名言DB

9413 人 / 110706 名言

木村秋則の名言

twitter Facebook はてブ

木村秋則のプロフィール

木村秋則、きむら・あきのり。日本の農業技術者、リンゴ農家。青森県出身。弘前実業高校卒業後、集団就職で川崎市内のメーカーに入社。1年半で退職し、故郷でリンゴ栽培を開始する。妻が農薬で体を壊したことをきっかけに無農薬・無肥料リンゴ栽培の研究をスタートさせる。10年近く無収穫が続き、どん底の貧乏生活を経験。その後、世界で初めて完全無農薬・無肥料でリンゴ栽培に成功した。自然農法を世界に広げるために農業指導を行った。主な著書に『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家』『奇跡を起こす 見えないものを見る力』『百姓が地球を救う』『木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ』『すべては宇宙の采配』など。

木村秋則の名言 一覧

いまの時代は大変だな。情報量が多くて答えが氾濫しているからさ。何でも答えがすぐに与えられちゃうから、それ以上考えなくなってしまうし、発見する喜びも感じられない。それじゃあ、脳も活性化しないと思う。


社会に役に立つ一生を送ろうと思って欲しい。みんなが仕事を通して社会に役立つことをしようと考えたら、もっと住みよい、争いもいさかいもない社会になるんじゃないでしょうか。


ほかの人と私が違うところがあったとしたら、それは失敗の数です。私は農薬に対して無知だったから、誰よりもたくさん失敗しました。


私の場合は、答えなんてどこにもなかったから失敗ばかり。でも、失敗が続く限りずっと試行錯誤を続けるから、誰も知らないこともわかるようになるんです。


私は百姓だから、百姓として社会の役に立ちたいんです。具体的には環境問題です。最近の研究で、フロンガスより農業用資材の方がオゾン層を破壊していることがわかった。自分がやってきた自然栽培は、いまはまだ異端かもしれない。でもこれからの地球を考えたとき、これしかないんじゃないかと思います。だからそれをもっと広めて、みんなで知恵を出し合って、最終的にはすべての食に関わる第一次産業を公害のないものに変えたい。それが私の夢なんです。


どうしたら一流になれるかなんて、私にはわからない。ただ人って、「どうかお願いします」と手を合わせてお祈りしたら、自分が限界だと思っている力の何倍もの力が出るんじゃないかな。


自分の仕事に対し感謝の気持ちを持てるようになったら、必ずその仕事が結果で返してくれます。こだまですよ。


お米農家の人に講演をしたとき、私は最初に「誰がお米をつくっているんですか」と質問しました。するとみなさん、「私たち人間に決まっているじゃないですか」という顔をする。それで私は言いました「米をつくっているのは人間じゃない。人間の身体に米一粒実りますか?実らないでしょ。米をつくり、みなさんの生活を支えてくれるのは稲や土なんです。今日ここまで来たクルマもいま着ている服も、稲や土のおかげで買うことができたんでしょ。今年、田んぼに『ありがとうございました』と言った人はいますか?きっと田んぼの土は、『うちの主人は冷たいな。稲を育てたのは私だよ』と言っていますよ。だから今晩の宴会はやめて、そのお酒をもって田んぼにお礼を言いに行ってください」と。


何百年前に宮大工さんたちがつくった建物がいまでも立派に残っているけど、昔は応用力学なんてなかったわけ。だからカンナで削るときも金鎚で叩くときも「どうかこれで長い間の風雪に耐えてくれ」というように、精一杯思いを込めていたはずなんです。そして、その思いが手や道具を通して伝わったから、いまでも壊れないでいる気がするんです。


なんとか稼がなければと、夜キャバレーで働いたり、冬の時期に出稼ぎに行ったりしました。でも、希望はあった。じつは野菜やお米の無農薬栽培にも取り組んでいたんだけど、それが成功していたんです。「リンゴの無農薬栽培は格段に難しい。でも、野菜やお米ができるなら、リンゴだってできるはずだ」。そういう期待があったから頑張れたのだと思います。


リンゴの無農薬栽培を始めたとき、生活はどん底だったね。1カ月の生活費はわずか3000円という時期もありましたし、食卓にはいつも畑でとれた雑草のようなものが並んでいました。家族には何ひとつ買ってあげられなくて。いま振り返るとバカだっただけじゃないかと思う。普通は家族のこととか考えて、途中で諦める。でも私はバカだから、自分が納得するまで、とことん追求しないと気が済まなかったんです。


木村秋則の経歴・略歴

木村秋則、きむら・あきのり。日本の農業技術者、リンゴ農家。青森県出身。弘前実業高校卒業後、集団就職で川崎市内のメーカーに入社。1年半で退職し、故郷でリンゴ栽培を開始する。妻が農薬で体を壊したことをきっかけに無農薬・無肥料リンゴ栽培の研究をスタートさせる。10年近く無収穫が続き、どん底の貧乏生活を経験。その後、世界で初めて完全無農薬・無肥料でリンゴ栽培に成功した。自然農法を世界に広げるために農業指導を行った。主な著書に『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家』『奇跡を起こす 見えないものを見る力』『百姓が地球を救う』『木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ』『すべては宇宙の采配』など。

