名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木村昌平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村昌平のプロフィール

木村昌平、きむら・しょうへい。日本の経営者。総合セキュリティ企業のセコム会長。同志社大学文学部卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社 。日本警備保障三重(のちのセコム三重)統括部長、セコム社長室企画管理課長、電算部長、企画室長、人事部長、取締役、マイアラーム事業部長、常務、専務、パスコ社長・会長などを経てセコム社長・会長に就任。そのほか東京都警備業協会会長 、オープンソリューション・パートナーズグループ(OSPG)名誉顧問、日本CIO連絡協議会顧問、公正取引協会評議員、日本救急医療財団理事などを務めた経営者。

木村昌平の名言 一覧

当社には「セコムの事業と運営の憲法」という基本理念があります。バイブルといってもいいでしょう。この憲法には「現状打破」と「正しさの追求」という理念があり、この考えは新入社員にまで確実に浸透しています。


当社では「現状を何も変えない社員は仕事をしていない」と見なしているのです。なぜなら、制度や仕組みではイノベーションは起きないからです。私はイノベーションを歓迎する企業風土が重要だと考えています。何度も「現状打破キャンペーン」を繰り返しています。


究極の企業目標とは、「あの会社はいい仕事をしている」と言われることだと私は思っています。


価値観や企業風土を決めるのはトップであり、経営者自らが自信を見せ続けることが非常に重要だと考えています。


経営者の役割は突き詰めると「ビジネスのグランドデザインを描くこと」「企業風土をつくること」だと思います。経営者の働きとは、企業経営の根幹にある理念を明らかにし、これを透徹することです。


我々は常に「安心で安全な社会とはこうあるべき」という理想があって、市場を創出していきます。


我々のビジネス範囲は「安全安心」なので、社会にニーズが顕在化してから対応していたのでは遅いのです。ですから、一般に言われる「ニーズに応える」というのとは、少し異なります。


イノベーションの判断基準は何か。それは、「社会から見て正しい、いい仕事かどうか」ということです。


私はかねがね経営理念や企業理念は大切だと思っていました。セコムの事業は安全安心という形のないものなので、その遂行にあたっては企業理念が極めて重要になります。


捨てる戦略を展開するには、まったくビジネスモデルを変えてしまうくらいの決断がなければできない。普通の会社がなかなかその決断ができないのは、過去を捨てられないからです。過去にしがみついてなかなか捨てきれない。だから変えきれない。破壊できない。だから革新できないということです。


木村昌平の経歴・略歴

木村昌平、きむら・しょうへい。日本の経営者。総合セキュリティ企業のセコム会長。同志社大学文学部卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社 。日本警備保障三重(のちのセコム三重)統括部長、セコム社長室企画管理課長、電算部長、企画室長、人事部長、取締役、マイアラーム事業部長、常務、専務、パスコ社長・会長などを経てセコム社長・会長に就任。そのほか東京都警備業協会会長 、オープンソリューション・パートナーズグループ(OSPG)名誉顧問、日本CIO連絡協議会顧問、公正取引協会評議員、日本救急医療財団理事などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

中山讓治(中山譲治)

根源的欲求を満たしたいという思いがあるから、少々のことではへこたれなくなるのです。逆に、そのような欲求がなく、たんに人からいわれたことをやらされていると、「こんなことやりたくない」となってしまう。だから、すぐにへこたれてしまうのでしょう。


ケインズ

嵐の最中、経済学者にいえることが、「嵐が遠く過ぎ去れば波はまた、静まるであろう」ということだけならば、彼らの仕事は他愛なく、無用である。


佐々木常夫

日頃から直属の上司とのコミュニケーションをとって信頼関係を築くように心がけましょう。これはもっとも大切な仕事のひとつです。直属の上司を味方につけることで、仕事もスムーズに進んでいくようになります。


リード・ホフマン

これからは人も企業も「永遠のベータ版(未完成品)」でなくてはならない。もし今が完成形ならば新しいつながりも不要でしょう。しかし、そうであれば新たな成長は望むべくもない。


アルバート・アインシュタイン

私たちの前には、もし私たちがそれを選ぶならば、幸福と知識と知恵の絶え間ない進歩がある。それとも、私たちは私たちの争いを忘れることができないからといって、死を選ぶであろうか?私たちは人類として、人類に向かって訴える。あなたがたの人間性を心にとどめ、そしてそのほかのことを忘れよと。【覚書き|ノーベル文学賞受賞者で数学・論理学・哲学者、バートランド・ラッセルと発表したラッセル・アインシュタイン宣言の一節】


パスカル

心には理性ではわからない理屈がある。


山中伸弥

私が外科医を目指していた頃のことですが、指導医がとても怖い人で、鬼軍曹みたいだったんですよ。でも、その人に言っていただいたことで、いまだに体に染みついていることがあります。「ごちゃごちゃ考えず、手を動かせ」です。「お前は頭がええか知らんけど、ごちゃごちゃ考えているうちに患者さんが死んでまうやないか!」と怒鳴られた(笑)。全くひどい言われようですが、でもその通りなんです。考えているばかりでなく、とにかく何かしないと患者さんは亡くなってしまう。それをすごく叩き込まれました。研究の道に入ってからも、その言葉に助けられたと思っています。


米村でんじろう(米村傳治郎)

最初に打ち立てた志にうそをつかず、こだわりすぎに注意して、世の中のニーズに対して柔軟に変化していけばいい。そこにお客さまやお取引先への確かな誠実さがありさえすれば、あなたの独立人生は継続していけると思います。


近藤宣之

一番簡単で、かつ一番必要なのは、社長みずからが社員を教育することです。何のためにこの会社がつくられたのか、創業の志を伝える。私は毎週「社長塾」を開いたり、毎月の全社会議で講師になったりして話しています。そして、自分ではできない教育は外部の機関に依頼して補う。


猪瀬直樹

数字の表面だけをなぞっても、次のヒット商品は予測できません。市場環境はどう変化しているのか。他社の動向はどうか、そうした背景の知識があってこそ、数字が持つ本当の意味が浮かび上がり、現場で活きる知恵がわく。


田原総一朗

僕には信念はない。あるのは好奇心だけ。


池上彰

記者が自由に書いていると思われがちな新聞記事でも、ある一定のパターンがあります。5W1H(いつ・誰が・どこで・何を・なぜ・どのように)を抑え、そこに固有名詞を当てはめれば、いちおうの記事にはなります。