名言DB

9412 人 / 110637 名言

木村眞琴の名言

twitter Facebook はてブ

木村眞琴のプロフィール

木村眞琴、きむら・まこと。日本の経営者。「ニコン」会長。熊本県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、日本光学工業(のちのニコン)に入社。執行役員、映像カンパニーマーケティング統括部長、映像カンパニープレジデント、常務取締役、上席執行役員、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

木村眞琴の名言 一覧

自分たちの価値観で判断するな!
【覚え書き|社員達に語った言葉】


しがらみと無縁の小さな組織の発想を、大手になっても生かし続けられるかが、企業発展のカギ。


まったく違った発想が求められている。小さい組織や個人から生まれる革新的で破壊的なアイデアを大切にし続けられているかどうかが重要。


大手企業からなかなかイノベーションが生まれてきません。革新的だった企業も大きくなると、過去の延長戦上で物事を考えるようになり、社員は効率のいい歯車になる。まったく新しい製品やビジネスは既存の顧客との関係を壊しかねないから、あえてイノベーションが起きないようにしていると言ってもいい。


木村眞琴の経歴・略歴

木村眞琴、きむら・まこと。日本の経営者。「ニコン」会長。熊本県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、日本光学工業(のちのニコン)に入社。執行役員、映像カンパニーマーケティング統括部長、映像カンパニープレジデント、常務取締役、上席執行役員、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

水野学

単にデザインのディレクションをするのが、アートディレクターの仕事ではありません。商品や企画が対象であれば、「どうすればブランドを構築し、ファンを獲得することができるか」「そもそも、長期的にその商品や企業はどうなっていくべきなのか」ということをまず考え、それをもとに具体的なアウトプットまで手掛けるのが、アートディレクターの仕事です。


岡野雅行(サッカー選手)

私の周りにはいわゆる「サッカーの天才」が山ほどいました。それに対して私は天才とはほど遠い人間。総合力ではどう頑張っても勝てません。でも、「足の速さ」だけは勝てるのではないかと考えた。それも、勝負時に裏に抜け出すスピードだけは負けたくないと、そればかりをひたすら研究した。その結果、この領域では世界トップクラスの選手にも決して負けませんでした。だからこそ長年、プロの世界でやっていけた。


幸田伸一

海外市場を切り開くには、リスク承知でまず相手を信用することが大切。そうすれば、相手も恩義を感じてくれる。


久世由美子

何事も挑戦することで道が開ける。


又吉直樹

芸人になる以上、今までの自分とは決別しなければならない、と。それで、まったく別の環境に行きたかったんです。全部置いてくる気持ちよさを感じながら大阪を出ました。


土光敏夫

行動となって現れないような思考は無用であり、時に有害でさえある。思考と行動は相互作用を積み重ねながら成熟していくもので、その中から生きたアイデアが生まれてくる。行動は思考の芽を育て伸ばす触媒なのだ。


渡邉美樹

仕事上での優先順位? もちろん、どれが一番ワクワクするかですよ。逆に言うと、ワクワクすることしかやらない(笑)。ワタミグループは、社会からより多くの「ありがとう」を得るために、外食から介護、高齢者向け宅配、農業へと事業を拡大してきました。これまで、その時々に一番ワクワクする仕事を手がけてきたと言っていいでしょう。


中澤信雄

創業経営者というと聞こえはいいです。でも、残念ながら夢破れていなくなってしまう人がほとんど。創業10年たって残る会社は、ほんの一握りです。それに比べて、勤めている会社の応援を得ながら独立した人は、生き残る碓率が高いように思います。


吉原毅

儲けようと手っ取り早く思えば、投資信託の販売手数料収入を増やしたり、消費者金融をやったりすれば、利ざやは取れる。でも、それはやらない原則です。1回手を染めたら、それに依存する体質になっちゃいますから。


向谷匡史

自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


西水美恵子

私はプレゼンテーションでパワーポイントを使う人を信用していません。結局誤魔化しているからです。本当にメッセージをわかってほしいなら、パワーポイントは邪魔になります。


井口尊仁

プレゼンのスライドは最終形。そこに至るまでの取り組みが成否を分けます。日々アンテナを張って、ヒントを求めて、人と対話して仮説をぶつける。スライドのことばかり考えるのはもうやめにしましょう。いっそスライドなしで臨むぐらいの方が上達しますよ。


三谷宏幸

相手にきちんとものを言うには自信が必要です。高い目標を掲げたり、部下に厳しい評価を告げたり、あるいは世の中でまだ誰もやっていないことをやるような場面において「我々はこうするんだ」ときちんと言えるのは、「こんなに考えている人間は自分をおいてほかにない」という自信を持てるくらい、その問題について突き詰めているからです。


山口拓朗

昔、トラックの運転手が読む雑誌で執筆していたのですが、ドライバーへのインタビューの際はあえて、服装や言葉遣いをラフにしていました。かしこまった態度はかえって相手を戸惑わせ、苛立たせるからです。良いコメントを引き出すには、彼らの感覚や文化を共有することが不可欠でした。


神岡真司

心を動かすうえで、まず大切なのは最初の印象。これをいかにいいように操作するかが大切。ありのままの自分でぶつかろうなんて思わなくていい。賢そう、信用できそう、やる気がありそう……どんな印象を相手に与えたいかで、やり方はいろいろあります。