハウとして私の身に入っている。そこに光を当てると、誰にも真似できないアイデアが次々と生まれてきます。


「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


うちの工場内が遊び場でしたから、子供の頃、調合室に弟と忍び込み、変なサイダーやラムネを作るいたずらをしていました。でもね、本来、清涼飲料は遊びながら作るものだと思うんですよ。


うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


モンドセレクション金賞を受賞した「元祖ビー玉ラムネ」が売上を落とした原因はわかりませんでした。デザインもいいし、味もおいしいのに……。宣伝費をかけられない中小企業は大手に勝てないのだと本当にガックリしました。いいものを作れば売れると思っていたのが間違いだったのです。


子どもの頃から寿司屋で出てくるコーラに不満でした。こげ茶色のコーラは日本食に合わないからです。日本人はやはり緑茶でしょう。いま、うちの「しずおかコーラ(お茶を加えた緑色のコーラ)」は日本食ブームにのってシンガポールやマレーシア、オーストラリアなどにも輸出されています。


私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。


木村英文(木村飲料)の経歴・略歴

木村英文、きむら・ひでふみ。日本の経営者。「わさびラムネ」、「カレーラムネ」、お茶を配合した緑色のコーラ「しずおかコーラ」などユニークなジュースを発売する静岡県の清涼飲料水メーカー「木村飲料」社長。静岡県出身。静岡大学人文学部卒業後、祖父が創業した木村飲料に入社。弟とともにインパクトのあるユニークな清涼飲料水の開発に着手。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

棚橋弘至

プロレスの応援をしている時ってね、実は体力を使っているんですよ。試合終了後には、心地よい疲労感が残っているはずです。この、心地よい疲労感って、充実した仕事をした時の状態に近いんだそうですよ……。脳の深いところにアプローチしているんですよ、僕らは(笑)。


韓昌祐

日本発の国際文化といえば、安藤百福さんが発明したインスタントラーメンがあります。また、カラオケもそうでしょう。3つ目はパチンコだと確信しているんです。日本で誕生したパチンコを海外に広めるための下調べをしています。


青柳俊彦

安売りすることで、数だけ増やせばいいとは思ってはいけない。多少価格は高くても、価格以上の満足を実感してもらえるサービスこそが大切。


サミュエル・スマイルズ

人を偉大ならしめるものはすべて労働によって得られる。文明とは労働の産物である。


殿村政明

私は19歳の時、お笑いの世界に飛び込んだが、相方の事情でコンビを解散。その後、住宅メーカーに営業マンとして就職した。入社当初の成績は鳴かず飛ばず。このままではマズイと思い、社内で断トツに売っているトップセールスマンの営業に同行させてもらうことにした。自分との違いはすぐに分かった。その人はまず、お客さんの興味を引くような話題を次々と放り込んでいき、雑談の時間を重視しているように見えた。何分かに1回は必ずお客さんを笑わせるので、商談をしている席の周りに、自然ととてもリラックスしたムードが漂ってくる。


鐘撞正也

弊社では自社のこだわりを押し付けることなく、あくまでお客様の思い描くイメージをカッコいい住宅にするための変換装置でありたい。


フレデリック・アミエル

尊敬と正義は近い間柄である。何も尊敬しない人間は、絶対的君主が法律に対するのと同様に、己自身をすべての上に置く。だから、群小の平等論者は蟻のように集まった群小の専制君主である。


マルティン・ルター(神学者)

私の名と信望はすでにむしりとられています。たったひとつ残っているものといえば、あわれな弱い私の身体だけです。彼らはこれをとろうと思っても、せいぜいほんの1、2時間痛めつけるだけで、魂を私から奪うことはできないのです。


張本邦雄

誰のどんなやり方でも、正しい結論が出ればいいのです。社長になったからといって何でも「張本流」を押し付けるようなことはしません。他人の価値観を許容できるようになれば、自分一人で行き詰ったときも新たな道が開け、人間として何倍にも大きくなれるのです。


乙武洋匡

感情に任せて文章を言いてしまいそうなときは、書かないほうが良いと思います。深夜に書いたラブレターは絶対に送ってはいけない、というのと同じです(笑)。たとえば、部下のミスでカッとしたとき、怒ったまま部下にメールを書いても、ろくな結果は生みません。いったんパソコンの前から離れて、コーヒーでも飲んで、気分を落ち着ける。このミスが起こって周囲がどれだけ困ったのか、相手にどうしてほしいのかを客観的に伝えられるようになるまでは、書かないほうが良いと思うんです。


松沢幸一

いま私は、社長出席の会議を減らして権限を委譲し、一方で営業や生産など現場とは定期的に車座の集会を開いています。書類をつくらせても大した情報は上がってきません。だから現場の生の声を自ら聞きに行く時間を意識的に持つようにしているのです。


小笹芳央

人間って結局、いろいろな関係の網の目の中で生きているので、周りから見いだしてもらえるというのは重要なこと。


遠藤功

仕事で成果を挙げ続けるためには、仕事の「価値の進化」を常に意識し、自らの能力やスキル、知識を継続的にブラッシュアップしなければならない。


久能祐子

日本では理科系の女性は少数でしたが、ドイツでは女性の大学院生も多く、「自分がやりたいことをやる」「それができる場所に移動する」「自分で考えて、人がやっていないことをやっていく」という感覚の人がたくさんいて、ミュンヘンは大きなターニングポイントになりました。


ケリー・マクゴニガル

私たちは、皆違います。あなたがあなたに合った仕事の進め方に注意するようになれば、もしかしたら私が考えもしなかったような方法を見つけ出すかもしれません。いろいろと試してみてください。


ページの先頭へ