他の記事も読んでみる

石川康晴

直近では、ビジネススーツの製造販売「コナカ」、学生服メーカーの「菅公学生服」とコラボレーションをしました。互いに手を組み合えば、例えば、制服や自由服(制服に準じた基準服)、リクルートスーツで新しいマーケットが見込める。自力でチャネルを広げるには限界があるので、「現実を正しく踏まえて、実現できること」を1つずつ地道に積み上げる。こうして将来的に「450億円」の事業規模まで伸ばしていけると見込んでいるわけです。


刈田範博

できる営業マンになるために大切な要素が「目標設定」、つまり数字に積極的にこだわることです。数字の縛りを外してしまうと、営業マンではなく、御用聞き、もしくは単なるいい人になってしまいます。


寺門ジモン

はっきりいって、ボク、芸能人としての才能はありません。姿、カッコウを見てもイケてないし、滑舌がいいわけでもない。でも、映画を観るとかトレーニングをする、人より美味いものをいっぱい食べるとか、表に見えないことでコツコツやってきたことが、最終的には才能より勝つんじゃないのかなと思っているんです。


勝俣州和

富士登山とか、プライベートでもいろんなことにも挑戦したり、パパをやったりすることで、世界がまた広がった。


白川義員

要するにフィルムであろうと印刷であろうと、つまらない写真を一発で凄い写真にするウルトラCなどないということ。小手先の技術だけで凄い写真が出来るわけがない。


関本忠弘

変化に追従するだけでなしに、あるべき必要とする変化を自ら興す原動力たれ、人間素質があれば前向きに考えるところまでは行きます。問題は考えるだけでなく実行することです。


多田荘一郎

トップの身の丈が組織の限界を作る。これは多くの事業再生を手掛ける中で私が感じた危機感。


出口治明

取り組むべき副業は好きなものがいいでしょう。少々お金が稼げるからといって、嫌いなことを副業にしても疲れるだけ。好きなものに取り組むことは、自分への投資にもなります。元々興味があることなので身につくのも早いですし、賢くもなります。


吉永賢一

新しい分野を学ぶときは、入門書→専門書の順で読み、余裕があれば仕上げに用語集に目を通すとよいでしょう。専門書については古めの本を選ぶとよいと思います。最新の理論やフレームワークが本当に正しいかは、ある程度の時間を経てからでないと検証できません。逆にいえば、かなり前に出版されて、いまでも読み継がれている本は、内容に安定感があるということです。


嶋浩一郎

相手の心をつかみ、イエスと言わせたいなら言葉ひとつにも注意を払うべきです。やってはいけないのが、ひとりよがりの言葉を羅列することです。内容に自信があるときほど陥りがちですが、ここで重要なのは相手に合わせた言葉選びです。どんどん新しいことを取り入れたいと思っている人もいれば、現状維持で十分と考える人もいます。後者の人に対して斬新な言葉を散りばめた提案書を見せても通らないのは当然でしょう。


ピーター・ドラッカー

知的労働においては、時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる。


菊池武重

天下の御大事に対しては、たとえ皆で話し合っても、これを決断する場合には、自分の思うとおりに取り決める。


吉田勝彦

同い年でも向こう(岩崎良蔵)は18歳にして花形、僕はぺーぺー。一緒に風呂に入ったときに「俺も岩ちゃんみたいな騎手になれたらな」と冗談半分にこぼしたら「お前しゃべるために来たんやろ、ならしゃべりで騎手を男前にしてくれたらいいやんか」と言われた。それで実況アナウンサーとしての覚悟が決まりました。馬と競馬を知るために厩舎を手伝い始め、師匠や厩務員の会話を盗み聞きして馬のことを学びました。


久田孝

経営には「果決」が必要。果物を間引いて一つだけ残す決断の難しさをいうのだが、多くの需要のなかから一つを育て上げる選択が難しい。
【覚書き:オイルショック後に商品の選択集中とリストラを行った時を振り返っての発言】


常陰均

企業の資金需要が減るなか、新しい貸出先を開拓することが我々の役目でした。最初にやったのは、当時はまだ都市銀行がほとんどやっていなかった船舶金融の調査です。机上の分析と足で稼いだ情報を総合し「いける」と思えば調査書にまとめます。たくさん書きましたが、結果的には融資をした3つの海運会社が後に倒産してしまいました。当時、企業が倒産すると案件に関与した責任者は副社長名の「注意喚起状」を受け取ることになっていました。不名誉にも受け取った3通は、戒めとして今も大切に保管しています。
【覚え書き|事業調査部時代を振り返って】