名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

木村昌平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村昌平のプロフィール

木村昌平、きむら・しょうへい。日本の経営者。総合セキュリティ企業のセコム会長。同志社大学文学部卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社 。日本警備保障三重(のちのセコム三重)統括部長、セコム社長室企画管理課長、電算部長、企画室長、人事部長、取締役、マイアラーム事業部長、常務、専務、パスコ社長・会長などを経てセコム社長・会長に就任。そのほか東京都警備業協会会長 、オープンソリューション・パートナーズグループ(OSPG)名誉顧問、日本CIO連絡協議会顧問、公正取引協会評議員、日本救急医療財団理事などを務めた経営者。

木村昌平の名言 一覧

当社には「セコムの事業と運営の憲法」という基本理念があります。バイブルといってもいいでしょう。この憲法には「現状打破」と「正しさの追求」という理念があり、この考えは新入社員にまで確実に浸透しています。


当社では「現状を何も変えない社員は仕事をしていない」と見なしているのです。なぜなら、制度や仕組みではイノベーションは起きないからです。私はイノベーションを歓迎する企業風土が重要だと考えています。何度も「現状打破キャンペーン」を繰り返しています。


究極の企業目標とは、「あの会社はいい仕事をしている」と言われることだと私は思っています。


価値観や企業風土を決めるのはトップであり、経営者自らが自信を見せ続けることが非常に重要だと考えています。


経営者の役割は突き詰めると「ビジネスのグランドデザインを描くこと」「企業風土をつくること」だと思います。経営者の働きとは、企業経営の根幹にある理念を明らかにし、これを透徹することです。


我々は常に「安心で安全な社会とはこうあるべき」という理想があって、市場を創出していきます。


我々のビジネス範囲は「安全安心」なので、社会にニーズが顕在化してから対応していたのでは遅いのです。ですから、一般に言われる「ニーズに応える」というのとは、少し異なります。


イノベーションの判断基準は何か。それは、「社会から見て正しい、いい仕事かどうか」ということです。


私はかねがね経営理念や企業理念は大切だと思っていました。セコムの事業は安全安心という形のないものなので、その遂行にあたっては企業理念が極めて重要になります。


捨てる戦略を展開するには、まったくビジネスモデルを変えてしまうくらいの決断がなければできない。普通の会社がなかなかその決断ができないのは、過去を捨てられないからです。過去にしがみついてなかなか捨てきれない。だから変えきれない。破壊できない。だから革新できないということです。


木村昌平の経歴・略歴

木村昌平、きむら・しょうへい。日本の経営者。総合セキュリティ企業のセコム会長。同志社大学文学部卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社 。日本警備保障三重(のちのセコム三重)統括部長、セコム社長室企画管理課長、電算部長、企画室長、人事部長、取締役、マイアラーム事業部長、常務、専務、パスコ社長・会長などを経てセコム社長・会長に就任。そのほか東京都警備業協会会長 、オープンソリューション・パートナーズグループ(OSPG)名誉顧問、日本CIO連絡協議会顧問、公正取引協会評議員、日本救急医療財団理事などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・アレン(自己啓発)

怒りや憎しみで心をいっぱいにし、飽食に走り、自分を堕落させる快楽に浸って、うまくいかないことを世の中のせいにして不平を言う。そんな人が世の中にはたくさんいます。でも、本当に非難するべき相手は、人生を無駄にすり減らしている自分自身でしょう。自分の気質や能力は、もっと大事に扱うべきです。


荒井裕樹

私自身、時間の確保という点において、家族よりも仕事を優先させていた時期がありました。しかしそのころの方が時間をダラダラと過ごすというか、効率的ではない面もあったと思います。いまのように、この時間になったら家に帰ろう、一週間頑張ったインセンティブとして土日は休もうというルールを自分に課してからは、そこがだいぶ改善されました。


茂木健一郎

「凡人が秀才に勝てるわけがない」私たちはこう思い込んでいる。しかし社会人になってからの勉強次第では、高卒が東大出をさしおいてビジネスで成功するのも夢ではない。


内永ゆか子

グローバルリーダーには独力でなれるわけではありません。強力な人脈があればこそ、大きな仕事ができるのです。個人でできることなど限られています。グローバルリーダーにとって人脈づくりは欠かせない仕事です。


川辺友之

ビジネスは失敗を通じて学べることが本当に多い。少しでも早く独立すれば、それだけ多くの経験を積んで成長できるでしょう。


児玉和

新事業の育成は一朝一夕にはできません。失敗を繰り返し、事業の柱と言えるものに育つのは「千に三つ」といったところでしょう。0.3%の可能性に懸けるのですから、会社に体力がないとできません。


中村邦夫

社名を変えて松下幸之助創業者の精神を継承できるのか。そのような指摘があるのは承知しています。しかし、世界のどの地域にも幸之助精神をしっかり根付かせていくつもりですし、心配はしていません。
【覚書き|松下電器からパナソニックへの社名変更について語った言葉】


山中伸弥

人材育成で大切なことは、やはり失敗を大切にするように教えることでしょうね。若いうちは何度でも失敗できますから、失敗を楽しんでほしいと思います。


藤田晋

どれだけ辛い状況に陥っても、地べたに這いつくばってでも成果を出さなければいけない。


笹宏行

シナジーが見込めない飛び地には行かない。


中村天風

常に、心の中に感謝と歓喜との感情を、もたせるよう心がけること。何でもいいから、感謝と喜びで人生を考えるよう習慣づけよう。


川路耕一

成長する人は、人のせいにしない。自分の問題として物事を考える。人の悪口を言ったり、何か問題があった時に会社のせいにする人は伸びません。それは私の物差しになっています。